【徹底比較】WiMAXって実際どう?おすすめの申し込み窓口、メリット・注意点を解説! | マイナビニュース インターネット比較

【徹底比較】WiMAXって実際どう?おすすめの申し込み窓口、メリット・注意点を解説!

WiMAXとは?プロバイダ比較が必須な理由とおすすめ3選!申込までの流れを解説 WiMAX

WiMAXってよく聞くけど、実際のところ評判はどうなの?

WiMAXが自分に本当にあっているかわからない……

と思っている方は多いと思います。

自宅や外出先でも使え、データ量無制限で使えるのが最大の魅力のWiMAXですが、注意すべき点もあります。

今回は、実際にWiMAXを使っている人の評判を徹底的に調査しました!

その結果わかった、WiMAXを本当におすすめできる人、WiMAXを最安で申し込む方法を伝授します。

記事後半では、お得に申し込めるプロバイダ窓についても解説しているので、参考にしてくださいね。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

WiMAXとはどんなサービスか

WiMAXは、自宅でも外出先でも使えるポケットWiFiの一種で、UQコミュニケーションズというKDDIの子会社により運営されています。

まずは、WiMAXをよく知らない人に向けて、WiMAXのサービス内容を解説しておきましょう。

自宅でも外出先でも使えるポケットWiFiの一種

WiMAXは、自宅でも外出先でも使えるポケットWiFiの一種です。

ただし、WiMAXはポケットWiFiの中でも他社より実測値に優れていたり、月間データ容量も実質無制限だったりするので、毎月動画やゲームを長時間楽しむ人に向いています。

運営会社はUQコミュニケーションズ

WiMAXの運営をしているのは、「UQコミュニケーションズ」です。

UQコミュニケーションズは、WiMAX以外にもスマホや格安SIMの「UQ mobile」を提供しているため、名前だけでも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

こうた
こうた

ガチャピンとムックのCMでおなじみだね!

そんなUQコミュニケーションズはKDDIグループの電気通信事業者でもあるため、WiMAXでは自社回線のほか、月7GBまでau回線も利用できます

失敗しない!WiMAXをもっともお得に申し込む全手順

手順 記載

WiMAXをもっともお得に申し込む手順は、次のとおりです。

ひとつずつ解説していきましょう。

①プロバイダを選ぶ

WiMAXは同サービスを20社以上のプロバイダが提供していますが、どのプロバイダを選んでも、使用できる端末や通信品質は同じです。

ただし、キャンペーン内容はプロバイダによって大きく異なるため、プロバイダが変わると実際支払う金額に大きな差が出ます。

ちなみに現在、最安料金で契約できるプロバイダとそうでないプロバイダの差額は、2年間で約45,000円にもなっています!

とくこ
とくこ

45,000円?!

WiMAXのプロバイダ選びがそんなに重要なんて、知らなかったわ!

WiMAXをお得に契約するならプロバイダ選びがキーポイントとなりますので、ここは新調に行いましょう。

WiMAXのおすすめプロバイダは「Broad WiMAX」

WiMAXプロバイダのうち、いまもっともお得に契約できるのは「Broad WiMAXです!

Broad WiMAXは初月から無条件で月額割引が適用されるため、誰でもWiMAXを安く利用できる点が大きな魅力となっています。

また、半年後には5,000円のキャッシュバックがもらえるので、キャッシュバックを合わせれば、さらに実費負担額を安くできますよ!

エリア 全国
月間データ容量 無制限
速度制限の有無 あり (直近3日間で10GB以上の利用)
最大速度 440Mbps(機種:WX06)
下り速度実測値平均 25.98Mbps
月額料金 0〜2ヶ月目:2,998円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
契約事務手数料 3,300円
端末代金 0円
キャンペーン内容 ・月額割引
・初期費用0円のWEB割キャンペーン
・全端末無料キャンペーン
・契約解除料負担のお乗換えキャンペーン
・5,000円キャッシュバック
実質料金(2年間) 90,468円
実質月額(2年間) 3,619円
※価格は税込

