WiMAX+5Gの速度制限が内容変更!さらに使いやすく生まれ変わる! | マイナビニュース インターネット比較

WiMAX+5Gの速度制限が内容変更!さらに使いやすく生まれ変わる!

WiMAX-規制緩和-アイキャッチ WiMAX

WiMAX+5Gの速度制限が内容変更!さらに使いやすく生まれ変わる!

WiMAXは月間データ量が無制限のサービスですが、短期間でたくさんのデータ量を使った場合の速度制限は存在します。

しかしこの度、WiMAXの+5Gサービスプランにおいて、データ容量・速度制限の条件が以下のように変更されることになりました!

【WiMAX+5G・新旧速度制限条件比較】
速度制限がかかる条件
条件変更前 直近3日間で合計15GB以上のデータ使用
(全利用者一律)
条件変更後 一定期間内に大量のデータ使用があった場合、
状況次第で制限する場合あり
(制限有無は状況によって異なる)

この変更により、WiMAX+5Gが今までより格段に使いやすくなり、データ量を気にせず通信できます!

数あるポケット型WiFiの中でも、WiMAX+5Gが最もおすすめできるサービスの選択肢に加わることは間違いありません。

とくこ
とくこ

これまでのWiMAX 2+の制限条件は今まで通りだから、いま4Gプランを利用している方は早めにWiMAX+5Gへのプラン変更がおすすめよ!

今回は、WiMAX+5Gのデータ容量・速度制限の条件変更について詳しく解説します。

速度制限の内容変更がどれだけ画期的なことなのか、変更によりWiMAX+5Gがいかに優れたサービスとなったのかを確かめてください!

この記事の監修者
小川 正人(Ogawa Masato)

通信サービスに関するコンサルティング会社、QUANTA代表。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。

現在は光回線をはじめ、携帯キャリア・格安SIM、ポケット型WiFiなどのインターネット回線やモバイルサービスの専門家としてマイベストプロにも掲載。

「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイトを運営した実績を持つ。
>>プロフィールページはこちら

小川 正人(Ogawa Masato)をフォローする

WiMAX+5Gのデータ容量・速度制限条件が変わった!

まずは、この度WiMAX+5Gの速度制限条件がどのように変更されたのかを解説します。

速度制限変更の内容

WiMAX+5Gの速度制限条件は、2022年2月1日より以下のように変更されています。

【WiMAX+5G・新旧速度制限条件比較】
速度制限がかかる条件
条件変更前 直近3日間で合計15GB以上のデータ使用
(全利用者一律)
条件変更後 一定期間内に大量のデータ使用があった場合、
状況次第で制限する場合あり
(制限有無は状況によって異なる)
とくこ
とくこ

これまでは、直近3日間で15GB以上のデータ使用があった場合は、全利用者に対して必ず速度制限がされていたのよね。

条件変更によって、従来の基準を超すデータ消費をしても速度制限なしで利用を続けられる可能性があります!

条件の変更から日が浅いこともあり、”大量のデータ使用”が具体的にどの程度を指すかは未知数です。

ただ、変更前よりも使いやすいサービスになったと言えるでしょう。

現在契約中の人も自動的に適用される(WiMAX2+除く)

サービスを利用できるのは、新規契約者だけではなく、WiMAX+5Gを契約中の方にも自動的に適用されています。

そのため、WiMAX 2+を利用している方は早めにWiMAX+5Gへ機種変更するのがおすすめです!

WiMAX+5Gの速度制限内容変更でどんなメリットがある?

WiMAX+5Gの速度制限の条件が変更されたことで、以下の2つのメリットが新たに生まれました!

