マイナビニュースマイナビ

仮想化の解説/事例記事

仮想化の解説/事例記事

ピックアップ記事

DaaS市場8年連続No.1(*)の企業が明かす│Azure Virtual Desktopで構築する次世代の業務環境

【特別企画】DaaS市場8年連続No.1(*)の企業が明かす│Azure Virtual Desktopで構築する次世代の業務環境

働く環境が多様化するなかにあってもセキュリティが確保できる業務環境は、どうすれば構築できるのか。VDI技術を活用したビジネスを10年以上展開する日鉄ソリューションズは、この問いに対する最適解の1つとして、マイクロソフト「Azure Virtual Desktop(AVD)」の活用を挙げている。企業の業務環境構築を長年支援してきた同社は、AVDが備えるどんな点を評価し、どのようなソリューションを提供しているのか。

仮想化 新着情報

DaaS市場8年連続No.1(*)の企業が明かす│Azure Virtual Desktopで構築する次世代の業務環境

【特別企画】DaaS市場8年連続No.1(*)の企業が明かす│Azure Virtual Desktopで構築する次世代の業務環境

働く環境が多様化するなかにあってもセキュリティが確保できる業務環境は、どうすれば構築できるのか。VDI技術を活用したビジネスを10年以上展開する日鉄ソリューションズは、この問いに対する最適解の1つとして、マイクロソフト「Azure Virtual Desktop(AVD)」の活用を挙げている。企業の業務環境構築を長年支援してきた同社は、AVDが備えるどんな点を評価し、どのようなソリューションを提供しているのか。

富士通が自動車メーカー向けにモビリティデータを仮想的に統合管理する基盤を発表

富士通が自動車メーカー向けにモビリティデータを仮想的に統合管理する基盤を発表

富士通は4月15日、オンラインで記者説明会を開催し、コネクテッドカーやスマートフォン、タブレットなどのモビリティデバイス上の情報を仮想的に統合管理する基盤「FUJITSU Future Mobility Accelerator Digital Twin Collector」(Digital Twin Collector、デジタルツインコレクター)を開発し、自動車メーカーや損害保険会社などに向けて同22日から販売開始すると明らかにした。

「学校情報化優良校」に選ばれる日本体育大学荏原高等学校は、どのようにして教育システムを安定的に提供しているのか?

【特別企画】「学校情報化優良校」に選ばれる日本体育大学荏原高等学校は、どのようにして教育システムを安定的に提供しているのか?

教育へのICT活用にあたっては、安定して教育システムを提供できる環境づくりが求められる。万が一のトラブルでシステムがダウンする場合、ダウンタイムの間、教育サービスそのものが停止してしまうからだ。ICTを積極的に教育へ活用していることで知られる日本体育大学荏原高等学校はどのような環境の下、教育システムを含むICTサービスを安定的に提供しているのか。

セキュアで生産性を高めるリモートワークの導入に向けた課題とは?

【特別企画】セキュアで生産性を高めるリモートワークの導入に向けた課題とは?

IDCが2020年に実施した調査では、現在リモートワークを導入している日本企業の61%が、自社の全従業員がリモートワークを活用して勤務できる対象であると回答をした。逆にいうとこれは、全体の39%が限定的な導入にとどまっているということだ。本稿ではIDCの調査結果をもとに、リモートワーク導入の課題と解決策を説明したい。

コロナ影響でVDIの導入傾向は変わったのか? IIJがVDI利用状況に関する調査レポートを公開

【特別企画】コロナ影響でVDIの導入傾向は変わったのか? IIJがVDI利用状況に関する調査レポートを公開

新型コロナウイルス感染症への対応でテレワークの歩みは全国的に広がった。コスト課題も、クラウドでVDIを提供するDaaSの登場で解消されつつある。VDIに関わる企業の取り組み状況は、この1年で大きく変わったと言えるだろう。企業の "VDI導入のいま" を探るべく、インターネットイニシアティブは2020年8月、情報システム管理者と利用者の双方を対象にして、VDIに対する意識調査を実施した。

記事ランキング

【特別企画】DaaS市場8年連続No.1(*)の企業が明かす│Azure Virtual Desktopで構築する次世代の業務環境

【特別企画】DaaS市場8年連続No.1(*)の企業が明かす│Azure Virtual Desktopで構築する次世代の業務環境

働く環境が多様化するなかにあってもセキュリティが確保できる業務環境は、どうすれば構築できるのか。VDI技術を活用したビジネスを10年以上展開する日鉄ソリューションズは、この問いに対する最適解の1つとして、マイクロソフト「Azure Virtual Desktop(AVD)」の活用を挙げている。企業の業務環境構築を長年支援してきた同社は、AVDが備えるどんな点を評価し、どのようなソリューションを提供しているのか。

富士通が自動車メーカー向けにモビリティデータを仮想的に統合管理する基盤を発表

富士通が自動車メーカー向けにモビリティデータを仮想的に統合管理する基盤を発表

富士通は4月15日、オンラインで記者説明会を開催し、コネクテッドカーやスマートフォン、タブレットなどのモビリティデバイス上の情報を仮想的に統合管理する基盤「FUJITSU Future Mobility Accelerator Digital Twin Collector」(Digital Twin Collector、デジタルツインコレクター)を開発し、自動車メーカーや損害保険会社などに向けて同22日から販売開始すると明らかにした。

【特別企画】中堅企業の「ひとり情シス」事情と仮想化で解決するIT人材の不足

【特別企画】中堅企業の「ひとり情シス」事情と仮想化で解決するIT人材の不足

中堅企業では情報システムの担当者が1名以下の「ひとり情シス」体制が多い。デルが実施した調査では、ひとり情シス体制の企業は中堅企業の31%に及ぶという。本調査の分析と、ひとり情シス事情について、デルとヴイエムウェアに話をうかがった。

4
【特別企画】セキュアで生産性を高めるリモートワークの導入に向けた課題とは?

【特別企画】セキュアで生産性を高めるリモートワークの導入に向けた課題とは?

IDCが2020年に実施した調査では、現在リモートワークを導入している日本企業の61%が、自社の全従業員がリモートワークを活用して勤務できる対象であると回答をした。逆にいうとこれは、全体の39%が限定的な導入にとどまっているということだ。本稿ではIDCの調査結果をもとに、リモートワーク導入の課題と解決策を説明したい。

IDCが2020年に実施した調査では、現在リモートワークを導入している日本企業の61%が、自社の全従業員がリモートワークを活用して勤務できる対象であると回答をした。逆にいうとこれは、全体の39%が限定的な導入にとどまっているということだ。本稿ではIDCの調査結果をもとに、リモートワーク導入の課題と解決策を説明したい。

5
【特別企画】複雑化する仮想化基盤の運用管理。簡略化の鍵は、「可視化」と「ワンストップ」

【特別企画】複雑化する仮想化基盤の運用管理。簡略化の鍵は、「可視化」と「ワンストップ」

仮想化基盤で稼動させる仮想マシン(VM)の数が増えるほど、個々のVMの管理は難しくなる。リソース競合が発生する場合にはサービス間の優先度を踏まえながらリソースをコントロールしなくてはならないし、もしもVMに問題が生じた場合、物理環境の場合とくらべて遥かに複雑なプロセスで原因特定を行わねばならない。仮想化基盤の運用管理はどうすれば簡略化できるのだろうか。

仮想化基盤で稼動させる仮想マシン(VM)の数が増えるほど、個々のVMの管理は難しくなる。リソース競合が発生する場合にはサービス間の優先度を踏まえながらリソースをコントロールしなくてはならないし、もしもVMに問題が生じた場合、物理環境の場合とくらべて遥かに複雑なプロセスで原因特定を行わねばならない。仮想化基盤の運用管理はどうすれば簡略化できるのだろうか。

記事ランキング

【特別企画】DaaS市場8年連続No.1(*)の企業が明かす│Azure Virtual Desktopで構築する次世代の業務環境

働く環境が多様化するなかにあってもセキュリティが確保できる業務環境は、どうすれば構築できるのか。VDI技術を活用したビジネスを10年以上展開する日鉄ソリューションズは、この問いに対する最適解の1つとして、マイクロソフト「Azure Virtual Desktop(AVD)」の活用を挙げている。企業の業務環境構築を長年支援してきた同社は、AVDが備えるどんな点を評価し、どのようなソリューションを提供しているのか。

富士通が自動車メーカー向けにモビリティデータを仮想的に統合管理する基盤を発表

富士通は4月15日、オンラインで記者説明会を開催し、コネクテッドカーやスマートフォン、タブレットなどのモビリティデバイス上の情報を仮想的に統合管理する基盤「FUJITSU Future Mobility Accelerator Digital Twin Collector」(Digital Twin Collector、デジタルツインコレクター)を開発し、自動車メーカーや損害保険会社などに向けて同22日から販売開始すると明らかにした。

【特別企画】中堅企業の「ひとり情シス」事情と仮想化で解決するIT人材の不足

中堅企業では情報システムの担当者が1名以下の「ひとり情シス」体制が多い。デルが実施した調査では、ひとり情シス体制の企業は中堅企業の31%に及ぶという。本調査の分析と、ひとり情シス事情について、デルとヴイエムウェアに話をうかがった。

【特別企画】セキュアで生産性を高めるリモートワークの導入に向けた課題とは?

IDCが2020年に実施した調査では、現在リモートワークを導入している日本企業の61%が、自社の全従業員がリモートワークを活用して勤務できる対象であると回答をした。逆にいうとこれは、全体の39%が限定的な導入にとどまっているということだ。本稿ではIDCの調査結果をもとに、リモートワーク導入の課題と解決策を説明したい。

【特別企画】複雑化する仮想化基盤の運用管理。簡略化の鍵は、「可視化」と「ワンストップ」

仮想化基盤で稼動させる仮想マシン(VM)の数が増えるほど、個々のVMの管理は難しくなる。リソース競合が発生する場合にはサービス間の優先度を踏まえながらリソースをコントロールしなくてはならないし、もしもVMに問題が生じた場合、物理環境の場合とくらべて遥かに複雑なプロセスで原因特定を行わねばならない。仮想化基盤の運用管理はどうすれば簡略化できるのだろうか。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る