WiMAXをもっともお得に契約したい人は、ぜひBroad WiMAXをプロバイダに選んでみてください。

Broad WiMAX のおすすめポイント
  • 月額料金割引で初月から費用を安くできる
  • 他社違約金を最大19,000円まで負担してもらえる
  • 指定回線へなら、いつでも無料で乗り換えられる
  • 契約だけで5,000円のキャッシュバックがもらえる

Broad WiMAXを含めたWiMAXプロバイダのキャンペーンは、以下の記事で詳しく解説しています。

他社キャンペーンの詳細も知りたい方は、ぜひあわせてご覧ください。

②ギガ放題・最新機種で申し込む

WiMAXには「ライトプラン」と「ギガ放題プラン」がありますが、お得に契約するならギガ放題プランを選びましょう!

なぜなら、ライトプランは月7GB以上消費すると月末まで128kbpsに制限されるのに対し、ギガプランは以下のように制限内容がゆるいからです。

ギガ放題プラン の速度制限内容
  • 直近3日間で10GB以上を消費すると、翌日から夜間のみ最大1Mbpsに制限
  • 直近3日間のデータ消費量が10GBを下回った時点で、制限は即解除

ライトプランの制限速度である128kbpsは、Webサイトのトップページすら開けない速度なので、一度制限にかかるとWiMAXが使い物にならなくなります。

一方、ギガ放題は速度制限にかかっても最大1Mbpsと中速を維持できるため、制限にかかっても検索や動画、SNSを楽しめますよ。

こうた
こうた

ライトプランとギガ放題プランって、制限内容がまったく違うんだね!

また、WiMAXは2種類の端末からお好きなほうを選択できますが、WiMAXの良さを最大に生かすなら最新端末を選んでください。

WiMAXもスマホ同様、端末が新しいほど端末スペックが高くなるので、最新端末を選べばより快適に通信できるようになります。

2021年現在、WiMAXの最新端末は、ポケットWiFiだと最大速度440Mbpsの「WX06」、ホームルーターだと「HOME 02」です。

どちらも旧モデルより繋がりやすさがアップしているため、WiMAXをより快適に使用するなら、上記2機種から使用端末を選びましょう。

③端末が届いたら初期設定をして利用開始

WiMAX端末が届いたら、以下の初期設定を行い利用を開始しましょう。

WiMAX初期設定
  1. 端末にSIMカードを挿入
  2. 端末の充電・給電
  3. WiFiのID・パスワードをスマホ・パソコンで設定

SIMカードが未挿入の状態で到着した場合は端末にSIMカードを挿入します。

本体の電源が切れていることを確認し、SIMカードの金属面に触れないよう注意して挿入しましょう。

SIMを入れたあとは端末を充電し、スマホやパソコンなどに接続してください。

とくこ
とくこ

接続時に必要なSSIDとパスワードは、端末本体や同封書面に書いてあるわよ!

評判からわかったWiMAX7つのメリット

WiMAXには、以下7つのメリットがあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

「ギガ放題プラン」なら事実上無制限で通信できる

WiMAXのギガ放題プランは、月間のデータ量に上限がなく、事実上無制限で使えます。

直近3日で10GB以上を使うと速度制限にかかりますが、制限自体はゆるく短期間なので、さほど気になるレベルではありません。

Twitterでは、以下のような口コミがありました。

この方は、速度制限中でも日中は制限時間外であるため、大人数で行うオンライン会議も余裕で参加できるとツイートしていますね。

WiMAXの速度制限は18時~翌2時ごろまでと限定的なので、うまく時間をずらして使えば制限中でも何ら問題なく使用できますよ。

端末のスペックが高く速度が安定する

WiMAXで提供される端末はスペックが高く、最高速度も速いという特徴があります。

通信の安定性も、ほかのサービスと比べて優れています。

【WiMAX端末スペック】
機種 WX06 W06 HOME L02
最大速度(下り 440Mbps 1.2Gbps 1Gbps
製造元 NEC HUAWEI HUAWEI
最大接続可能台数 16台 16台 42台
速度安定化機能 アンテナ内蔵クレードル対応(別売り) ビームフォーミング機能 高感度アンテナ×4搭載

Twitterでは、以下のような口コミがありました。

この方は最新端末のWX06を契約した結果、オンライン授業に問題なく参加できたとツイートされています。

ポケットWiFiは、大容量データを消費するオンライン会議やゲームだと速度が安定しないと思われがちですが、WiMAXならそのような心配をする必要もありませんね!

エリアは全国区

WiMAXの対応エリアは日本全国なので、地方に住んでいる方も国内の移動が多い方も安心して使えます。

こうた
こうた

仕事で地方に移動する回数が多いけど、WiMAXなら安心だね!

とくこ
とくこ

私も転勤頻度が高いんだけど、WiMAXならどこでも使えそうね!

Twitterでは、以下のような口コミがありました。

ツイートにもあるとおり、WiMAXは山間部に行くと繋がりにくくなりますが、その他の場所なら基本的にどこでも繋がるため、普段利用の範囲なら問題なく使用できます。

ただし、山間部でなくても場所によってはWiMAXエリア外になってしまうケースがあるため、WiMAXを検討している人は、事前にWeb上でエリア検索をしておきましょう。

数あるポケットWiFiの中でも料金が安い

WiMAXはキャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているため、実際に支払う料金は他社ポケットWiFiと比べても格安です。

月額4,000円以下であれば安いといえるポケットWiFi業界で、WiMAXの実質月額料金(初期費用やキャンペーンをすべて加味した場合の月額料金)は、それを下回っています。

【ポケットWiFi料金比較】
Broad WiMAX ZEUS WiFi
(100GB)
ゼウスWiFi ワイモバイル
月額料金 0〜2ヶ月目:2,998円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
4,708円 4,708円 4,818円
事務契約手数料 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円
端末代 0円 0円 0円 11,880円
キャンペーン ・5,000円キャッシュバック
・他社違約金負担キャンペーン
なし なし なし
実質料金(3年間) 143,424円 177,496円 177,496円 193,446円
実質月額(3年間) 3,875円 4,797円 8,568円 5,228円
※価格は税込

Twitterでは、以下のような口コミがありました。

WiMAXを導入することで、スマホのプランを安価な低容量プランに変更することも可能です。

WiMAXはポケットWiFiだけでなくホームルーターも提供していますが、どちらも他社より安めの料金になっています。

料金が安いと通信品質を疑いがちですが、WiMAXは通信品質もピカイチなので、安さと質の両方を手に入れたいならWiMAXがおすすめです。

スマホのセット割が適用される

WiMAXは、auユーザーが契約すると「auスマートバリュー mine」、UQ mobileユーザーが契約すると「ギガMAX月割」というセット割が適用されます。

セット割が適用されると対象スマホの料金が以下のように永年割引されるため、通信費全体を節約できますよ!

【スマホセット割】
auスマートバリュー mine ギガMAX月割
対象スマホキャリア au UQ mobile
最大割引額 1,100円/月 550円/月
最大適用回線数 1回線 1回線
適用されるWiMAX窓口 全プロバイダ 全プロバイダ
※価格は税込

自宅専用のホームルーターも契約できる

WiMAXはポケットWiFiだけでなく、自宅据え置き型のホームルーターも契約できます。

こうた
こうた

ポケットWiFiとホームルーターって、何が違うの?

ホームルーターはポケットWiFiより電波をキャッチする能力が高くなるため、速度の安定性と同時接続台数が大幅に向上します。

そのため、より繋がりやすいWiFi環境を求めるならホームルーターを選ぶべきですが、ホームルーターはコンセントがないと使用できないので、自宅外で頻繁にネットを利用する方は注意をしてください。

Twitterでは、以下のような口コミがありました。

この方のツイートを見ると、WiMAXホームルーターは午前8時の混雑帯でも133.2Mbpsと光回線並みの速度を出せていますね!

ポケットWiFiもホームルーターも工事不要でWiFi環境を整えられますが、実測値を重視するならホームルーターを選ぶべきでしょう。

端末がすぐに届く

新型コロナウイルス感染拡大防止にともなうリモートワークの増加により、ポケットWiFiの需要が急増している中、WiMAX安定して端末を供給できています。

端末発送の遅延や新規受付停止などが起きている他社サービスと比べると、これは大きな差といえるでしょう。

ただし、WiMAXの一部のプロバイダでは、発送が遅れていることもあるようです。

申し込み前に、詳細を各プロバイダのホームページで発送状況を確認しておきましょう。

こうた
こうた

発送が遅れている場合は、公式サイトの「お知らせ欄」に詳細が記載されているよ!