これによって、WiMAX+5Gの利用がどのように変わったのか詳しく解説していきます。

データ使用量の上限が事実上なくなった

これまでのWiMAX+5Gには、「3日間で15GB」という実質的なデータ使用量の上限がありました。

この上限を超過した場合、翌日のネットワーク混雑時間帯に必ず速度制限がされていました。

とくこ
とくこ

速度制限を避けて利用するためには、データ使用状況をこまめに確認し、時にはデータ量の節約を心がけなければいけないのが不便だったわ。

しかし、速度制限の条件変更によってこの上限が事実上なくなり、3日間のデータ使用量を意識することなく通信が利用できるようになったのです!

短期間に大量のデータ使用があった場合などには速度制限がされる可能性はあるものの、これまでのように上限に縛られることがなくなり、WiMAXの利用の快適性は大きく上がっています。

たくさんのデータを使っても制限にかからない可能性がある

「直近3日間で15GB」という明確な基準がなくなったことにより、このデータ量を超える通信をしても速度制限がかからない可能性が考えられます。

具体的にどのくらいのデータ使用があると速度制限がかかるのかは、公表されておらず未知数です。

しかしながら「普段はデータ使用量を抑えて、いざという時にたくさんのデータ使用をする」という使い方の選択肢も生まれたことで、WiMAX+5Gの利用スタイルは大きく広がっています!

WiMAX+5Gの速度制限以外のメリット・注意点をおさらい

WiMAX+5Gにおける、速度制限以外の面から見たメリットと注意点もおさらいしましょう。

以下の情報も踏まえて候補となる他サービスと比較し、契約の参考にしてください!

メリット①:月間のデータ容量上限なし

WiMAX 5G/WiMAX 2+回線を使用する「スタンダードモード」では、データ使用量に関して”月間○GBまで”というような上限が定められていません。

※800MHz帯は非対応です

とくこ
とくこ

これまでは3日間15GBの実質的な基準があったものの、条件変更によって上限なしで通信を利用できるようになったのね!

これにより、基本的に月間○GBまでという上限があるクラウドSIMよりも容量面で大きく優位に立ち、置くだけWiFiサービスのソフトバンクエアーやドコモhome 5Gと同水準になっていますよ。

ただし、auの5G/4G LTE回線を使用する「プラスエリアモード(有料)」では、月間15GBまでのデータ容量上限がありますのでご注意ください。

メリット②:3つの通信エリアで安心の通信品質

現在WiMAX+5Gは、「au4GLTE」「au5G」「WiMAX2⁺」の3つのネットワークに繋がるので、安心の通話品質で快適に利用できます!

自宅や主な利用場所がWiMAXのサービス提供エリアに入っているかどうか、公式Webサイトのエリアマップで確認してみてください。

ただし、5G通信が利用可能なエリアはまだ一部地域に限られています。

順次エリア拡大を進めており、将来的には幅広い地域で利用可能になる予定ですが、現状はWiMAX+5Gを契約してもすぐに5G通信を利用する機会が持てないケースもあるので注意してください。

また5Gのエリア内であったとしても、通信環境によっては5G通信を利用できない場合があります。

メリット③:5G通信ができない場合でも高速通信できる

WiMAX+5Gは、5G回線の提供エリア内であればより快適に利用できますが、エリアや使用環境によっては5G通信ができないこともあるでしょう。

しかし、5Gが利用できない場合でもWiMAXなら高速通信ができますのでご安心ください!

WiMAXの平均速度(WiMAX 2+使用時)
  • 下り:41.83Mbps
  • 上り:7.81Mbps
※みんなのネット回線速度より直近3ヶ月に計測された551件のSpeed Wi-Fi NEXT W06の測定結果の平均値(3月29日時点)

WiMAXはWebサイト・SNSの閲覧や動画視聴などの一般的な用途において重視すべき下り(ダウンロード)の速度が非常に速く、モバイル回線の中でもとくに快適にインターネットを利用できるサービスです。

メリット④:さまざまなキャンペーンが提供されている

WiMAXを申し込めるプロバイダは数多くあり、各窓口で独自のキャンペーンが提供されています。

特典の内容はさまざまで、WiMAX2+(4G)対応端末をWiMAX+5G対応端末に無料で機種変更できたり、端末代無料で新規契約ができたりするプロバイダもあります。

クラウドSIMではこのようなお得なキャンペーンはほとんど見られないので、この点もWiMAX独自の強みです。

とくこ
とくこ

多くのプロバイダの情報をチェックして、自分に合った内容のキャンペーンを行っている申込先を見つけてみましょう!

注意点①:ほとんどのプロバイダが3年契約(2022年3月1日時点)

WiMAXを提供しているプロバイダは、2022年3月1日時点ではほとんどが3年の契約期間を定めています。

モバイル回線の契約期間は1年や2年である場合も多く、3年はほかと比較すると長めの設定です。

契約から3年未満で解約すると高額な契約解除料が発生してしまうため、基本的には3年間WiMAXを使い続けられる見込みがある方向けのサービスであることが注意点です。

とくこ
とくこ

例外的に契約期間が短いプロバイダとして、UQ WiMAX(期間条件なし)、BIGLOBE WiMAX(1年)などもあるわよ!

実質料金は3年契約のプロバイダに比べてやや高くなってしまいますが、契約期間の短さを重視したい方はこちらに注目してみてください。

注意点②:キャッシュバックのあるプロバイダはもらい忘れに注意

WiMAXのプロバイダ独自のキャンペーンでは、契約後に申請をするとキャッシュバックが受けられるものが多くあります。

この手のキャンペーンにおいて重要なのが、契約後に自分でしなければならない申請を忘れないことです。

とくこ
とくこ

とくに契約からキャッシュバックの申請が可能になるまで1年以上かかる場合は、キャンペーンの存在自体を忘れて損をしてしまうことがあるから注意よ!

キャッシュバックをもらい忘れてしまうと実質料金が大きく上がってしまうので、目につく場所にメモをしておくなど、必ず受け取れるよう工夫をしてください。

WiMAX+5Gをお得に申し込む流れ

手順 記載

WiMAX+5Gをお得に申し込む基本的な流れとしては、下記を参照ください。

WiMAX+5Gをお得に申し込む流れ
  • どのお得な窓口から申し込むかを決める
  • 各種申込作業を行う

それぞれについて解説していきます。

Webでも店頭でもお申込みができる!

WiMAXは家電両店やスマホショップ、Webなど様々な店舗で販売されています。

Webの場合は、販売しているプロバイダも業者も多岐にわたっており、各社Web限定のキャンペーンが豊富です。

キャンペーン内容もさまざまなので、詳しくみたい方はプロバイダ窓口を比較した記事を参考にしてみてくださいね。

WiMAXの申込手順

これからWiMAXを契約する方に「UQ WiMAX」を例にWebからのお申込み方法を解説します!

UQ WiMAXは、以下の手順で申し込み~利用を開始できます!

  1. UQ WiMAX オンラインショップにアクセスし、希望の端末を選択する
  2. 画面の案内に沿って料金プランを選択し、端末購入・プラン契約を行う
  3. 申し込みが正式に受理され次第、端末一式が発送される
  4. 端末一式を受け取り、かんたんな接続設定を済ませる
  5. 利用開始

WiMAX+5Gのデータ容量・速度制限の内容変更についてのQ&A

最後に、WiMAX+5Gのデータ容量・速度制限の内容変更に関するよくある質問とその回答をご紹介します!

とくこ
とくこ

今回解説した内容をまとめて振り返りましょうね!

WiMAX+5Gの制限内容変更の内容は?

WiMAX+5G速度制限内容において、この度変更されたのは「速度制限がかかる条件」です。

【WiMAX+5G・新旧速度制限条件比較】
速度制限がかかる条件
条件変更前 直近3日間で合計15GB以上のデータ使用
(全利用者一律)
条件変更後 一定期間内に大量のデータ使用があった場合、
状況次第で制限する場合あり
(制限有無は状況によって異なる)

これまでは3日間15GBの上限を超えると確実に速度制限がかかるシステムでしたが、変更によってこの上限がなくなりました。

短期間に多くのデータ使用があった場合には速度制限がかかる可能性も残っていますが、絶対的な基準がなくなった点で、WiMAXの使いやすさは格段にアップしたと言えます。

本記事内のWiMAX+5Gのデータ容量・速度制限条件が変わった!では、この度のWiMAX+5Gの速度制限条件変更についてより詳しく解説していますよ。

WiMAX+5Gの制限内容変更でどんなメリットがある?

この度の速度制限内容変更で、WiMAX+5Gの利用において以下の2つのメリットが新たに生まれました!

新たにWiMAXが気になり始めた方はもちろん、これまで速度制限の内容が原因でWiMAXの契約を見送っていた方にもぜひ改めてチェックしてほしい内容です。

本記事内のWiMAX+5Gの速度制限内容変更でどんなメリットがある?では、速度制限内容変更によって生まれたメリットについてより詳しく解説していますよ。

WiMAX+5Gの制限内容変更はいつから始まる?

WiMAX+5Gの速度制限内容変更は、2022年2月1日から始まっています。

新規契約の方はもちろん、2022年2月1日以前からWiMAX+5Gを契約・利用している方にも自動的に適用されていますよ。

WiMAX公式(UQ WiMAX)のWebサイトに掲載されている案内も参考にしてください。

いまWiMAX2+を使っている人も制限内容変更対象になる?

この度のWiMAXの速度制限内容変更は「WiMAX+5G」(5G対応プラン)のみが対象です。

従来のWiMAX2+(4Gプラン)にはこの変更は適用されず、これまで通り直近3日間で10GB以上のデータ使用があった場合は必ず速度制限がかかります。

現在WiMAX2+を契約中の方に関係する情報は、本記事内の現在契約中の人も自動的に適用される(WiMAX2+除く)でも解説していますよ。

制限内容が変更になると他社より制限にかかりにくくなる?

WiMAX+5Gは速度制限の条件変更から日が浅いこともあり、”大量のデータ使用”が具体的にどの程度を指すのか、どのくらいの確率で速度制限がされるのかなど実態は未知数です。

”速度制限のかかりやすさ”について他社と比較することは難しいですが、WiMAXの制限時速度はおおむね1Mbpsであるため、実際に速度制限がかかった際も快適に利用できますよ。

UQWiMAXには、最大15日間無料でお試しができる「TryWiMAX」というサービスがあります。

Try WiMAX ルーターを無料お試し│UQ WiMAX【公式】をチェック

実際に快適に利用できるかどうか、是非お試ししてみてはいかがでしょうか?

WiMAX+5Gの速度制限について他社サービスと比較した結論は、WiMAX+5Gの速度制限は他社と比較しても緩め!でも詳しく解説しています。

まとめ

2022年2月1日より変更されたWiMAX+5Gの速度制限内容について、他社サービスとの比較を交えながら詳しく解説しました。

WiMAX+5Gの速度制限内容は、以下のように変更されています。

【WiMAX+5G・新旧速度制限条件比較】
速度制限がかかる条件
条件変更前 直近3日間で合計15GB以上のデータ使用
(全利用者一律)
条件変更後 一定期間内に大量のデータ使用があった場合、
状況次第で制限する場合あり
(制限有無は状況によって異なる)

この変更により、WiMAX+5Gに新たに以下のようなメリットが生まれました!

このほか、速度制限に関する面以外でのWiMAX+5Gのメリットは以下の4つです。

WiMAX+5Gの契約を考えている方は、以下の2つの注意点も踏まえてよく検討しましょう。

さらに使いやすくなったWiMAX+5Gの契約に、ぜひ本記事を役立ててくださいね!

タイトルとURLをコピーしました