Appleが3月初旬にスペシャルイベント開催の噂 - iPad 3の発表か

 

米Appleが3月の第1週にもスペシャルイベントを開催する計画であると、米All Things Digitalが2月9日(現地時間)に報じている。テーマはおそらく「iPad 3」に関するもので、場所は定番になりつつある米カリフォルニア州サンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsになる可能性が高いという。

現行のiPad 2

この件はAll Things DigitalのJohn Paczkowski氏が関係者の話として報じている。現行モデルにあたるiPad 2もやはり昨年2011年の3月2日にYerba Buena Center for the Artsで発表され、翌週の11日から日本を除く主要地域での販売がスタートしている。もし「iPad 3」(仮称である点に注意)が同時期に発表されるのであれば、それはかなり近いタイミングで製品の販売がスタートすることを意味する。Appleは通常、イベント開催日の1週間ないし10日ほど前に招待状を発送するため、2月後半の同社の動向に注目しておくといいだろう。

なお、2月29日にはバルセロナで開催されるMWC 2012においてMicrosoftがWindow on ARM (WOM)を含むWindows 8 Consumer Previewの発表を予定しているほか、3月第2週にはサンフランシスコの同会場近くでGDCというゲーム開発者系カンファレンスが開催される。偶然かもしれないが、注目イベントが目白押しの期間となりそうだ。

なおiPad 3がどのような製品なのかについての噂は、昨日のレポートを参照してもらうといいだろう。内部構造の変更でバッテリ容量が増える可能性があること、2,048×1,536ピクセルのRetinaディスプレイを搭載する可能性があること、そしてディスプレイ解像度のアップによってGPU強化が行われる可能性があることが指摘されている。

特にディスプレイについては、同解像度のディスプレイパネルをシャープが供給しているという話のほか、New York TimesがあるApple社員の「本質的にサイズや形状はiPad 2と一緒だが、内部的な改良と"本当に驚嘆すべき"スクリーンを備えている」というコメントを伝えており、Retinaディスプレイの搭載はかなり確度の高い情報としてあちこちで伝えられている。パネル供給元の1社であるシャープは、特に需要の大きい中小型パネルの「IGZO」を積極的に外販していく方針を打ち出しており、Appleがその1社として提携を発表したと伝えられている。iPad 3で実際に同パネルが採用されるかは不明だが、もう1つの動きとしてウォッチしておきたい。

関連記事
iPad 3の強化点はディスプレイ・バッテリ・GPUか - 海外報道(2012年2月9日)
Appleが次世代iPadを3~4カ月後にローンチか - 台湾報道(2011年12月12日)
AppleがiPad 3の発売後もiPad 2をエントリー機種として継続販売する可能性(2011年12月2日)
シャープが次世代iPhone/iPad向け液晶パネル供給を開始か - 米報道(2011年11月25日)
Appleが第4四半期のiPad発注数量を25%削減か - iPad 3登場の兆候?(2011年9月26日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (10) 関数の定義方法
[07:30 9/26] 企業IT
松坂屋上野店で秋の行楽グルメフェア--魚屋の"おにぎらず"や浅草今半弁当も
[07:30 9/26] 趣味
東京都内をアートで埋め尽くす! 街がギャラリーになるアートと音楽の祭典
[07:30 9/26] 趣味
ブラッド・ピット、長男と大げんか - アンジーが離婚決断する原因に?
[07:18 9/26] エンタメ
“M字開脚”インリンは今…『深イイ話』で密着取材
[06:00 9/26] エンタメ