政府主導の"働き方改革"のもとに、テレワークの普及が進む昨今、企業におけるITインフラ環境の整備やツールの導入は避けられないところだ。場所を問わない柔軟な働き方を実現するには、パソコンやスマホから別の端末にアクセスし、いつでもどこでも作業をすすめることのできるリモートデスクトップツールが必須となる。

なかでも1時間に3万件以上が新たにダウンロードされ、累積接続デバイス数20億台、全世界に3億3000万人のアクティブユーザーを擁する「TeamViewer」は、押しも押されもせぬナンバーワンリモートデスクトップツールだ。

ライセンスは個人利用であれば無料だが、法人の商用利用は有償で提供している。今回は、コストや取引企業数など、企業の規模やそれぞれのニーズに合わせたパッケージングの内容を紹介したい。

Teamviewerの法人向けプラン

  • 3つの料金プラン

    3つの料金プラン

プランは全部で3つ。1つ目は「ビジネス」プラン。年間利用料は6万円で、固定の1台から同時接続できるのは1本のみだが、接続先は無制限で利用可能だ。ライセンスを共有できるのは3台で、リモートする側の接続元台数も3台まで。1ライセンスあたりの月額は5,000円となる計算で、接続先が多数あるユーザーにおすすめだ。プランの単一ユーザーライセンスには、デバイス中央管理、リモート印刷、画面のブラックアウト機能なども含まれており、使用中のコンピューターからiPad/iPhone/Androidなどモバイルデバイスまでサポートしている。これらを活用して、社内のPCや顧客に対して遠隔操作でサポートしたり、Web会議を開催したりすることができるので、業務の幅も広がる。加えて、シンプルで信頼性の高いリモートアクセスやリモートコントロールに必要な主要機能を希望する個人ユーザーにも向いている。

2つ目の「プレミアム」プランは、年額10万8,000円のプラン。TeamViewerのアカウントは最大50ユーザーで、ライセンスを共有できる台数や接続元、接続先の台数も無制限。ただし、「ビジネス」プラン同様に、同時接続は1本のみに限られる。1ライセンスあたりの月額は9,000円となり、複数のユーザーで利用する場合に最適なプランだ。ライセンスには、カスタマイズ可能なモジュール、利便性の高いユーザーおよびデバイス管理、ログ記録、請求機能なども含まれている。2名以上50名以下でTeamViewerを利用する環境を得ることができたり、顧客に対してサポートする場合の接続レポート機能なども利用したりできるので、作業する場所や接続先に関して、完全な柔軟性を希望する高度なユーザーに適している。

3つ目の「コーポレート」プランは、年額22万8,000円で、最大200ユーザーにライセンスの紐づけができる。接続先・接続元の台数は無制限で、同時接続は3本から可能。2人以上の200人以下の利用環境で、同時接続数が最低3本必要な場合におすすめだ。ユーザー管理機能が充実しているため、セキュリティーを強化しながらも便利に利用できる。こちらも顧客に対してサポートしたり、接続レポート機能などを利用したりする場合に最適だ。

サポートする先の人数に合わせてプランを選ぶ

このほか、ユーザー数が数百ユーザー規模で、充実した監査機能が必要な企業は「エンプラ」プランも別途見積もりで用意されている。

プランを選ぶ際には、まずはサポートする先が何人いるかで検討するとよい。仮想デスクトップ(VDI)なしでもセキュアにリモートからBIOSで接続することができるので、VPNの代わりとしても利用できる。ただし、モバイルからデスクトップへの接続は可能だが、その逆はできないことに留意しておきたい。

TeamViewerのライセンスは、購入前に無料で7日間の試用が可能だ。希望により延長することもでき、満足できなかった場合には7日間の完全返金保証も用意されているため、まずは気軽に試してみることから始めてみてほしい。

監修:原口 豊(はらぐち・ゆたか)

大手証券会社システム部に在籍後、1998年、サテライトオフィス(旧ベイテックシステムズ)を設立。2008年、いち早くクラウドコンピューティングの可能性に注目し、サービスの提供を開始。G Suite(旧名:Google Apps)の導入やアドオンの提供で、これまで実績4万社以上。「サテライトオフィス」ブランドでTeamViewerの普及に尽力している。

サテライトオフィス


■クラウド環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダー■

さまざまなビジネスモデルに最適なソリューションパッケージを開発し、ユーザー目線に立った戦略の企画・提案を行っています。本稿で紹介するTeamViewerをはじめ、業界No.1の導入実績を持つG Suite(旧 Google Apps)やOffice 365などの提供を通じ、クラウドコンピューティングに関わるビジネスの可能性を追求しています。

●●無料活用セミナー 随時開催中!!●●

提供:サテライトオフィス

[PR]提供: サテライトオフィス