テレワークに取り組む企業が急速に増えている。在宅で仕事をしたり、喫茶店などで仕事をしたりとそのスタイルは様々だが、共通しているのは仕事道具としてノートPCを持ち歩いているということだろう。スマートフォンやタブレットでできる作業もあるが、本格的な作業には、まだまだノートPCがないと困る人は多いはずだ。

そこで今回は様々な業種・職種で働く3名のビジネスパーソンに集まっていただき、テレワークや外出先での作業に関する座談会を開催した。普段使っているノートPCへの不満点を話し合った結果、テレワークに最適なノートPCの条件が見えてきた。


イマドキの働き方

  • それぞれテレワークを実践しているという3人。左から森本さん、Hさん、平塚さん

――皆さん、本日はお集まりいただきありがとうございます。まずは自己紹介としてお仕事やお使いのPCについて教えてください。


森本さん:メーカーの管理部で経理・総務・人事に携わっています。会社から支給されたノートPCを使っています。

平塚さん:メーカーで営業を担当しています。私もノートPCは会社から支給されたものですが、たまたま先輩が使っていた良いものがあったのでそれを引き継いで使っています。

Hさん:IT系のコンサルタントです。私も仕事では会社から支給されたノートPCを使っていますね。


――皆さんノートPCなんですね。最近はテレワークも普及してきていますが、皆さんの働き方はいかがですか。


森本さん:ちょうど私の会社でもテレワークを導入したところです。管理部なのでお客さまのところに行く機会はそれほど多くなくて、テレワーク時は在宅で仕事をしていますね。オフィスでもフリーアドレスが推奨されているので、ノートPCはずっと持ち歩いています。

平塚さん:同じくテレワークを会社として導入しているので、自宅で仕事をすることが多いです。私はまだ入社して日が浅いのでお客さまの訪問はまだ多くないのですが、営業という職種柄、今後は外出が増えると思います。そうなったら喫茶店などでノートPCを使う機会も増えると思いますね。

Hさん:私は基本的にお客さまのところに常駐していて、自社の仕事をするときはオフィスに戻ったり喫茶店で仕事をしたりしていますね。常駐時もそれ以外も、基本的には常にノートPCを使います。



環境が働き方についてきていない!?


――支給されたということは自分でスペック等を選んだわけではないということですね。今お使いのノートPCに対して不満点はありますか。

森本さん:あります!

平塚さん:即答ですね(笑)。

森本さん:やっぱり重いのが不満ですね。重さが2kgはいかないくらい……たぶん、1.7kgくらいあるんですよ。テレワークだと会社に行くときも自宅に戻るときも常に持っていく必要があるので、重さはむしろテレワークしていなかったときよりも気になっています。

平塚さん:よくわかります。私もまったく同じで重さは気になります。1.3kgくらいなのでそこまで重くないのかもしれませんが、欲を言えば1gでも軽い方がいいですね。

Hさん:私は堅牢性が気になっています。今使っているノートPCの重さはそれほどではないのですが、そのせいかちょっと本体がスカスカしていて、あまり頑丈ではない印象なんです。以前、満員電車でかばんが潰されて、中に入れていたノートPCが壊れてしまった経験があるので、できるだけ堅牢性の高いものを使いたいですね。

平塚さん:バッテリーとかはどうですか? 私はすごく気になるんですが……。

森本さん:やっぱり重いのが不満ですね。重さが2kgはいかないくらい……たぶん、1.7kgくらいあるんですよ。テレワークだと会社に行くときも自宅に戻るときも常に持っていく必要があるので、重さはむしろテレワークしていなかったときよりも気になっています。

Hさん:電源アダプタを使わないと持たないんですか?

森本さん:1日は無理ですね。4~5時間で切れてしまうと思います。いっそ自宅にもうひとつ電源アダプタを買っておきたいくらいなんですけど、自腹で買うのも納得いかないし……。

Hさん:私のノートPCはそこそこ持ちが良い方だと思いますが、それでも7時間くらいかな。出張とかだと電源アダプタがないとやっぱりダメですね。

平塚さん:重さにしろバッテリーにしろ、テレワークや外出時に使用するようになってから出てきた不満ですよね。社内でしか使わないなら、そこまで不満はなかったと思います。


――その他、ノートPCに求める条件はありますか?


Hさん:私はキーボードの打ちやすさかな。今使っているノートPCはコンパクトなのはいいのですが、そのせいでちょっとキーピッチが狭くて打ちにくいです。

森本さん:さっき軽い方がいいと言っておいて何なんですが、ディスプレイのサイズは大きめだと嬉しいですね。オフィスソフトをよく使うのですが、いくつか同時にソフトを立ち上げて、片方を見ながらもう片方に入力するといった作業をするとき、ディスプレイが狭いと辛いです。オフィスにいると大きなモニタに接続して出力できるのですが、自宅ではそうもいかないので。

平塚さん:たしかに私も営業という仕事なのでパワーポイントを頻繁に使用します。ディスプレイが小さいと視認性も悪くて見落としも増えるので、ディスプレイサイズはある程度ほしいところです。



不満を言わせない性能と装備


――ノートPCについていろいろなご意見が出たところで、今回は「MousePro-NB410H」というノートPCをご紹介します。マウスコンピューターから発売されているノートPCで、14型と大画面でありながら薄くコンパクトで軽量なボディです。

平塚さん:まず、見た目が良いですね! 直線的ですっきりしてスタイリッシュです。コンパクトなのに大画面を維持しているのは、画面の縁(ベゼル)がとても狭いからなんですね。

森本さん:それにすごく軽いですね! ちょっとびっくりしました。重さは……約1.1kgですか!? 私が今使っているノートPCよりもはるかに軽いですね。いいなあこれ。

  • 14インチという大画面ながら重量約1.1kgという軽量ボディ

Hさん:本体は決して大きくないのですが、そのわりにキーボードはかなり打ちやすいですね。それから薄いのは好印象です。私が使っているノートPCはDVDドライブがついているせいか、かなり厚くてかばんに入れづらいんです。ケースを使っているのでさらに厚みが増して、すごく気になっていました。

  • キーピッチやストロークも十分で確かな打ちやすさを実現したキーボード

平塚さん:DVDドライブがついていないことも薄くコンパクトな理由ですね。でも、たしかに最近DVDドライブってぜんぜん使いませんよね。

森本さん:めったに使わないDVDドライブなら外付けでいいですよね。その分、本体が薄くなるほうが絶対にいい!


――先ほどみなさんが重要視されていたバッテリー駆動時間ですが、約25時間となっています。

平塚さん:今使っているノートPCより圧倒的に長いです!

Hさん:それだけ持つなら一泊二日程度の出張では電源アダプタも必要なさそうですね。さらに荷物が軽くできそうです。


――もし電源アダプタが必要だとしても、そのアダプタ自体の大きさもコンパクトです。


森本さん:本当だ! 電源アダプタってこんなに小さくできるんですね。

平塚さん:これなら持ち運んでも苦になりませんね。

  • 厚さ約16.9mmという薄型のACアダプタ。持ち運び時にも嬉しい

Hさん:堅牢性はどうなんでしょう?


――防塵防滴かつアメリカ軍のMIL規格に準拠しているので、非常に堅牢性は高いです。


Hさん:良いですね! 一度ノートPCを壊した私としてはそこがすごく気になる点でした(笑)。安心して使えますね。

  • 米国防総省が制定するMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠した過酷なテストを実施。「衝撃・運送時落下」、「粉塵」、「温度変化」、「塩水噴霧」など10項目をクリアしている

森本さん:あれっ! このノートPC、ディスプレイが180度倒れますよ!

平塚さん:本当ですね! すごい!

Hさん:どういう用途に使えるんでしょう?

森本さん:個人的な使い方なんですけど、オフィスでもっと大きなモニタに接続するとき、ノートPCとデュアルにするのではなく、ミラーリングしてノートPCの方は見ずに使っているんです。ただ、今使っているノートPCだと画面がこんなふうに180度は倒れないので、ディスプレイが結構邪魔になるんですよ。その点、この倒れるディスプレイなら大きなモニタの下側にスッと収納して、キーボードだけにして使えますね。

  • 180度の開閉が可能な液晶。作業スペースの狭いフリーアドレスのオフィスや外出時でも最適な角度に調整できるほか、商談や対面接客などで画面を共有する際にも便利

平塚さん:なるほど! たしかに大きなモニタに接続するなら、ノートPCのディスプレイは倒れてくれたほうがいいですよね。

Hさん:向かい合った状態で真上からのぞきこめますから、打ち合わせやプレゼンでも使い勝手が良さそうですね。

森本さん:そうですね。いろいろな使い方ができそうです。

平塚さん:ちなみに価格はどれくらいなんでしょう?


――Core i5と8GBのメモリを搭載した標準構成で約11万円です。メモリやストレージはカスタマイズもできます。


森本さん:安いですね!

Hさん:本当ですね。安いとスペックが低いのではと疑ってしまいますが、そんなこともなくとてもコスパの良いノートPCですね。驚きました。


――ここまで実際にご覧いただいたり触っていただいたりしましたが、MousePro-NB410Hの印象はいかがでしたか?


Hさん:とても良いと思いました。軽量で頑丈、キーボードも打ちやすい。使っていてストレスがなく、テレワークに求める条件を過不足なく満たしてくれています。

森本さん:機能面やデザインも良いのですが、なんといっても軽いのが最高に良いです! もうそれだけでMousePro-NB410Hに替えたいです(笑)。

平塚さん:バッテリー駆動時間が長いので、営業の外回りで力を発揮してくれそうだと思いました。コストパフォーマンスも優れていますし、テレワークには最高の一台なんじゃないでしょうか。

***

大画面ながらコンパクトかつ軽量なボディ、高い堅牢性、圧倒的なバッテリー持続時間、快適なキーボードなど、テレワークに必要な要素がすべて詰まっているとして大好評だったMousePro-NB410H。ビジネスパーソンにとってまさに必携の一台と言えそうだ。

▼MousePro-NB410H 標準スペック

メーカー マウスコンピューター
モデル名 MousePro-NB410H
ディスプレイ 14.0型 フルHDノングレア(LEDバックライト)
CPU インテル Core i5-10210Uプロセッサー
メモリ 8GB PC4-21300 DDR4 SODIMM
M.2 SSD 256GB(SATA)
チップセット -
光学ドライブ -
グラフィックス インテル UHD グラフィックス
OS Windows 10 Pro 64ビット
LAN インテル Wi-Fi 6 AX200(最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵無線LAN
インタフェース USB 3.1×2(Type-A / 左側面×1、Type-C / 左側面×1 ※ディスプレイ出力と共用)、USB 3.0×1(右側面)
サイズ W322×H218.2×D16.9mm(折りたたみ時 / 突起部含まず)
重量 約1.10kg
価格 109,800円~(税別)

[PR]提供:マウスコンピューター