Twitterでは、以下のような口コミがありました。

この状況からもわかるとおり、WiMAXは端末発送がスムーズに行われているので、すぐ使いたい人も利用しやすいサービスといえます。

評判からわかったWiMAX5つの注意点

メリットの多いWiMAXですが、以下5つの注意点も存在するので、契約前に確認しておきましょう。

速度制限がある

WiMAX「ギガ放題プラン」の速度制限には2つの種類があり、条件と制限後の速度に違いがあります。

ひとつずつ確認していきましょう。

3日間10GB以上使うとかかる軽い制限

WiMAXの通信データ量が、直近3日間で10GB以上になってしまうと、最大1Mbpsの速度制限がかかります。

ただし、制限時間は上限を超えた翌日の18時頃から翌2時頃までの約8時間だけなので、それ以外の時間は通常通り高速通信を行えます。

とくこ
とくこ

じゃあ速度制限にかかっても、通勤中やお昼時間はこれまで通り、動画やSNSを楽しめるのね♪

こうた
こうた

しかも、直近3日間の合計使用データ量が10GBを下回れば、制限も即解除されるよ!

また、制限時間中の最大速度である1Mbpsはたしかに低速ですが、YouTubeやWebサイトの閲覧は問題なく利用できる速度なので、WiMAXの速度制限はかなりゆるい内容といえるでしょう。

【制限概要】
条件 直近3日間で10GB以上の利用
期間 超過日翌日の18時頃から翌2時頃まで
制限中速度 最大1Mbps

ちなみに、速度制限の目安となる10GBは、次のように豊富なコンテンツを楽しめる容量となります。

【10GBでできること】
Webページ閲覧 約23,470回
写真添付メール送信(500万画素) 約3,330通
You Tube再生(360p) 約1,680分(約28時間)
Google Map読み込み 約20,880回
ネット音声通話(Skype) 約17,040分(約284時間)

これを見ると、ヘビーユーザーでない限り速度制限にかかるリスクはないというのがわかりますね!

こちらの方は、制限中もYouTubeや動画配信サービスを視聴できるため、制限にかかってもあまり不便さを感じていない様子です。

他社サービスの場合、制限中は128kbpsと検索画面さえ開けない低速になることを考えると、WiMAXはかなりユーザー思いのポケットWiFiといえますね!

ハイスピードプラスエリアモードでかかる厳しい速度制限

WiMAXに搭載されているハイスピードプラスエリアモード」を月7GB以上使ってしまうと、翌月まで最大128kbpsの厳しい速度制限にかかってしまうので要注意です。

ハイスピードプラスエリアモードとは、auのLTE回線を利用できる別モードで、WiMAX端末で簡単に切り替えられます。

au回線はWiMAXより繋がりやすいため、使用感は抜群ですが、128kbpsに制限されると何もできなくなってしまうので、緊急時以外は使わないほうが無難です。

とくこ
とくこ

山間部や地下など、WiMAX電波が入りにくい場所でどうしても使いたいときだけ使用するといいわね!

【制限概要】
条件 ハイスピードプラスエリアモードで
月7GB以上の利用
期間 当月中
制限中速度 最大128kbps

Twitterでは、以下のような口コミがありました。

ハイスピードプラスエリアモードの切り替えは、端末ホーム画面で簡単に行えます。そのため、ポケットやカバンへ端末を無造作に入れておくと、誤タップで勝手に切り替わってしまうこともあるため要注意です。

ハイスピードプラスエリアモードの使い過ぎで課せられる速度制限は、通常モードに戻しても引き継がれるため、基本的に使わないスタンスでいるほうが安全でしょう。

対象エリア内でもつながりにくい場所がある

WiMAXは、トンネルや地下、コンクリート作りの建物内、山間部など、周辺を障害物で覆われた場所では、つながりにくくなることがあります。

そのため該当場所にいる場合は、できるだけ地上や窓に近いところへ移動するなどの対策が必要です。

この方のツイートにもあるとおり、田舎などの山間部へ頻繁に行く人や、地下鉄へ長時間乗る方は、WiMAXを持っていても使えないことが多くなります。

WiMAXは非常に使い勝手のよいポケットWiFiですが、利用場所によってはまったく使えない場合もありますので、メイン利用場所がエリア内かどうか、事前に確認しておきましょう。

こうた
こうた

エリア確認は、WiMAXの公式サイトから簡単にチェックできるよ!

