仮想化の解説/事例記事

仮想化の解説/事例記事

ピックアップ記事

VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

【特別企画】VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

仮想化 新着情報

VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

【特別企画】VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

開発元を動かした! ICカード認証をVDIに持ち込んだアズムの新ソリューション

開発元を動かした! ICカード認証をVDIに持ち込んだアズムの新ソリューション

アズムは、PCoIPをベースとした仮想デスクトップソリューション「AZ Desktop Cloud Platform」の提供を開始すると発表した。ICカードを用いたユーザー認証に対応した点が大きな特徴。旧サン・マイクロシステムズのシンクライアント「Sun Ray」で好評だった機能をPCoIPの世界に持ち込んでいる。

SDSが速いなんて!? 安価で高速なI/Oを実現するDRBDを簡単に導入

【特別企画】SDSが速いなんて!? 安価で高速なI/Oを実現するDRBDを簡単に導入

本稿ではSDSの導入に悩む担当者へ向け、オープンソースの分散データ管理ソフトウェア「DRBD」の導入サポートを行うサードウェアの資料を紹介する。サードウェアは導入支援やコンサルティング、教育サービスまで総合的にサポートしており、DRBDにはじめて触れる担当者でも問題なく導入まで進めることができる。

API管理「3scale」を来年にも国内本格提供! レッドハット、2017年の展望発表

API管理「3scale」を来年にも国内本格提供! レッドハット、2017年の展望発表

レッドハットは12月22日、2016年の振り返りと2017年の展望を紹介する年末記者発表会を開催。日本マイクロソフトとの共同プログラム「Red Hat on Azure Partner Network」の展開、OpenShiftパートナープログラムの新設、今年6月に買収したAPI管理プラットフォーム「3scale」の国内提供開始などを明かした。

プロバイダ必見! 効果的な投資で充実のサービスメニューを実現

【特別企画】プロバイダ必見! 効果的な投資で充実のサービスメニューを実現

本稿ではアレイ・ネットワークスのマルチテナント型アプライアンス製品を紹介。この製品の大きな特長は、各仮想アプライアンス専用に、本体に搭載された専用ハードウェアリソースを割り当てられるようになっていることだ。これにより性能保証と迅速かつ適切なリソースの配分という二つの命題が達成できる。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

【特別企画】VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

【特別企画】インフラ担当者必見! VDI導入時に考慮すべき20の設計ポイント

【特別企画】インフラ担当者必見! VDI導入時に考慮すべき20の設計ポイント

ユーザーの利便性や管理の容易さ、セキュリティ上の利点などが認知され、ここ数年、仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)の導入が進んでいる。各調査会社によると、国内VDI市場は毎年10~20%で拡大中。本稿をご覧の方の中にも導入を検討している方がいらっしゃるのではないだろうか。

【特別企画】仮想化のデータを「見える化」する - インフラ管理者が苦しむポイントを解説

【特別企画】仮想化のデータを「見える化」する - インフラ管理者が苦しむポイントを解説

仮想化技術におけるストレージとサーバとのやり取りを見える化する事でユーザビリティを底上げする。リソースの有効活用を実現する技術として広く普及した「仮想化」。管理ソフトウェアも日々進化しており、仮想マシンの動作状況は、より詳しく、よりわかりやすく把握できるようになっている。その要因についてまとめた。

4
コンテナ活用を定着させる! レッドハット、2017年度事業方針を発表

コンテナ活用を定着させる! レッドハット、2017年度事業方針を発表

レッドハットは4月20日、2017年度(2016年3月~2017年2月)の事業方針説明会を開催した。説明会には昨年11月に代表取締役社長に就任した望月 弘一氏が登壇。2017年度を「2025年に向けたビジネス基盤の基礎を築く年」と位置づけて重点施策を発表した。

レッドハットは4月20日、2017年度(2016年3月~2017年2月)の事業方針説明会を開催した。説明会には昨年11月に代表取締役社長に就任した望月 弘一氏が登壇。2017年度を「2025年に向けたビジネス基盤の基礎を築く年」と位置づけて重点施策を発表した。

5
OpenStackコミット実績は世界6位 - NEC Cloud System OSS構築モデルの新版発表

OpenStackコミット実績は世界6位 - NEC Cloud System OSS構築モデルの新版発表

日本電気(NEC)は6月2日、クラウド基盤構築・運用支援ソリューション「NEC Cloud System(OSS構築モデル)」に関して、マルチデータセンター機能などを強化した2ndリリースの提供を開始したと発表した。

日本電気(NEC)は6月2日、クラウド基盤構築・運用支援ソリューション「NEC Cloud System(OSS構築モデル)」に関して、マルチデータセンター機能などを強化した2ndリリースの提供を開始したと発表した。

記事ランキング

【特別企画】VMwareのエキスパートが伝授! データの可用性を実現するベスト・プラクティス10選

仮想マシン(VM)をバックアップするのは簡単に思えるが、実際は思っているよりも難しい。物理サーバーの場合は非常にシンプルで、エージェントをサーバーにインストールして、バックアップ・スケジュールに追加するだけ。ただし、VMを効率よくバックアップするには、仮想環境専用に設計された手法と機能を使用する必要がある。

【特別企画】インフラ担当者必見! VDI導入時に考慮すべき20の設計ポイント

ユーザーの利便性や管理の容易さ、セキュリティ上の利点などが認知され、ここ数年、仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)の導入が進んでいる。各調査会社によると、国内VDI市場は毎年10~20%で拡大中。本稿をご覧の方の中にも導入を検討している方がいらっしゃるのではないだろうか。

【特別企画】仮想化のデータを「見える化」する - インフラ管理者が苦しむポイントを解説

仮想化技術におけるストレージとサーバとのやり取りを見える化する事でユーザビリティを底上げする。リソースの有効活用を実現する技術として広く普及した「仮想化」。管理ソフトウェアも日々進化しており、仮想マシンの動作状況は、より詳しく、よりわかりやすく把握できるようになっている。その要因についてまとめた。

コンテナ活用を定着させる! レッドハット、2017年度事業方針を発表

レッドハットは4月20日、2017年度(2016年3月~2017年2月)の事業方針説明会を開催した。説明会には昨年11月に代表取締役社長に就任した望月 弘一氏が登壇。2017年度を「2025年に向けたビジネス基盤の基礎を築く年」と位置づけて重点施策を発表した。

OpenStackコミット実績は世界6位 - NEC Cloud System OSS構築モデルの新版発表

日本電気(NEC)は6月2日、クラウド基盤構築・運用支援ソリューション「NEC Cloud System(OSS構築モデル)」に関して、マルチデータセンター機能などを強化した2ndリリースの提供を開始したと発表した。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る