既報の通り、KDDI、KDDIスマートドローン、日本航空(JAL)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ウェザーニューズ、メディセオら6社は、ドローンを活用して医薬品卸から医療機関へ医薬品を配送する実証実験を東京都あきる野市で約1カ月間実施する。

実証実験は2月1日から開始する予定だが、これに先立ち、ドローン物流の社会受容性の向上を目的として、本宿小学校(東京都日の出町)の5年生および6年生の児童を対象に、ドローンのデモフライトや、ドローンに関する知識を深める教室、トイドローンの操縦体験などが開催された。

  • ドローンについての授業を聞く児童ら

    ドローンについての授業を聞く児童ら

今回の実証は、2022年12月5日に施行された改正航空法においてドローンの「レベル4飛行(有人地帯での補助者なし目視外飛行)」が可能になったことを受けて実施するものだ。段階的な制限の解除によってドローンが実社会の中で活躍する場面は増えており、2022年度に3099憶円(予測)のドローン市場が、2027年までに7933憶円(予測)まで拡大するという試算もあるという。今後ますますドローンの活用は進むと思われる。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら