NECネッツエスアイは7月20日、同社オフィスである「日本橋イノベーションベース」(東京都日本橋)に開設した「自治体のDX推進に向けた課題解決型ショーケース」(DXショーケース)のメディア向けの見学会を開いた。

2022年6月27日に発表されたDXショーケースでは、「行政事務のデジタル化」「住民サービス向上」「安全・安心」につながる自治体向けのソリューションを見学・体験できる。

今回は見学会で体験したソリューションのうち、「災害対策室を含むBCP(事業継続計画)対策」「収納窓口の効率化」「バーチャル活用の新価値創造」のソリューションを紹介したい。

  • 「自治体のDX推進に向けた課題解決型ショーケース」では、NECネッツエスアイのオフィス内に設置された12のソリューションの見学・体験ができる

【関連記事】
≪足立区のDX戦略、行政の堅いイメージを払拭する「あだとら」とは?≫
≪NEC、行政のデジタル化支援で5領域に注力 - オファリングメニューを提供≫

タブレット1つでWeb会議室を災害対策本部へ

「災害対策室を含むBCP対策」ソリューションは、平時は会議室やオンライン研修などで利用している部屋を、有事の際に災害対策本部として転用するための各種機能を統合して提供するものだ。

同ソリューションではタブレットで操作する映像表示システムを利用して、地理情報や気象情報、ニュース番組といった災害時に求められる各種情報源のほか、現場でスマートフォンやタブレット端末で撮影した映像をモニターやサイネージ、プロジェクターにリアルタイムで映し出すことができる。自治体の災害対策やBCPの担当者は、同システムを活用して得られた情報を災害時対応の検討などに役立てられる。

  • 映像表示システムを用いた「災害対策室を含むBCP対策」ソリューションのデモンストレーション

    映像表示システムを用いた「災害対策室を含むBCP対策」ソリューションのデモンストレーション

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら