ウィルポートは1月20日、プロロジス、東急と協業し、「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」を構築したことを発表した。同サービスは、ラストワンマイル配送(店舗などから各家庭へ荷物を届ける手段)における人手不足解消に向けて提供されるもので、東急線沿線エリアにおいて2022年2月1日から本運用を開始する。

東急線沿線エリアでの実運用をモデルケースに、各地域の配送プロバイダと連携し、サービスを全国に拡大していく予定だ。

同サービスでは、ウィルポートがシステムを整備し、プロロジスがラストワンマイル拠点の整備・運営ノウハウを提供。配送は「東急ベル」の配送スタッフが行う。

  • 「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」

システムには、ウィルポートが開発した「輸配送管理システム」が用いられる。同システムは、ドライバーの空き状況確認や配車に加えて、ドライバーの技能、研修履歴、車両整備状況などを一元管理するクラウドシステムだ。各ドライバーの配送状況をリアルタイムに把握し、配送技術を評価(配送品質の見える化)することで、適切かつタイムリーな配車と、配送品質の向上が可能となる。同システムを活用し、将来的には「個宅向け配送混載モデル」によって、ラストワンマイル圏における配送効率を向上できるという。

今後は、商品購入のチャネルの多様化やECの拡大に応じて、配送機能を強化するとともに、荷主企業の意向に応じた返品、試着など、多角的な配送付帯サービスを提供する。