Salesforceが発表したリアルタイムCRMを実現する新たなデータプラットフォーム「Salesforce Genie」が注目を集めている。日本では、従来から提供している「Salesforce CDP(Customer Data Platform)」の名称で提供され、マーケティング領域に留まらず、Salesforce Customer 360全体を網羅し、より幅広い領域でのデータ活用を促進することになる。Dreamforce 2022で発表されたSalesforce Genieの日本での展開と、同じくDreamforce 2022で発表された自動車産業向けのAutomotive Cloudについて、セールスフォース・ジャパンに聞いた。

Salesforce Genieは、2022年9月に、3年ぶりに米サンフランシスコでリアル開催されたDreamforce 2022で発表されて以降、その動向が注目されている新たなデータプラットフォームだ。

同社最大の年次イベントであるDreamforce 2022には、全世界から4万人以上が参加するとともに、オンラインからは100万人以上が参加。日本および韓国からは、ユーザーやパートナーなど、500人以上が現地参加したという。会期中には、1000以上のセッションが行われ、様々な製品やサービスが発表されるとともに、同社がコアバリューに新たに追加したサステナビリティに関する取り組みも大きなテーマとなった。そうしたなかでも、Salesforce Genieは、Dreamforce 2022の目玉のひとつとして発表され、最も注目された内容になった。

Salesforce Genieとは

Salesforce Genieは、Salesforce Customer 360を進化させる、世界初のリアルタイムCRMを実現するデータプラットフォームと位置づけている。

同社では、「顧客とリアルタイムにつながり続けるために必要なプラットフォームになる」と、Genieを位置づける。

「もし、すべての顧客データを、信頼できる唯一の情報源にまとめることができたらどうか、その情報源がリアルタイムであったらどうか、リアルタイムのデータを特別な顧客体験に変えることができたらどうか。そうした要望に応えることができるのがSalesforce Genieになる。GenieはCustomer 360全体に、リアルタイムのパワーをもたらすことができる」と、セールスフォース・ジャパン マーケティング本部プロダクトマーケティング シニアディレクターの松尾吏氏は語る。

これまでのCustomer 360では、Salesforce が展開している独自データセンターに加えて、AWSやAzure、GCPとの連携によって構築したHyperforceの上に、トランザクションデータベースを構築し、Einstein AIによる分析、フローの自動化を行い、営業、マーケティング、カスタマサポートなどの顧客との接点に向けたアプリケーションを提供してきた。 この環境を進化させ、Hyperforce上に追加する形で、Genieによるリアルタイムのハイパースケールデータプラットフォームを構築。リアルタイムのEinstein AIによる分析、リアルタイムによるFlowによる自動化を行うことになる。これによって、営業、マーケティング、カスタマサポートの現場では、リアルタイムの情報を見ながら顧客への対応ができるようになる。

  • GenieによるリアルタイムCustomer 360

「Web、モバイル、IoTから得たアルタイムデータや履歴データなど、無限ともいえる様々なデジタルデータを蓄積し、これを顧客軸に再統合。顧客接点の場でリアルタイムのエンゲージメントを実現し、顧客体験を変えていくことができる。Genieは、これを実現するための中核的なプラットフォームになる。これまでSalesforceが提供してきたFlowやEinsteinに、Genieの活用が加わることで、リアルタイム性を重視した特別な顧客体験を実現できるようになる。これらの機能を、業界別に最適化した形で展開していくことになる」とする。

ちなみに、これまでの製品やサービスと同様に、Genieにもキャラクターが用意され、魔法のステッキを持ったうさぎが採用されている。リアルタイムデータにより、魔法のように顧客体験を進化させるという意味が込められているようだ。

リアルタイムによる新たな顧客接点の実現に向けて、戦略的パートナーシップも発表している。

Snowflakeのオープンデータを、ゼロコピーで直接利用できるようになるほか、GoogleやAmazon、Metaの広告データをリアルタイムで収集。Einstein AIに加えて、AWSのSageMakerを活用したAIとの連携も行えるようにした。さらに、AppExchangeパートナーとの連携も強化。「リアルタイムデータを軸に、ビジネスを変えていくためのパートナー連携を強化しており、エコシステムを通じて、リアルタイムCRMの拡充を進めることになる」とした。

Genieによる先行事例

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら