iPad 3の強化点はディスプレイ・バッテリ・GPUか - 海外報道

 

次期「iPad 3」といわれる製品のシャーシを入手してiPad 2と比較した画像が出回り、話題になっている。画像を入手したメディアでは、詳細は不明ながら内蔵ボード・バッテリサイズ・カメラ・ディスプレイに変更が加えられていることが確認できるとしており、バッテリ寿命の改善や高解像度対応など、以前に出回っていた噂を補完するものになっているようだ。

現行の「iPad 2」

この件を報じているのはRepair Lab Blogで、iPadの生産工場がある中国現地で入手した比較画像を基に分析を行っている。「iPad 3のもの」とされるシャーシは背面部分だけで、実際にどのような改良が加えられているのかを読み取るのは難しい。だがRepair Lab Blogによれば、内蔵基盤の固定マウンタの位置が変更されて、小型・シンプル化が実現されていることを確認できるほか、同様にバッテリサイズの変更から大容量化が見込まれるとの予測を立てている。このほか、カメラとディスプレイ取り付け部分の構造が変化しており、この2つの部品でなんらかの変更が行われる可能性があるという。ただし、それが一般にいわれているように、2,048×1,536ピクセルのディスプレイ解像度をサポートするということかはわからない。

一方、The Vergeは、現時点で入手している情報で、iPad 3が2,048×1,536ピクセルのRetina Displayを採用する可能性が高いこと、プロセッサがマイナーチェンジにとどまる可能性が高いと報じている。具体的には、iPad 3で採用されるとされている「A6」はクアッドコアプロセッサではなく、GPUを強化したデュアルコアプロセッサになる見込みだという。

これは2つの理由から納得できる。理由の1つは、クアッドコア化の条件の1つである新世代製造プロセスの安定供給が、iPad 3のリリース時期である今年春に間に合わないということ。もう1つの理由は、ディスプレイをHD化するとなれば、強力なGPUが必要になるということだ。iPad 3の主要強化ポイントがディスプレイであった場合、この「A6を改良してGPUを強化する」という選択は最も理にかなっているといえるだろう。

関連記事
Appleが次世代iPadを3~4カ月後にローンチか - 台湾報道(2011年12月12日)
AppleがiPad 3の発売後もiPad 2をエントリー機種として継続販売する可能性(2011年12月2日)
シャープが次世代iPhone/iPad向け液晶パネル供給を開始か - 米報道(2011年11月25日)
Appleが第4四半期のiPad発注数量を25%削減か - iPad 3登場の兆候?(2011年9月26日)
AppleはiPad 3の低価格化でライバルの引き離しを狙う? - 台湾Digitimes報道(2011年7月28日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

V6、テレ朝フェスに初参加! 「今年唯一のライブ」熱烈オファーで実現
[04:00 8/27] エンタメ
[木村拓哉]ラジオでファンの厳しい声紹介 「なぜすぐに帰国しなかった」
[00:08 8/27] エンタメ
Windows 10ミニTips 第112回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - Save to Pocket編
[00:00 8/27] パソコン
TVアニメ『アイドルメモリーズ』、「Shadow」のユニットPVを公開
[23:55 8/26] ホビー
音井れこ丸が描く睡眠不足な先生とJKのラブコメ2巻、元教え子も参戦
[23:31 8/26] ホビー