WiMAX5Gプランの料金や速度を徹底解説!おすすめ窓口も紹介します | マイナビニュース インターネット比較

WiMAX5Gプランの料金や速度を徹底解説!おすすめ窓口も紹介します

5g wimax WiMAX

WiMAX 5GとはWiMAXが新しく提供し始めたサービスで、5G通信が利用できるプランです。

とくこ
とくこ

従来プラン(WiMAX 2+/ギガ放題プラン)に比べて通信速度が速くなっていたり、利用可能エリアが拡大されていて快適に利用できるようになったのよ。

過去にあった「3日で15GBまで」の制限は撤廃され、事実上の無制限でインターネットに接続できるようになりました。

※短期間で大容量のデータ通信を行った場合、一時的に速度制限がかかる可能性があります。

また従来プランは今後縮小していく予定で、今後はWiMAX 5Gプランが主流になると考えられますよ。

ただ5Gプランは従来プランより少し料金が高かったり、エリアがまだ狭いなど、事前に知っておきたい注意点もあります

今回はWiMAX5Gプランについて、メリットや注意点、お得に申し込めるおすすめ窓口まで丸ごとご紹介します。

実質料金も安くキャンペーンも豊富な「Broad WiMAX」
BroadWiMAX

18,000円のキャッシュバックや端末代無料などのキャンペーンが豊富!

  • 実質月額料金(3年間):3,906円
  • キャッシュバック:18,000円
詳細をチェックする
とにかく安く利用したいなら「GMOとくとくBB」

乗り換えなら最大23,000円ものキャッシュバックがもらえる!端末代金も無料!

  • 実質月額料金(3年間):3,913円
  • キャッシュバック:最大23,000円
詳細をチェックする
短期間だけ利用したいなら1年契約の「BIGLOBE WiMAX」
BIGLOBE

契約期間の縛りが1年間だから安心!さらに端末の同時申し込みで15,000円キャッシュバック

  • 実質月額料金(1年間):4,654円
  • キャッシュバック:最大15,000円
詳細をチェックする
この記事の監修者
小川 正人(Ogawa Masato)

通信サービスに関するコンサルティング会社、QUANTA代表。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。

現在は光回線をはじめ、携帯キャリア・格安SIM、ポケット型WiFiなどのインターネット回線やモバイルサービスの専門家としてマイベストプロにも掲載。

「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイトを運営した実績を持つ。
>>プロフィールページはこちら

小川 正人(Ogawa Masato)をフォローする
  1. 【14社比較】WiMAX 5Gのおすすめ申し込み窓口はここ!
    1. 実質料金も安くキャンペーンも豊富な「Broad WiMAX」がおすすめ
    2. とにかく安く利用したいなら「GMOとくとくBB」
    3. 短期間だけ利用したいなら1年契約の「BIGLOBE WiMAX」
  2. そもそもWiMAX 5Gとは?WiMAX 2+とは何が違う?
    1. データ通信量が実質無制限!
    2. 下り最大通信速度が2.7Gbpsと高速通信が可能
    3. au回線が利用可能になりエリアが拡大
    4. WiMAX 5Gがおすすめなのはこんな人!今後は5Gプランを選ぼう!
  3. WiMAX 5Gを利用する5つのメリット
    1. 開通工事が不要ですぐに利用できる
    2. 持ち運びが可能で外出先でも利用できる
    3. 通信制限をほとんど気にせず利用できる
    4. au回線の中でも繋がりやすいプラチナバンドが利用できる
    5. auスマートバリュー・UQの自宅セット割が適用できる
  4. 事前に知っておきたい!WiMAX 5Gの4つの注意点
    1. 5G対応エリアがまだ狭い|今後拡大予定!
    2. 従来プランより利用料金が少し高め
    3. 5G本来の通信速度を体感するのはまだ難しい
    4. 従来プランから乗り換える場合、契約期間内だと違約金が発生する
  5. WiMAX 5Gを申し込む手順を解説【新規・従来プランから乗り換え】
    1. 1.Web窓口から申し込みを行う
    2. 2.端末と契約書類が郵送される
    3. 3.スマホやタブレットなどデバイスの接続設定を行う
    4. 4.【乗り換えの場合】元のプロバイダを解約する
    5. 5.キャッシュバックなどのキャンペーンの申請をする
  6. WiMAX 5Gだけじゃない!5G対応で実質無制限で使えるインターネット回線!
    1. 【ホームルーター】自宅だけで利用する場合におすすめ
    2. 【ポケット型Wi-Fi】外出先でも利用するならおすすめだが、実質無制限は少ない!
    3. 【テザリング】端末の用意が不要!気軽に使うならおすすめ
  7. WiMAX 5Gについてよくある質問
    1. WiMAX 5Gはどのデバイスでも利用できるの?
    2. 5G対応のWiMAXのモバイルルーターのおすすめはどれ?
    3. 5G対応のWiMAXのホームルーターのおすすめはどれ?
    4. WiMAX 5Gに速度制限はあるの?
    5. 5Gと5GHz(ギガヘルツ)は違うの?
  8. まとめ
  9. 情報参照元

【14社比較】WiMAX 5Gのおすすめ申し込み窓口はここ!

WiMAXはUQ WiMAXが提供するインターネット回線ですが、申し込み窓口として複数のプロバイダが存在します

5G対応WiMAXを販売中のプロバイダ

GMOとくとくBB、カシモWiMAX、Vision WiMAX、Broad WiMAX、BIGLOBE WiMAX、UQ WiMAX、KT WiMAX、ヨドバシWiMAX、hi-ho WiMAX、YAMADA air mobile、エディオンネット、DIS mobile WiMAX、BIC WiMAX、au WiMAX

プロバイダごとに通信速度など品質は変わりませんが、実施しているキャンペーンや料金体系によって実質料金が大きく異なるため、比較してお得な窓口から申し込むことが大切です。

こうた
こうた

どのプロバイダでも品質が変わらないなら、お得に利用できるプロバイダがいいよね!

本記事ではWiMAX 5Gの取り扱いがあるプロバイダ14社を比較して、パターン別におすすめの3社を選定しました。

とくこ
とくこ

実質料金もサービスも重視したい場合や、契約期間を重視したい場合でおすすめを選んだから、自分が重視したいポイントでチェックしてみてね!

なお実際にWiMAXのプロバイダ14社を比較した表は以下のとおりです。

プロバイダ 契約期間 実質月額料金
(契約期間※1)
月額料金 おもなキャンペーン プラスエリアモード
無料キャンペーン
Broad WiMAX 3年 3,906円 利用開始月:1,067円の日割り
1ヶ月目以降:4,367円
・18,000円キャッシュバック
もしくは他社違約金補填
・端末代金無料
・いつでも解約サポート
GMOとくとくBB 3年 3,913円 利用開始月:2,079円の日割り
1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
・14,000円キャッシュバック
・端末代金無料
Vision WiMAX 3年 4,592円 利用開始月:0円
1〜12ヶ月目:4,400円
13ヶ月目以降:4,950円
・5,000円キャッシュバック
・端末代金無料
・いつでも解約無料アシスト
カシモWiMAX 3年 4,462円 利用開始月:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
・端末代金無料
UQ WiMAX 2年 4,671円 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
・15,000円キャッシュバック
BIGLOBE WiMAX 1年 4,654円 利用開始月:0円
1〜24ヶ月目:4,191円
25ヶ月目以降:4,928円
・15,000円キャッシュバック
ヨドバシWiMAX 3年 4,946円 4,268円
hi-ho WiMAX 3年 4,996円 利用開始月:4,268円の日割り
1〜5ヶ月目:4,268円
6〜24ヶ月目:4,818円
25ヶ月目以降:5,368円
・端末代金無料
KT WiMAX
YAMADA air mobile
エディオンネット
BIC WiMAX
5,167円 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
DIS mobile WiMAX 3年 5,124円 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円
au WiMAX 5,770円 1〜24ヶ月目:4,908円
25ヶ月目以降:5,458円

※すべて税込価格
※1契約期間のないプランの場合3年間利用した際の実質月額料金を記載しています。

実質料金も安くキャンペーンも豊富な「Broad WiMAX」がおすすめ

BroadWiMAX
引用:Broad WiMAX

実質料金の安さと、キャンペーンの豊富さどちらも重視したい場合は「Broad WiMAX」がおすすめです。

Broad WiMAXは18,000円のキャッシュバックをはじめとした、以下の豊富なキャンペーンを適用することができますよ。

Broad WiMAXの開催キャンペーン
  • 18,000円キャッシュバック(最短半年後)
  • もしくは他社回線から乗り換え時の解約違約金を最大19,000円補填
  • 端末代無料
  • プラスエリアモード無料
  • いつでも解約サポート
    (通信速度など不満があった場合、解約違約金なしで指定の回線へ乗り換えできる)
  • 2台目5,000円キャンペーン

Broad WiMAXの基本情報は以下のとおり。

Broad WiMAX
月額料金 利用開始月:1,067円の日割り
1ヶ月目以降:4,367円
端末代金 キャンペーンで無料
契約期間 3年間
契約事務手数料 3,300円
解約金 〜12ヶ月目:28,050円
13〜24ヶ月目:21,450円
25~36ヶ月目:14,300円
更新月以降:10,450円
主なキャンペーン ・18,000円キャッシュバック
もしくは他社違約金補填
・プラスエリアモード無料
・いつでも解約サポート
実質月額料金(3年間) 3,906円

※すべて税込価格

なおBroad WiMAXのキャッシュバック受け取り方法は以下のとおり。

Broad WiMAXでキャッシュバックを受け取る方法
  1. 申し込み後、開通した月の翌月5日までにキャンペーン申請のためのメールが届く
  2. メールが到着した月の末日までに、手順にそって振込先口座情報の登録を行う
  3. 最短で開通した月の半月後の月末にキャッシュバックが振り込まれる

WiMAXが開通してすぐにキャッシュバックの申請は行いますが、実際にキャッシュバックが振り込まれるのは最短で半年後になることは注意しましょう。

またBroad WiMAXと同じく、とにかく安く利用できるプロバイダとして「GMOとくとくBB」もあげられますよ。

次の項目でGMOとくとくBBについて解説しますね。

とにかく安く利用したいなら「GMOとくとくBB」

引用:GMOとくとくBB

Broad WiMAXと同じく実質料金が安く利用できる「GMOとくとくBB」も、WiMAXプロバイダの中ではおすすめです。

GMOとくとくBBでは他社インターネット回線から乗り換えた場合に23,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、新規で申し込んだ場合は14,000円のキャッシュバックを受け取れます。

新規で申し込むことを想定し、14,000円のキャッシュバックを受け取った場合の実質料金は3,913円(税込)と、キャッシュバックを満額受け取れなかったとしてもお得に利用が可能です。

引用:GMOとくとくBB

また端末代金がどの機種を選んだとしても無料な点も嬉しいポイントといえます。

GMOとくとくBBの基本情報は以下のとおり。

GMOとくとくBB
月額料金 利用開始月:2,079円の日割り
1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
端末代金 0円
契約期間 3年間
契約事務手数料 3,300円
解約金 12ヶ月以内:20,900円
13〜24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
主なキャンペーン ・14,000円キャッシュバック
他社から乗り換えの場合は23,000円に増額
・端末代金無料
・プラスエリアモード無料
実質月額料金(3年間) 3,913円

※すべて税込価格

ひとつ注意点として、GMOとくとくBBのキャッシュバックは1年後に受け取りになる点を覚えておきましょう。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取る流れは以下のとおりです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りの流れ
  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、キャッシュバック申請用のメールが届く
    (申し込み時に新規で作成するメールアドレスへ送信)
  2. メールにそってキャッシュバックの振込先口座情報を登録する
  3. 登録後、翌月末日(営業日)に口座にキャッシュバックが振り込まれる

キャッシュバックの受け取りが最短で12ヶ月後になることと、キャッシュバック申請用のメールは、GMOとくとくBBから申し込んだ時に新規で作成する基本メールアドレス宛になることに注意しましょう。

なおBroad WiMAXとGMOとくとくBBは実質料金がお得ですが、契約期間は3年間あるため途中で解約すると解約違約金が発生してしまいます。

もし3年間も利用しない、短期間だけ利用したいという場合には、次の項目で紹介する「BIGLOBE WiMAX」がおすすめですよ。

短期間だけ利用したいなら1年契約の「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE
引用:BIGLOBE WiMAX

WiMAXのプロバイダはほとんどが2〜3年契約ですが、契約期間が満了しない短期間で解約すると違約金が発生してしまいます。

そのためもっと短い期間だけ利用したい場合は、1年契約が可能な「BIGLOBE WiMAX」がおすすめですよ。

BIGLOBE WiMAX
月額料金 利用開始月:0円
1〜24ヶ月目:4,191円
25ヶ月目以降:4,928円
端末代金 21,912円
契約期間 1年間
契約事務手数料 3,300円
解約金 1年目:1,100円
2年目以降:0円
主なキャンペーン 15,000円キャッシュバック
実質月額料金(1年間) 4,654円

※すべて税込価格

BIGLOBE WiMAXは契約期間が1年間であるうえに、1年以内に解約した場合でも契約解除料が1,100円(税込)と安い点も魅力のひとつ。

2年目以降はいつ解約しても解約違約金は発生しないため、契約更新月を考えなくてもお得に利用できますよ。

<BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック詳細>
キャッシュバック額
15,000円
振込み時期
利用開始の1か月後
適用条件
  • 「BIGLOBE WiMAX +5G」ギガ放題プラスを個人で申込む
  • 申込み時にクーポンを入力する
  • 2022年10月31日までにサービスを利用開始する
申請方法
  1. BIGLOBE WiMAXのサイトから申し込む
  2. 申し込み時にクーポンコード「ATG」を入力
  3. サービス開始月の翌月1日にお知らせメールが届く
  4. サービス開始月の2日から45日以内にマイページから
    キャッシュバック振込み用口座を登録する
  5. 最短当日に15,000円が指定した口座に振り込まれる

そもそもWiMAX 5Gとは?WiMAX 2+とは何が違う?

引用:UQ WiMAX

まずWiMAX 5Gとは、2021年4月から提供が開始されたWiMAXの新しいサービスのことをいいます。

5Gサービスに対応していることが最大の特徴で、今後WiMAXの主流になっていくサービスです。

5Gとは?

5th Generationの略称で第5世代移動通信システムのことです。
高速通信・大容量通信・低遅延通信・多数同時接続などの特徴があり、現在の4Gと比べても快適に利用できます。

引用:UQ WiMAX
こうた
こうた

つまり5Gになることで大容量通信が素早くたっぷり楽しめる!ってことだね!

WiMAX 5Gのエリア外だとしても、4Gエリアからの接続はできるため、5G未対応エリアにお住まいの方も安心して契約できますよ。

また従来プランであるWiMAX 2+と、WiMAX 5Gのプラン内容の違いは以下のとおり。

WiMAX 5G
(5G対応プラン)
WiMAX 2+
(従来型プラン)
5Gの利用可否 ×
プラン名 ギガ放題プラスプラン ギガ放題プラン
月額料金 0ヶ月目:1,397円
1ヶ月目~:3,883円
〜2ヶ月目:2,999円
3ヶ月〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
通信制限 実質無制限 3日間で10GB
利用可能エリア
(スタンダードモード)
au 5G
au 4G LTE
WiMAX 2+
WiMAX 2+
オプション プラスエリアモード追加でau 5G/4G LTEのより広い範囲を利用可能
※月間15GBまで
ハイスピードモード追加でau 4G LTEを利用可能
※月間7GBまで

※すべて税込価格
※月額料金はBroad WiMAXから申し込みした場合の金額

大きな違いとしては3日間の通信制限が撤廃されたことと、利用できるエリアが広がったことです。

従来プランではオプションを追加することで利用できていたau 4G LTEのエリアが、WiMAX 5Gでは通常モードで利用できるようになったため、より広範囲で利用できるようになりました。

とくこ
とくこ

WiMAX 5Gのプランでは、プラスエリアモードを利用することでより広範囲で通信が可能になるのよ。

くわしくは「au回線の中でも繋がりやすいプラチナバンドが利用できる」の項目で解説するからチェックしてみてね。

またWiMAX 5Gについては、まとめると大きく分けて3つのポイントがあります。

それではWiMAX 5Gの特徴をひとつずつみていきましょう。

データ通信量が実質無制限!

引用:UQ WiMAX

まずWiMAX 5Gの大きなメリットとして上げられるのが、月間のデータ通信量に上限がないという点です。

WiMAX 5Gが登場する前の従来プランであるWiMAX 2+と、WiMAX 5Gのプランも登場してからもしばらくは3日間で規定量を超える通信を行うと速度制限がかかるようになっていました。

こうた
こうた

WiMAX 2+は3日間で10GB、WiMAX 5Gも初期は3日間で15GB利用すると、18時から翌2時までの約8時間が最大通信速度1Mbpsまで制限されていたんだよね。

しかし2022年の2月からは3日間の通信制限が事実上撤廃され、データ通信量が実質無制限で使えるように。

公式サイトによると「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある」との記載はあるため、完全無制限ではありませんが、基本的には無制限で利用できますよ。

下り最大通信速度が2.7Gbpsと高速通信が可能

引用:UQ WiMAX

WiMAX 5Gでは下り最大通信速度が2.7Gbpsと、WiMAX 2+と比べても速いのが特徴です。

光回線(固定回線)でも最大通信速度は1Gbpsの場合が多くあるため、最大2.7Gbpsは速い数値といえますね。

また3日間の速度制限の規制も事実上撤廃されたため、大容量の通信が可能な点も魅力です。

こうた
こうた

最大通信速度が2.7Gbpsってすごく速いね!

実際の通信速度もすごく速いのかな〜!

とくこ
とくこ

一番気になるのは実際の通信速度よね。

次の項目でWiMAXの現在の実質平均速度を調査してみたから、一緒にみてみましょう!

実際の平均速度は?エリア拡大に期待!

WiMAX 5Gは理論上の最大通信速度は2.7Gbpsと光回線より速くなっていますが、実際に利用している人はどれくらいの通信速度が出ているのか調査してみましょう。

実測平均速度(下り) 最大通信速度
ポケット型Wi-Fi WiMAX 5G Speed Wi-Fi 5G X11 50.07Mbps 2.7Gbps
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 70.32Mbps 2.2Gbps
WiMAX 2+ Speed Wi-Fi NEXT WX06 45.54Mbps 440Mbps
ホームルーター WiMAX 5G Speed Wi-Fi HOME 5G L12 54.73Mbps 2.7Gbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L11 101.23Mbps 2.7Gbps
WiMAX 2+ Speed Wi-Fi HOME L02 47.02Mbps 1Gbps

※実測平均速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

こうた
こうた

実際の通信速度をみてみたら、ものすごく高速!ってわけでもないみたいだね…?

とくこ
とくこ

実はそうなのよ。最大通信速度はあくまでも理論上の数値だから、実際の通信速度とは差が出てしまうのよ。

また5G通信に対応してはいるものの、5G対応エリアはまだ全国的に普及しているわけではないため、今後エリアの拡大とともに実際の通信速度も向上していくと考えられます

上記の実測平均速度をみて、最大通信速度との違いを感じてしまいますが、日常生活でインターネット通信を行う場合には、一般的に20Mbps以上あればほとんどの通信は可能です。

オンラインゲームでFPSをたっぷり楽しみたい、という場合などには十分な速度とはいえませんが、Youtubeで標準〜高画質の動画を視聴するなど日常生活には十分な数値が出ているといえます。

また、実際にWiMAXを利用している人の口コミもチェックしてみましょう。

上記は通信速度が速く満足して使っている口コミですが、以下のように通信速度が遅いという口コミもあります。

利用しているエリアや時間帯によって実際の通信速度が変わってくることもあり、WiMAX 5Gの現状の通信速度の体感は賛否両論のようです。

ただしサービス拡充で5G対応エリアが拡大されると実際の通信速度も変わってくるため、今後のサービス拡充に期待しましょう。

au回線が利用可能になりエリアが拡大

引用:UQ WiMAX

従来プランではハイスピードモードというオプションを追加することで利用できた「au 4GLTE」の回線ですが、WiMAX 5Gでは通常(スタンダードモード)で使えるようになったためエリアがより広くなりました。

WiMAX 5G
(5G対応プラン)
WiMAX 2+
(従来型プラン)
利用可能エリア
(スタンダードモード)
au 5G
au 4G LTE
WiMAX 2+
WiMAX 2+
オプション プラスエリアモード追加でau 5G/4G LTEのより広い範囲を利用可能
※月間15GBまで
ハイスピードモード追加でau 4G LTEを利用可能
※月間7GBまで

WiMAXの東京都周辺の対応状況は以下のとおりで、5Gに対応しているエリアも広くなっていますが、4Gもほとんどの地域で対応しているため、広範囲で利用できることがわかります。

引用:UQ WiMAX

またWiMAX 5Gではau 4G LTE回線は通常モードで利用できるエリアとなりプラスエリアモードはさらにau 4G LTEのプラチナバンドが利用可能です。

au 4G LTEのプラチナバンドについては「au回線の中でも繋がりやすいプラチナバンドが利用できる」の項目で解説しますが、より高速な通信が可能になる回線のためおすすめのモードになりますよ。

とくこ
とくこ

プラスエリアモードは通常であれば月額1,100円(税込)必要なんだけど、WiMAXのプロバイダによってはオプション料金が無料になるところもあるから、申し込みたい人はオプションが無料になるかどうかもチェックするといいわね。

WiMAX 5Gがおすすめなのはこんな人!今後は5Gプランを選ぼう!

WiMAX 5Gについて特徴を解説してきましたが、どんな人にWiMAX 5Gがおすすめなのかみていきましょう。

WiMAX 5Gがおすすめな人
  • 開通工事ができない、したくない人
  • 高速通信をたっぷり行いたい人
  • 5Gエリア内に住んでいる人
  • 新しくWiMAXを申し込む人

WiMAXは持ち運びできるモバイルルーターか、電源コンセントに繋げて利用するホームルーターが利用できますが、どちらも光回線のように開通工事は必要ないため、マンションなどで開通工事が難しかったり、転居予定があって工事をすると費用が嵩んでしまう場合などにおすすめです。

またポケット型Wi-Fiではあまりない実質無制限で利用できるモバイルルーターになるため、高速通信をたっぷり行いたい人にも向いていますよ。

さらに、とくにチェックしたいポイントとしては、新しくWiMAXを申し込む人は基本的にWiMAX 5Gのプランがおすすめという点です。

WiMAXのプロバイダによっては従来プランであるWiMAX 2+(ギガ放題プラン)が申し込めるところもありますが、UQ WiMAXの公式サイトでは2022年3月31日をもって新規受付を終了しています。

とくこ
とくこ

すでにギガ放題プランを申し込んでいて利用中の場合は、2022年4月1日以降も継続して利用できるから安心してね!

プロバイダによってはWiMAX 2+も申し込める窓口はあるものの、今後2022年秋以降から従来プランの最大通信速度を順次低下させていくとUQ WiMAXからお知らせもあったため、今後主流になるのはWiMAX 5Gです。

実際のお知らせは以下のとおりで、最大通信速度が低下されるとともに、WiMAX 2+の周波数帯の一部が5Gサービスに順次変更されていく予定と記載されています。

また、UQが有する周波数帯を有効活用し、一層快適な高速通信サービスをお客さまに提供するため、2022年秋から一部地域において、「WiMAX 2+」サービスを提供している周波数帯の一部を5Gサービスとして順次変更していく予定です。
これに伴い、WiMAX 2+の最大速度が440Mbpsから220Mbpsに、2022年秋以降順次変更となる予定です。

引用:UQ WiMAX、au 5Gに対応した「WiMAX +5G」サービスを4月8日から提供開始
こうた
こうた

UQ WiMAXからは、WiMAX 2+の回線を順次5Gに切り替えしていくことと、最大通信速度も順次変更していくってお知らせがあったんだよね。

また5Gに対応するエリアも拡大予定のため、これから申し込む場合は5Gを選ぶのがおすすめになりますよ。

WiMAX 5Gを利用する5つのメリット

WiMAX 5Gについて特徴やおすすめな人を紹介してきましたが、ここではWiMAX 5Gを検討するにあたってチェックしておきたいメリットを5つご紹介します。

こうた
こうた

WiMAX 5Gの特徴で触れた部分にも、もう少し踏み込んで解説しているからチェックしてみてね!

それではひとつずつみていきましょう。

開通工事が不要ですぐに利用できる

WiMAXは持ち運んで利用するモバイルルーターか、電源コンセントにさすだけで利用できるホームルーターを利用するインターネット回線のため、光回線のように開通工事が不要です

申し込んで端末が届いたらすぐに利用できるため、賃貸物件で開通工事ができなかったり、引っ越しの機会が多く、開通工事を行ってしまうと費用が増えてしまう場合、また光回線が利用できない場合にもおすすめといえます。

こうた
こうた

開通工事をすると4万円近く工事費が必要な場合もあるもんね…!

とくこ
とくこ

賃貸物件の場合、引っ越しの際に光回線設備の撤去工事が必要になる場合もあるから、引っ越しが多い場合に開通工事をして光回線を引いていると費用がかさんでしまうのよね。

また利用を開始するのに準備期間も必要ないため、突然のリモートワークなど急にインターネット環境が必要になった場合にも便利に利用可能ですよ。

Twitterの口コミも確認してみましょう。

急なテレワークの要請を受けたとしても、WiMAXならすぐ届いて開通するので対応しやすいですね。

持ち運びが可能で外出先でも利用できる

WiMAXの二つ目のメリットとして、持ち運んで外出先でも利用できるという点があります。

モバイルルーターの場合は持ち運んで利用はもちろん可能で、ホームルーターの場合もWiMAXなら電源コンセントがあれば自宅以外でもインターネット通信が可能です。

こうた
こうた

ホームルーターって自宅でしか利用できないんじゃなかった?

とくこ
とくこ

ソフトバンクエアーとドコモ home 5Gは自宅(登録した住所)以外では使えないんだけど、WiMAXの場合は電源コンセントがあれば自宅以外でも使えるのよ!

つまりWiMAXの場合は、モバイルルーターなら場所を選ばず利用でき、ホームルーターの場合は電源コンセントがある場所ならどこでも利用できます。

また引っ越しが多い場合、ホームルーターを契約すると引っ越ししても住所変更を行うだけで継続して利用できるため、光回線のように新しく開通工事をしたり、元の住所での光回線設備の撤去工事なども不要ですよ。

こうた
こうた

モバイルルーターもホームルーターも、場所を選ばず気軽に利用できるのは魅力的だね!

口コミを確認してみましょう。

固定回線とWiMAXを同時に使用している人もいます。

普段使いは固定回線、非常事態など外出先で使用する回線が必要になった場合はWiMAXと使い分けても便利です。

通信制限をほとんど気にせず利用できる

WiMAX 5Gでは月間のデータ通信量をほとんど気にせず利用可能です。

以前は3日間で一定量のデータ通信を行うと速度制限がかかっていましたが、2022年2月に3日間制限が事実上撤廃されたため、データ容量を気にせず利用できます

ただし「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある」の記載はあるため、速度制限がかかる可能性はゼロではない点に注意しましょう。

こうた
こうた

3日間のデータ通信量を確認しながら利用しなくてよくなったから、使いやすくなったね!

口コミも確認してみましょう。

速度制限がなく、実質無制限で使えることを理由にWiMAXを契約した人もいました。

WiMAX5Gプランを契約するなら、制限が緩和された状態で使用できる今がチャンスとも言えますね。

au回線の中でも繋がりやすいプラチナバンドが利用できる

WiMAX 5Gでは「プラスエリアモード」のオプションを利用することで、au回線の中でも繋がりやすい「プラチナバンド」を利用できます

プラチナバンドとは?

au 4G LTE回線の中でも800MHz帯の、屋内でも繋がりやすい回線のことをいいます。
建物などの遮蔽物があっても電波が回り込みやすく、屋内や地下鉄など通常では繋がりづらくなる場所でも利用しやすいのが特徴です。

とくこ
とくこ

プラスエリアモードを利用することで、より繋がりやすいプラチナバンドを使えるようになるから、快適に利用できるようになるってことね!

UQ WiMAXの公式では通常だと月額1,100円(税込)が必要なオプションですが、Broad WiMAXなど一部のプロバイダによっては無料で利用が可能です。

プラスエリアモード無料キャンペーンがあるプロバイダ
  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • Vision WiMAX
  • hi-ho WiMAX
  • DIS mobile WiMAX
こうた
こうた

毎月1,100円(税込)が割引になると考えたらとってもお得だね!

auスマートバリュー・UQの自宅セット割が適用できる

WiMAX 5GではauのスマホまたはUQ mobileのスマホを利用している場合、auスマートバリューまたはUQの自宅セット割が適用できます

セット割を適用することでauのスマホ料金、またはUQ mobileの月額料金が割引されるため、該当のスマホを利用している場合はぜひチェックしておきたいキャンペーンです。

引用:UQ WiMAX
とくこ
とくこ

従来プランのWiMAX 2+(ギガ放題プラン)は適用できないから注意してね!

それぞれ適用した場合の割引や特典内容は以下のとおり。

auスマートバリュー 自宅セット割
対象スマートフォン auスマホ UQスマホ
割引 家族全員のスマホ料金が
最大1,100円割引
家族全員のスマホ料金が
最大858円割引
追加特典 ・プラスエリアモード利用料が無料
・プラスエリアモード月間データ容量が30GBに増量

※すべて税込価格

引用:UQ WiMAX
引用:UQ WiMAX

対象のスマホ利用料金が永年割引になることに加えて、通常は月間1,100円(税込)必要なプラスエリアモードのオプション料金が無料で利用できます

さらにプラスエリアモードは通常だと月間15GBの利用制限がありますが、セット割を適用することで月間30GBまで増量できるためたっぷりデータ通信を行うことが可能ですよ。

auかUQのスマホを利用している場合は、セット割を適用するとお得に利用できるわね!

事前に知っておきたい!WiMAX 5Gの4つの注意点

WiMAX 5Gを取り扱っているおすすめのプロバイダを紹介しましたが、実際に申し込む前に事前に知っておきたい注意点があるためご紹介します。

こうた
こうた

契約したあとで、こんなはずじゃなかった!なんてことにならないように契約前にチェックしておいてね!

それではひとつずつみていきましょう。

5G対応エリアがまだ狭い|今後拡大予定!

WiMAX 5Gは5Gサービスに対応したことが最大の特徴ですが、現時点ではまだ5Gに対応したエリアが狭いことに注意が必要です。

5G対応プランを契約したとしても、エリア外だと5Gサービスは利用できないため、5Gサービスを受けられない可能性があります。

こうた
こうた

5Gに対応したこと以外にもメリットはあるし、従来プランの新規受付も終了しているからWiMAX 5Gを申し込むのがおすすめなんだけど、5G通信を楽しみにしてる場合は提供エリアには注意しようね!

ただWiMAX 5Gはau 4G LTEの回線を標準モード(スタンダードモード)で利用できるため、通信エリア自体は広く快適に利用可能です。

また今後5G対応エリアは拡大予定のため、今現在は利用できなくても将来的に5G通信ができる可能性もあります。

あくまでも現時点では5G通信はどこでも使えるという状況には遠いということは覚えておくといいですね。

従来プランより利用料金が少し高め

WiMAX 5Gのプランは従来プランと比較すると、プロバイダによって利用料金は異なりますが総じて従来プランより料金は高めになることに注意が必要です。

WiMAX 5G
(5G対応プラン)
WiMAX 2+
(従来型プラン)
プラン名 ギガ放題プラスプラン ギガ放題プラン
月額料金(公式価格) 〜25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,950円
4,268円

※すべて税込価格

ただしプロバイダのなかにはキャッシュバックキャンペーンを開催していたり、そもそも月額料金割引が適用されていてWiMAX 5Gプランでお得に利用できるプロバイダもあります

プロバイダ 契約期間 実質月額料金
(契約期間※1)
月額料金
Broad WiMAX 2年 4,611円 利用開始月:1,397円の日割り
1ヶ月目以降:3,883円
GMOとくとくBB 2年 3,590円 利用開始月:1,474円の日割り
1〜2ヶ月目:1,474円
3〜36ヶ月目:3,784円
37ヶ月目以降:4,444円
Vision WiMAX 3年 4,578円 利用開始月:0円
1〜12ヶ月目:4,103円
13ヶ月目以降:4,785円
カシモWiMAX 3年 4,403円 利用開始月:1,408円
1ヶ月目以降:4,378円
UQ WiMAX 2年 4,502円 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
BIGLOBE WiMAX 1年 4,199円 利用開始月:0円
1ヶ月目2,079円
2ヶ月目以降:4,928円
KT WiMAX
YAMADA air mobile
エディオンネット
BIC WiMAX
5,167円 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
DIS mobile WiMAX 3年 5,124円 1〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,818円

※すべて税込価格
※1契約期間のないプランの場合3年間利用した際の実質月額料金を記載しています。

WiMAX 5Gを利用する場合はそれぞれのプロバイダの実質料金を比較して、お得な窓口から申し込むようにしましょう。

なお本記事でWiMAXのプロバイダ14社を比較してわかったおすすめは以下のとおりですよ。

5G本来の通信速度を体感するのはまだ難しい

WiMAX 5Gは最大通信速度が2.7Gbpsと高速通信が期待できるプランではありますが、現時点で平均実測速度を見ると最大通信速度どおりの速度が出ているとはいえません

現在WiMAX 5Gで取り扱っている端末の実測平均速度を調査した結果は以下のとおりです。

実測平均速度(下り) 最大通信速度
ポケット型Wi-Fi WiMAX 5G Speed Wi-Fi 5G X11 50.07Mbps 2.7Gbps
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi 70.32Mbps 2.2Gbps
ホームルーター WiMAX 5G Speed Wi-Fi HOME 5G L12 54.73Mbps 2.7Gbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L11 101.23Mbps 2.7Gbps

※実​​測平均速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

5G自体、まだまだ発展途上の技術でもあるため、今後の拡張によってもっと快適な実行速度が出ることも期待できますが、現状は上記ほどの通信速度となることは念頭においておくといいでしょう。

従来プランから乗り換える場合、契約期間内だと違約金が発生する

従来プランであるWiMAX 2+(ギガ放題プラン)からWiMAX 5G(ギガ放題プラスプラン)へ乗り換えする場合、従来プランが契約期間内だと違約金が発生してしまいます。

こうた
こうた

ただプランを乗り換えるだけじゃないの?

とくこ
とくこ

WiMAXはプランを乗り換えることができなくて、いったん現在のプランを解約して、新規で契約する必要があるのよ。

5G対応プランを利用したくても、そのままプラン変更ができないため、もし契約更新月以外で乗り換えする場合は従来プランは解約となり、違約金の支払いが必要です。

契約更新月に乗り換えすると違約金は発生しないため、自分がいま契約して何ヶ月目かを確認してから乗り換えを検討しましょう。

WiMAX 5Gを申し込む手順を解説【新規・従来プランから乗り換え】

ここでは実際にWiMAX 5Gを申し込む場合の手順について解説します。

新しくWiMAX 5Gを申し込む方法として、今回は「Broad WiMAX」のプロバイダから申し込む方法の解説です。

また従来プランから乗り換えの場合、契約更新月に解約して、別のプロバイダへ新しく申し込むことで新規申し込みキャンペーンを適用できるためおすすめ。

こうた
こうた

新規契約の場合も、従来プランをいったん解約して新しく別のプロバイダで申し込む場合も以下の手順で進めれば大丈夫だよ!

それではWiMAX 5Gを申し込む方法をひとつずつみていきましょう。

1.Web窓口から申し込みを行う

WiMAX 5Gを申し込む際、申し込み窓口として複数のプロバイダが存在しますが、実質料金が安かったりお得なキャンペーンを開催しているプロバイダを選ぶことが重要です。

とくこ
とくこ

プロバイダによって通信速度などの品質は変わらないから安心してね!

またWebサイトの方が、店舗で申し込むよりもお得なキャンペーンが開催される傾向があります。

Webサイトは店舗のような人件費や店舗の賃料が不要な分、キャッシュバックなどの顧客還元にお金を回しやすいためです。

WiMAXのプロバイダ14社を比較した結果は「【14社比較】WiMAX 5Gのおすすめ申し込み窓口はここ!」の項目で解説してしていますがおすすめの申し込み窓口は「Broad WiMAX」で、実質料金も安く、違約金負担などお得なキャンペーンも充実していますよ。

今回はBroad WiMAXから申し込む方法を解説するので、上記のリンクから申し込みボタンをクリックし、プランや機種・支払い方法など記入して申し込みを進めましょう。

こうた
こうた

いま他社インターネット回線を利用していて、Broad WiMAXへ乗り換える場合は乗り換え違約金負担キャンペーンを適用できるんだけど、キャンペーン適用を希望する場合は申し込み段階で該当項目にチェックを入れておこうね!

とくこ
とくこ

乗り換えキャンペーンを適用する場合は、支払い方法がクレジットカードに限定されるから注意しましょうね!

2.端末と契約書類が郵送される

申し込みが完了したら、内容に不備がなければWiMAXの端末と契約書類が郵送されます。

端末の付属品や契約書類については、なくさずにしっかり保管しておきましょう。

3.スマホやタブレットなどデバイスの接続設定を行う

端末が届いたら、添付されているマニュアルなどを参考にして、手持ちのスマホやタブレット・パソコンとWiMAX端末を接続設定しましょう。

端末ごとに細かい違いはありますが、多くの場合は以下の方法で接続が可能ですよ。

  1. WiMAX端末の液晶画面の操作または添付のマニュアルに記載のSSIDとパスワードを確認する
  2. スマホやタブレット、パソコン側でWi-Fiの接続設定画面を開き、①で確認したSSIDを見つけてクリック(タップ)する
  3. パスワードを手入力し、スマホやタブレット、パソコン側にてインターネットに接続できることを確認する

4.【乗り換えの場合】元のプロバイダを解約する

乗り換えして新しくプロバイダに申し込んだ場合は、元々契約していたプロバイダを解約する必要があります。

新しく契約したプロバイダで問題なく利用できることが確認できたら、元のプロバイダへ解約の申請を行いましょう。

可能であれば契約更新月に解約した方が、解約違約金が発生しないためおすすめですよ。

なおWiMAXの別のプロバイダから乗り換えた場合は、端末は基本的に買い取りで利用しているため端末の返却は必要ありません。

5.キャッシュバックなどのキャンペーンの申請をする

無事に手持ちのデバイスとの接続設定も完了したら、忘れずにキャッシュバックなどキャンペーンの申請を行いましょう。

今回はBroad WiMAXでキャッシュバックを受け取る方法の解説です。

Broad WiMAXでキャッシュバックを受け取る方法
  1. 申し込み後、開通した月の翌月5日までにキャンペーン申請のためのメールが届く
  2. メールが到着した月の末日までに、手順にそって振込先口座情報の登録を行う
  3. 最短で開通した月の半月後の月末にキャッシュバックが振り込まれる

WiMAXが開通した月の翌月5日までに届くメールを確認し、口座情報の登録を行うことで、最短で半年後にキャッシュバックが受け取れるという流れになります。

Broad WiMAXでキャッシュバックを受け取るにあたって、覚えておきたいポイントは以下のとおり。

  • キャッシュバック申請用のメールは開通した月の翌月5日までに届く
  • 送信されるメールアドレスは、申し込み時に登録したメールアドレス
  • キャッシュバックの振り込みは最短で開通した月から半年後の月末

キャッシュバックの申請は開通してすぐに行うことになりますが、実際の受け取りは半年後になる、という点を覚えておくといいですね。

とくこ
とくこ

いつごろメールが来るのか、キャッシュバックの受け取りは何時ごろになるのかスケジュールに書いて覚えておいて、受け取り時期になったら口座を確認しておくのがいいわね!

WiMAX 5Gだけじゃない!5G対応で実質無制限で使えるインターネット回線!

WiMAX 5Gについて解説してきましたが、WiMAX以外にも5Gが利用できるインターネット回線は存在します

こうた
こうた

5G通信が使えるのはWiMAXだけじゃないんだね!

この項目ではWiMAX 5G以外の5G対応インターネット回線をご紹介。

WiMAX 5Gの特徴であるデータ通信を実質無制限で使えるという点ですが、おそらくWiMAX 5Gを検討している人は実質無制限を重視したいと思うので、今回は「5G通信が可能で、かつ実質無制限で使えるインターネット回線」を選定しました。

「ホームルーター」「ポケット型Wi-Fi」「テザリング」の3種類で選定したので、利用したい環境にあった回線をチェックしてみてくださいね。

なお光回線はほとんどの場合完全無制限でデータ通信を行えますが、開通工事が必要なため今回は除外しています。

それでは5G通信が可能で、実質無制限で利用できるインターネット回線をひとつずつ紹介していきましょう。

【ホームルーター】自宅だけで利用する場合におすすめ

引用:Broad WiMAX

自宅だけでインターネット回線を利用したい場合は「ホームルーター」を検討しましょう。

ホームルーターは電源コンセントが必要ですが、開通工事も必要なくポケット型Wi-Fiと比べて室内で繋がりやすく、さらにデータ通信量が実質無制限であることが特徴です。

本記事で紹介しているWiMAX 5Gもホームルーターがありますが、ここではWiMAX以外の「ソフトバンクエアー」「ドコモ home 5G」を紹介しますね。

とくこ
とくこ

ソフトバンクエアーとドコモ home 5Gは、自宅(登録した住所)でしか使えないから注意してね!

こうた
こうた

WiMAXは電源コンセントがあれば使えるから、自宅以外でも利用できるよ!

通信速度を重視するなら「ドコモ home 5G」

引用:GMOとくとくBB

ホームルーターで通信速度を重視したいなら、下り平均実測速度が189.35Mbpsで速い「ドコモ home 5G」がおすすめです。

WiMAX 5Gと比較すると少し高額になってしまいますが、ドコモの回線ということもあり安定した高速通信が可能なためおすすめになりますよ。

引用:GMOとくとくBB

ドコモ home 5Gは名前のとおり5G通信が可能で、ホームルーター端末の最大通信速度(下り)が4.2Gbpsと性能がよく、実測通信速度からもわかるとおり快適な通信速度で利用可能です。

WiMAX 5G のホームルーターと比べても圧倒的に速い実測値なので、通信速度の速さにこだわりのある方はドコモhome 5Gを選びましょう。

また端末の同時接続台数がWiMAXの取り扱い端末だと最大40台ですが、ドコモ home 5Gは最大65台と多くのデバイスを接続できます。

さらに嬉しいポイントとして、ドコモ home 5Gは契約期間の縛りがないためいつ解約しても解約違約金が発生しません。

ドコモ home 5G
月額料金 4,950円
端末代金 39,600円
※月々サポート割引適用で実質無料
契約期間 なし
契約事務手数料 3,300円
解約金 なし
実質平均速度(下り) 189.35Mbps
主なキャンペーン ・18,000円分のAmazonギフト券プレゼント
・月々サポート割引(端末代金実質無料)
・ドコモスマホとのセット割あり
実質月額料金(2年間) 4,362円

※すべて税込価格
※実測平均速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

またドコモ home 5Gはドコモの公式ではなく「GMOとくとくBB」から申し込むのがお得でおすすめです。

引用:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBから申し込むと18,000円分のAmazonギフト券が受け取れるため、お得に利用できますよ。

引用:GMOとくとくBB

またドコモ home 5Gはドコモのスマホとのセット割が適用可能です。

ドコモ home 5Gとドコモのスマホ両方を契約することで、ドコモを利用している家族全員のスマホ料金が毎月最大1,100円(税込)割引されますよ。

なおドコモ home 5Gはデータ通信量は実質無制限ですが、以下の注意文が記載されているので覚えておくといいですね。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

引用:GMOとくとくBB

ただし明確なデータ通信量が明記されているわけではなく、口コミを調査してみても制限がかからなかった人や、制限がかかっている可能性がある人などさまざまでした。

利用料金の安さを重視するなら「ソフトバンクエアー」

引用:NEXT

利用料金の安さを重視するならホームルーターでは最安級の「ソフトバンクエアー」がおすすめです。

ソフトバンクエアーには複数の申し込み窓口がありますが、代理店NETから申し込むと最大33,000円のキャッシュバックが受けとれるうえに、SoftBank Airスタート割プラスなど月額料金割引も適用できるため実質月額料金がお得に利用できます。

引用:NEXT

またソフトバンクのスマホを利用している場合は、セット割であるおうち割 光セットを適用できるため、スマホ料金が月額最大1,100円(税込)割引になりお得ですよ。

ソフトバンクエアー
月額料金 5,368円
SoftBank Airスタート割プラス適用で1,188円割引
端末代金 月月割で実質無料
契約期間 なし
契約事務手数料 3,300円
解約金 なし
実質平均速度(下り) 56.59Mbps
主なキャンペーン ・33,000円キャッシュバック
・SoftBank Airスタート割プラス
・月月割
・あんしん乗り換えキャンペーン
・おうち割 光セット
・おうち割 光セット スタートキャンペーン
・U-25 SoftBank Air 割引
・60歳以上向け SoftBank Air 割引
実質月額料金(2年間) 3,040円

※すべて税込価格
※実測平均速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

とくこ
とくこ

ソフトバンクエアーのメリットは実質料金が安いことと、キャンペーンが豊富でお得に利用できることなのよ!

ソフトバンクエアーは基本情報でも記載したとおり、豊富なキャンペーンを適用できます

ソフトバンクエアーの開催キャンペーン
  • 33,000円キャッシュバック
  • SoftBank Airスタート割プラス
    月額料金が24ヶ月間1,188円(税込)割引
  • 月月割
    端末分割支払い金額相当分が月額割引
  • あんしん乗り換えキャンペーン
    他社インターネット回線から乗り換えた際の解約違約金と撤去工事費を全額負担
  • おうち割 光セット
    ソフトバンクのスマホを利用でスマホ料金が毎月最大1,100円(税込)割引
  • おうち割 光セット スタートキャンペーン
    おうち割 光セットを新しく申し込むことで、他社ケータイ解除料相当額割引(合計10,450円割引)
  • U-25 SoftBank Air 割引
    25歳以下の場合月額基本料金が24ヶ月間2,200円(税込)割引
  • 60歳以上向け SoftBank Air 割引
    60歳以上の場合月額基本料金が24ヶ月間2,200円(税込)割引

またソフトバンクエアーもデータ通信量を実質無制限で利用できますが、以下の注意文は記載されているので注意しましょう。

ベストエフォート方式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。
ご利用地域、時間帯、回線の混雑状況や電波状況などによっては、最大通信速度が低下する場合やサービスをご利用いただけない場合があります。

引用:NEXT

【ポケット型Wi-Fi】外出先でも利用するならおすすめだが、実質無制限は少ない!

引用:楽天モバイル

外出先でもインターネット回線を利用したいなら、持ち運んで使えるポケット型Wi-Fiかテザリングを検討しましょう。

まずポケット型Wi-Fiについて紹介しますが、ポケット型Wi-Fiには実質無制限は少ないうえに、5Gにも対応しているプランとなると選択肢が少ないのが現状です。

こうた
こうた

ポケット型Wi-FiはWiMAXや、次の項目で紹介する楽天モバイル以外は、月間で利用できるデータ容量が決まっていたり、1日に利用できるデータ容量が決まっている場合がほとんどなんだよ。

そのため、実質無制限でポケット型Wi-Fiを利用したいと考えている場合は「WiMAX 5G」か「楽天モバイル」のどちらかを検討しましょう。

楽天回線エリア内なら無制限で利用できる「楽天モバイル」

楽天モバイル
引用:楽天モバイル

楽天モバイルは楽天回線エリア内であればデータ通信量が無制限で利用できます

引用:楽天モバイル

エリアが限定されてはいるものの、エリア内に住んでいる場合にはデータ通信量を気にせず利用できるためおすすめです。

こうた
こうた

楽天回線エリア外の場合はパートナー回線としてauの回線を利用できるよ。

とくこ
とくこ

パートナー回線で通信する場合は月間5GBの制限はあるんだけど、到達後も最大通信速度が1Mbpsで使い放題だから、通常のインターネット利用はできるわよ!

また楽天モバイルは利用料金が安いことも魅力のひとつで、月間データ利用量が3GB未満の場合は月額基本料金が1,078円、またどれだけ使っても3,278円(税込)で使えるためお得に利用できますよ。

楽天モバイル
引用:楽天モバイル
楽天モバイル
提供エリア 楽天回線エリア、パートナー回線エリア(au)
月額料金(1回線目の場合) 3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
無制限(楽天回線エリアのみ※1):3,278円
※1 楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題
通信速度 楽天回線エリア:高速でデータ無制限
パートナー回線エリア(国内):5GB超過後は1Mbpsで使い放題
パートナー回線エリア(海外):2GB超過後は128kbpsで使い放題
音声通話 【Rakuten Linkアプリ利用時】
国内通話無料
【OS標準の電話アプリの場合】
国内通話:30秒22円
海外通話:国内から海外へ通話する場合、国・地域別に従量課金
契約期間 縛りなし
契約事務手数料 0円
セット割 楽天ひかり
楽天ひかりの月額料金が最大1年間無料

※すべて税込価格

引用:楽天モバイル

なお楽天モバイルの利用可能エリアは上記の画像が参考になりますが、5Gに対応したエリアはまだ少ないものの、楽天回線の4Gエリアは広範囲に広がっており、データ通信量無制限で利用できるエリアは意外と広いことがわかりますね。

ただ地方ではまだ楽天の4G回線にも対応していない場合があるため、検討する際はまず最初に自分の住んでいる地域では利用できるかどうかチェックしておきましょう。

【テザリング】端末の用意が不要!気軽に使うならおすすめ

外出先でも利用できる回線としては、もうひとつ「テザリング」を使う方法があります。

テザリングは手持ちのスマートフォンをモバイルルーター代わりにする方法で、スマホで契約しているデータ容量内か、各プランの規定量内であればデータ通信が可能です。

こうた
こうた

規定のデータ容量内ってことは実質無制限で利用はできないってこと?

とくこ
とくこ

月間データ量が決まっているプランだとそうだけど、ドコモの5Gギガホプレミアのプランだとデータ量無制限で利用できるわよ!

ドコモ・ソフトバンク・au・楽天モバイルのスマホの場合、有料オプションの加入も必要なく無料でテザリングを利用可能です。

こうた
こうた

契約しているスマホがあれば利用できるから、新しく端末を用意しなくてもいいのも嬉しいポイントだね!

ドコモの5Gギガホプレミアプランだと月間データ容量に制限がないため、プランに申し込んでいるスマホがあればテザリングでモバイルルーターとしても利用できますよ。

ただしソフトバンクのみテザリングが月間30GBの上限規制があるので注意しましょう。

WiMAX 5Gについてよくある質問

ここではWiMAX 5Gについてよくある質問をまとめてみました。

それではひとつずつみていきましょう。

WiMAX 5Gはどのデバイスでも利用できるの?

5G通信を利用したい場合、デバイス側も5Gに対応している必要があるため、全てのデバイスが利用できるわけではありません。

たとえばスマートフォンの場合は、2020年3月以降に発売された機種であれば対応している機種が多いようです。

5G対応のデバイス例
  • iPhoneの場合:iPhone12以降
  • Google Pixelの場合:6以降
  • Xperiaの場合:1 II以降

ただしスマートフォンのなかでもらくらくスマートフォンなど一部機種では5Gに対応していない場合があるため注意しましょう。

5G通信を使いたい場合は、持っているスマホやタブレットが5G対応しているか事前にチェックしておくことが大切ですよ。

5G対応のWiMAXのモバイルルーターのおすすめはどれ?

5Gに対応したWiMAXのモバイルルーターのおすすめは、最新機種である「Speed Wi-Fi 5G X11」です。

ひとつ前の機種であるGalaxy 5G Mobile Wi-Fiと比較した結果は以下のとおり。

製品名 Speed Wi-Fi 5G X11 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
端末画像
発売日 2021年10月15日 2021年4月8日
メーカー NECプラットフォームズ Samsung
通信速度 下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:2.2Gbps
上り最大:183Mbps
サイズ W136×H68×D14.8mm W147×H76×D10.9mm
重量 174g 203g
同時接続台数 17台 10台

比較するとSpeed Wi-Fi 5G X11の方が下り最大通信速度も速く、同時接続台数も多いことがわかります。

機種を選ぶときには基本的に発売日が新しい方を選ぶのがおすすめですが、スペックを比較しても「Speed Wi-Fi 5G X11」の方がおすすめですよ。

5G対応のWiMAXのホームルーターのおすすめはどれ?

5Gに対応したWiMAXのホームルーターのおすすめは、最新機種である「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」です。

ひとつ前の機種であるSpeed Wi-Fi HOME 5G L11と比較したところ、同時接続台数が増えていることがわかります。

製品名 Speed Wi-Fi HOME 5G L12 Speed Wi-Fi HOME 5G L11
端末画像
発売日 2021年11月5日 2021年8月6日
メーカー NECプラットフォームズ ZTE
通信速度 下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
サイズ W101×H179×D99mm W70×H182×D124mm
重量 446g 599g
同時接続台数 42台 32台

最大通信速度は変わりませんが接続台数が増えているためおすすめですよ。

またモバイルルーターと同様に、端末を選ぶ際は基本的に最新機種を選ぶのがおすすめ。

WiMAX 5Gに速度制限はあるの?

WiMAX 5Gはデータ通信量が実質無制限で利用できます

大容量通信を行うと速度制限がかかる場合があるとの記載はありますが、3日間の制限は無くなったためほとんど気にせず利用可能です。

ただし速度制限がかかる明確なデータ通信量は公表されていないため、どれくらいの通信量を利用すると制限がかかるかわからない点には注意しましょう。

仮に速度制限がかかったとしても、WiMAX 5Gが一切繋がらないといった問題はまず起こりません。

5Gと5GHz(ギガヘルツ)は違うの?

GHzは「通信帯域」のことをいうため、5Gとは別物です。

5Gは5th Generationの略称で第5世代移動通信システムのことをいい、高速通信・大容量通信・低遅延通信・多数同時接続が可能な新しい通信技術のことをさします。

5GHzとはWi-Fiで通信を行うときに利用する通信帯域のことで、Wi-Fi通信でしか利用できません。

WiMAXの場合2.4GHzと5GHzの通信帯域が利用できますが、2.4GHzはWi-Fiルーターだけでなくプリンターなどさまざまな製品で利用されています。

一方5GHzは基本的にWiFiルーターでのみ使われているため、2.4GHzと比較すると安定していて繋がりやすいという特徴があります。

まとめると、5Gとは高速通信や大容量通信が可能な新しい通信技術のことで、5GHzとはWiFiルーターで使用される通信帯域のことです。

まとめ

WiMAX 5GはWiMAXが新しく提供しはじめた、5Gサービスが利用可能なプランのことをいいます。

従来プランと比較すると3日間の通信制限が事実上撤廃されたり、最大通信速度が速くなったりと使いやすくなりました。

またWiMAX 5Gを利用するメリットは以下のとおりで、メリットに魅力を感じた場合はもちろんですが、今後はWiMAX 5Gが主流になっていくため新規契約の場合はWiMAX 5Gプランがおすすめです。

またWiMAXは申し込み窓口として複数のプロバイダが存在しますが、WiMAX 5Gが契約可能なプロバイダ14社を比較し、おすすめできるプロバイダを3つ選定しました。

パターン別に自分にあったプロバイダを選んでみてくださいね。

なおWiMAX 5G以外にも5Gに対応したインターネット回線があります。

WiMAX 5Gだけではなくさまざまな視点でインターネット回線を検討したい場合はチェックしてみてくださいね。

WiMAX 5Gは提供が始まって日が浅いこともあり、従来プランとの違いやどのプロバイダがおすすめなのかわかりづらい点もありますが、本記事を読んで自分にあったプロバイダを選んで快適なインターネット環境を作りましょう。

情報参照元

home5G(GMOとくとくBB)
×
home5G(GMOとくとくBB)
タイトルとURLをコピーしました