大興電子通信は1月24日、同社が提供するスマートフォンやパソコンから雇用契約ができるサービス「WEB雇用契約」に、入社手続きに必要な機能を拡充したことを発表した。

これにより、WEBによる「入社承諾書」の配付・同意機能や、「秘密保持契約書」「個人情報取り扱い同意書」「誓約書兼身元保証書」「各種申請書」などのWEB配付を実現し、紙の削減つなげるほか、脱ハンコ・サインを可能にする。

  • 同サービス 導入メリット

コスト削減や、総務人事部門と従業員間の業務の手間も削減。また、重要な書類をデータ保管することにより、コンプライアンスの強化の期待できる。

同サービスの初期費用は10万円(税別)で、利用料は1カ月あたり1万円から。同社は今後3年間で10万IDのライセンス販売を見込む。