プロバイダによっては割高になる可能性がある

WiMAXの申し込みは、公式のUQ以外に複数の提携プロバイダからも可能です。

ただし、月額料金やキャンペーンなどはプロバイダが独自で設定しているため、比較せずに申し込むと割高になってしまう可能性があります。

プロバイダによって端末のスペックや通信品質が変わることはないため、WiMAXを申し込むなら少しでも安いプロバイダを選びましょう。

ちなみに、現在もっともおすすめなプロバイダは、初月から自動的に月額料金割引が適用される「Broad WiMAX」です!

Broad WiMAXについては冒頭の「WiMAXのおすすめプロバイダは「Broad WiMAX」」で詳細を解説していますので、そちらをあわせてご覧ください。

縛り期間がある

WiMAXの縛り期間はプロバイダによって差があり、短いものだと1年、長いところだと3年の場合もあります。

【WiMAX違約金比較】
プロバイダ 縛り期間 違約金
GMOとくとくBB 3年間 ~12ヶ月目:20,900円
~4ヶ月目15,400円
25ヶ月目以降、契約更新月以外:10,450円
UQ WiMAX 2年間 更新月以外:1,100円
DTI 3年間 ~12ヶ月目:20,900円
~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目以降、契約更新月以外:10,450円
BIGLOBE 1年間 ~12ヶ月目:1,100円
13ヶ月目以降:0円
Broad WiMAX 3年間 ~12ヶ月目:20,900円
~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目以降、契約更新月以外:10,450円
※価格は税込

更新月なら違約金無料で解約できますが、それ以外のタイミングだと解約時に違約金が発生するため、利用予定が短期間の人は、縛り期間がなるべく短いプロバイダを選びましょう。

この方は3年縛りのWiMAXプロバイダで契約したため、更新月が来るまでかなり待ったようですね。

プロバイダによっては更新月外の解約で20,000円以上の違約金を請求されることもあるので、初めてWiMAXを契約する人や、短期間しか利用しない人には、以下でご紹介する「BIGLOBE WiMAX2+」をおすすめします!

1年契約・自動更新なしがいいなら「BIGLOBE WiMAX 2+」がおすすめ!

BIGLOBE WiMAX

WiMAXは通常3年間の契約期間となっており、違約金も高額であることがほとんどです。

しかしBIGLOBE WiMAX 2+は、契約期間が1年・自動更新なし・違約金1,000円となっているため、短期利用者が契約しやすいプロバイダといえます。

とくこ
とくこ

1年以内に解約しても1,000円の違約金で済むなんて、うれしいわ!

BIGLOBE WiMAX 2+は端末を購入すると21,120円の費用がかかりますが、端末とセット契約すると17,000円のキャッシュバックがもらえるため、実質4,120円で購入可能です!

月額料金は最安になりませんが、契約期間の短さを重視したい人にはピッタリのサービスといえるので、該当する方は、ぜひBIGLOBE WiMAX 2+を検討してみてください。

BIGLOBE WiMAX 2+については、下記の記事でより詳しく解説しているので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

プロバイダによっては発送が遅い

WiMAXは、ほかのサービスと比べて新型コロナウイルスの影響が少ないですが、中には端末の発送が遅れているプロバイダがあるようです。

WiMAX端末の在庫は各プロバイダそれぞれであるため、在庫が潤沢でない・確保できていないプロバイダに申し込むと、すぐに端末を受け取ることができません。

WiMAXをすぐに使い始めたい人は、各プロバイダのホームページから、在庫・発送状況を確認しましょう。

WiMAXがおすすめできるのはこんな人

手順 チェック

ここまで述べてきたWiMAXのメリットと注意点を踏まえると、WiMAXは以下の人におすすめです。

WiMAXがおすすめできる人
  • 今すぐポケットWiFiを使いたい人
  • 実質データ無制限で使いたい人
  • 安定した高速通信を求める人
  • 実質料金の安いポケットWiFiを使いたい人
  • 日本全国の広いエリアで使えるポケットWiFiを探している人
  • auスマホを契約している人
  • 工事不要で自宅にWiFiを引きたい人

WiMAXは多くのプロバイダが同じサービスを提供していますが、もっともおすすめなのは「Broad WiMAX」です。

Broad WiMAXは他社違約金を19,000円まで負担してくれるうえ、指定回線ならいつでも無料で乗り換えられる制度を整えています。

さらに、申し込み完了で5,000円のキャッシュバックも進呈中なので、WiMAXを検討している人は、ぜひBroad WiMAXから申し込んでみましょう!

WiMAXによくある質問

最後に、WiMAXに関して多くの方が疑問に思っている質問へ回答していきます。

契約前にすべての疑問を解決させ、納得して申し込めるようにしましょう。

WiMAXのお問い合わせ先を知りたい

WiMAXの問い合わせ先は、各プロバイダによって異なります。

ここでは、今回おすすめのプロバイダとしてご紹介した2社の問い合わせ先を記載していますが、どのプロバイダも公式サイトに問い合わせ先は記載されていますので、必要であれば公式サイトをチェックしてみましょう。

プロバイダ名 問い合わせ先 受付時間
Broad WiMAX 電話受付フォーム送信後、折り返し電話あり 10:00~19:00
※年中無休
BIGLOBE WiMAX 2+ 0120-985-962 9:00~20:00
※年中無休

おすすめのWiMAX窓口を知りたい

WiMAXは、どこから申しこんでも性能の差はありません

そのため、WiMAXを申し込むならキャンペーンが豊富なプロバイダがオススメですよ!

「Broad WiMAX」では、契約者は全員初月から安い料金でWiMAXを契約できるほか、他社回線の違約金補填などのキャンペーンも充実しています。

また、有料オプションを契約しなくても5,000円のキャッシュバックがもらえたり、指定回線への乗り換えならいつでも無料でできたりと特典内容も豪華なので、お得にWiMAXを契約したい人におすすめです!

Broad WiMAX のおすすめポイント
  • 月額料金割引で初月から費用を安くできる
  • 他社違約金を最大19,000円まで負担してもらえる
  • 指定回線へなら、いつでも無料で乗り換えられる
  • 契約だけで5,000円のキャッシュバックがもらえる

詳しくは、記事内の「WiMAXのおすすめプロバイダは○○」で詳しく解説しています!

WiMAXの速度が遅い場合の対処法とは?

WiMAXの速度が遅いときは、以下の対処法を行うことで改善される可能性があります。

対処法
  • 電源を入れなおす
  • 充電を行う
  • 接続しなおす
  • 端末を窓際や地上など障害物の少ない場所へ移動させる

ちなみに、WiMAXは端末モデルが古いと上の対処法を行っても速度が改善されにくいので、旧モデルを使用している方は、最新機種に変更してみるのもいいでしょう。

また、現時点での最新機種である「WX06」であれば、クレードルに接続させることで、より速度を安定させることができます。

クレードルは別売りですが、より速度を安定させたい方は同時購入も検討してみてください。

まとめ

WiMAXは、端末が手元にあればどこでもWiFiに接続できるため、場所を問わずネットを利用したい人におすすめのサービスです。

短期に大容量のデータを消費すると、翌月から夜間のみ速度制限にかかりますが、制限中でも動画やSNSなどを楽しめるため、実質無制限利用できるサービスといっていいでしょう。

WiMAXは多くのプロバイダが同サービスを提供していますが、今もっともおすすめのプロバイダは、「Broad WiMAX」です。

Broad WiMAXは初月から月額料金割引が適用されるだけでなく、契約時、解約時のサポートも手厚いため、初めて契約する方も安心ですよ。

WiMAXの申し込みを検討している方は、ぜひBroad WiMAXの公式サイトから詳細を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました