クラウド会計ソフトを提供するfreeeは9月20日、五反田から大崎へ拡大移転した東京本社オフィスを報道関係者向けに公開した。新オフィスは、「アートヴィレッジ大崎セントラルタワー」の18階~21階。面積は旧オフィスの約2倍(3462坪)で、ワンフロアに社員が集約するように、フロア数を8.5フロアから4フロアへと少なくした。

新オフィスのコンセプトは「社員自らが“行きたくなる"オフィス」。社内SNSで全従業員から募った216件のアイデアを基にして、社員が行きたくなるようなオフィスを構築している。早速、遊び心満載の新オフィスの様子を紹介していこう。

freeeならではの「オフィス空間」

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する