Works Mobile連載企画

第1回:LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」とは?
第2回:LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」の各機能に迫る - チャット・無料通話編
第3回:LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」の各機能に迫る - カレンダー・メール・ストレージ・チームルームノート編
第4回:ビジネス版LINE「Works Mobile」が引き起こすメールからチャットへのパラダイムシフト(前編) - 販売パートナーのサテライトオフィスに聞く
第5回:ビジネス版LINE「Works Mobile」が引き起こすメールからチャットへのパラダイムシフト(後編) - アドオンを提供するサテライトオフィスの取り組み
第6回:LINEとつながる唯一のビジネスチャットツール「LINE WORKS」の魅力を探る
第7回:トーク機能の使い勝手は? LINEとつながる唯一のビジネスチャットツール「LINE WORKS」をチェック!

サテライトオフィス ソリューション事業部 プロジェクトマネ-ジャー 岡 裕明氏

LINEの兄弟会社であるワークスモバイルジャパンが提供する法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」。LINEのインターフェイスを踏襲し、"ビジネス版LINE"とも呼ばれる同ツールは、メールからメッセンジャーへ、PCからモバイルへというビジネスにおけるパラダイムシフトを加速させている。

Works Mobileの認定パートナーであるサテライトオフィスは、2016年1月の正式提供以前から先行してWorks Mobileの販売を手がけ、すでに数十社への導入実績を持つ。前編に引き続き、今回は同社 ソリューション事業部 プロジェクトマネ-ジャー 岡 裕明氏に、Works Mobileのアドオン提供をはじめとする同社ならではの取り組みについて詳しく聞いた。

シングルサインオン・組織情報連携ツールのアドオンを提供

インターネットソリューションベンダーであるサテライトオフィスでは、各種グループウェアのアドオン開発も行っており、Works Mobileのアドオン提供も手がけている。2016年1月のWorks Mobile正式提供のタイミングに合わせて提供開始したのが、シングルサインオンおよび組織情報連携ツールという2種類のアドオンだ。

シングルサインオン for Works Mobileの全体イメージ

同社の岡氏は、これら2種類のアドオンについて次のように説明する。「シングルサインオンは、Works Mobileを他サービスのIDでログイン可能にする機能です。たとえば、メールやカレンダーなどでGoogle AppsやOffice 365といった他のグループウェアを使っている企業にとって有用で、これらのサービスにログインしていれば、Works Mobileで自動的にログインできるようになります」。

シングルサインオンのモバイル版ログイン画面

「また、組織情報連携ツールは、Works Mobileには、CSVやExcelを使ったユーザーや組織情報の一括登録機能はあるが、企業が既に運用している既存システムからこれら情報を一括で登録する機能がないため、提供しました。企業のユーザーマスターのシステムと連携して、ユーザー・組織情報を一括で既存システムからWorks Mobileにアップロードすることが可能です」。これらのアドオンの提供により、同社はWorks Mobileの利便性の向上を図っている。

シングルサインオンの管理画面

さらに、同社では年内を目処に新たに2種類のアドオンの提供を予定しているという。岡氏は「Works Mobileの導入先企業からの要望がとくに多く、提供を予定しているのが安否確認機能です。これは災害時などに、Works Mobileのチャット機能であるトーク上で通知を行い、従業員がそれぞれ自身や家族の安否情報を入力することで、会社全体の安否確認をスピーディーに把握できるようにする機能です。また、Works Mobile上で業務手続きのフローを作成・運用・管理できるワークフロー機能の提供も予定しています」と語る。

そのほか、他グループウェアからのデータ移行に最適なドキュメント管理機能、タイムカード機能など、Google AppsやOffice 365で提供している各種アドオンもWorks Mobile向けに順次提供予定だとする。また、現在は同社がWorks Mobileのライセンスを販売している企業のみにアドオンの提供を行っているが、今後はアドオンの単独販売も行っていくという。

サテライトオフィスが語るWorks Mobileへの期待と要望

岡氏は、Works Mobileの可能性について次のように語る。「現状でも、社内のコミュニケーションのほとんどは、メールからチャットに置き換えることができるのではないかと思います。チャットの場合、流れてしまいやすいというデメリットがありましたが、7月にチャット機能に追加されたチームルームノートにより、重要な情報をノートに投稿して残すことが可能になりました。今後も、さらなる機能追加に期待しています」。

その上で、導入先企業からとくに要望が多いのが次のような機能だという。「最も要望が多いのが、LINEとの接続により、Works MobileアカウントとLINEアカウントとの間でチャットを可能にするという機能です。これが実現すれば、他社の担当者とチャットしたり、採用時に学生にLINEを通じて連絡することが可能になり、さらに便利になるはずです。また、現在は標準の9セット432種類のスタンプしか使えませんが、自社で制作したスタンプを使いたいという要望も出ています。さまざまなスタンプが使えるようになれば、文字を入力することなく、スタンプだけで業務連絡ができるようになるでしょう」。

また、岡氏は「開発系のベンダーである当社としては、さらに多くのAPIを提供していただくことで、さまざまなツールと連携するアドオンが開発できるようになると考えています。そのほか、細かいところでは、複数人のビデオ通話が可能になれば、ビデオ会議にも利用でき、活用の幅が広がると思います」と語る。

なお、サテライトオフィスでは、正式版提供当初に開催していたWorks Mobileの活用セミナーを年末にかけて再始動する予定だ。Works Mobileの特徴や使い勝手、管理機能などについて詳しく知りたい方は、ぜひ今後の情報をチェックしていただきたい。

Works Mobile連載企画

第1回:LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」とは?
第2回:LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」の各機能に迫る - チャット・無料通話編
第3回:LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」の各機能に迫る - カレンダー・メール・ストレージ・チームルームノート編
第4回:ビジネス版LINE「Works Mobile」が引き起こすメールからチャットへのパラダイムシフト(前編) - 販売パートナーのサテライトオフィスに聞く
第5回:ビジネス版LINE「Works Mobile」が引き起こすメールからチャットへのパラダイムシフト(後編) - アドオンを提供するサテライトオフィスの取り組み
第6回:LINEとつながる唯一のビジネスチャットツール「LINE WORKS」の魅力を探る
第7回:トーク機能の使い勝手は? LINEとつながる唯一のビジネスチャットツール「LINE WORKS」をチェック!


サテライトオフィス


■クラウド環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダー■

さまざまなビジネスモデルに最適なソリューションパッケージを開発し、ユーザー目線に立った戦略の企画・提案を行っています。業界No.1の導入実績を持つGoogle Appsをはじめ、Office365、Works Mobileなど、クラウドコンピューティングに関わるビジネスの可能性を追求しています。
●●無料活用セミナー 随時開催中!!●●

提供:サテライトオフィス

(マイナビニュース広告企画:提供 サテライトオフィス)