マイナビニュースマイナビ

「アプリ開発プラットフォーム」関連記事一覧

316 件中 1~20件目を表示中

地方中小企業のDXを支援するサイボウズ×地銀の取り組み

地方中小企業のDXを支援するサイボウズ×地銀の取り組み

サイボウズは5月28日、オンラインで「これからの地銀が目指す『真のリレーションシップバンキング』とは? kintone×地銀×中小企業が実現する地方DX~kintoneと地銀による地域経済のDX最前線レポート~」と題したメディアセミナーを開催した。

クラウド

Flux2(GitOps Toolkit)を使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [21] Flux2(GitOps Toolkit)を使ってKubernetesでDevOps

「Flux2」はJenkins X、Spinnaker、ArgoCD、Tektonなどと並ぶCD(Continuous Delivery)ツールです。2021年3月10日に、CNCF(Cloud Native Computing Foundation)のIncubationプロジェクトとなったことが発表され、注目を集めています。今回は、このFlux2について解説します。

開発ソフトウェア

Terraformを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [20] Terraformを使ってKubernetesでDevOps

今回取り上げる「Terraform」は、IaC(Infurastructure as Code)を実現するOSSツールです。IaCの目的の一つは、GUIなどを使った人手操作による作業ミス発生の防止です。設定内容をコード化(GitHubなどで構成管理)した上で、コードの内容に従ってインフラを自動構築します。

開発ソフトウェア

Spinnakerを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [19] Spinnakerを使ってKubernetesでDevOps

今回紹介する「Spinnaker」は、継続的デリバリ(CD:Continuous Delivery)ツールです。もともとNetflixで開発され、その後Googleと共同開発されるようになり、2015年11月にOSSとして公開されました。

開発ソフトウェア

Spring WebFluxとは

【連載】マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門 [1] Spring WebFluxとは

昨今、マイクロサービスアーキテクチャによるアプケーション開発が注目を集めています。文字通り小さなサービスを組み合わせて1つのアプリケーションを構成するため、個々のサービスには高いリソース効率が求められます。また、サービス間通信が多く発生することから、高い処理能力も必要です。これらの条件を満たすアプリケーションをJavaで開発するためのフレームワークの一つが「Spring WebFlux」です。

開発ソフトウェア

Tektonを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [18] Tektonを使ってKubernetesでDevOps

「Tekton」は、KubernetesネイティブなCI/CDツールです。元々サーバレスツールである「Knative」のbuild-pipelineとして開発されていましたが、その後CDFのツールの一つとなっりました。OpenshiftのCI/CDツール「OpenShift Pipelines」がTektonをベースとしていることも含め、注目度の高いツールです。

開発ソフトウェア

「ArgoCD」を使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [17] 「ArgoCD」を使ってKubernetesでDevOps

今回は、KubernetesにおけるCD(Continuous Delivery)ツールの例として「ArgoCD」を紹介します。GitOpsやSingle Source of Truthの概念は、昨今のCD系のトレンドの一つなので押さえておくとよいでしょう。

開発ソフトウェア

Jenkins Xを使ってKubernetesでDevOps

【連載】Kubernetes入門 [16] Jenkins Xを使ってKubernetesでDevOps

今回取り上げる「Jenkins X」は、Kubernetesを前提としたCI/CDツールです。パイプラインによるビルドや、GitOps、環境のプレビューなどの機能を備えています。

開発ソフトウェア

CI/CDにおける潮流 - CIOpsからGitOpsへ

【連載】Kubernetes入門 [15] CI/CDにおける潮流 - CIOpsからGitOpsへ

今回は、CI/CDツールについてGitOpsやIaC(Infrastructure as Code)など、さまざまな側面から紹介することで、位置付けをより深く理解していただきます。なお、個別のCI/CD系のツールの使い方などの詳細については次回以降紹介します。

開発ソフトウェア

その他の学習用サービス - MicroK8s/k3s/Katacoda

【連載】Kubernetes入門 [14] その他の学習用サービス - MicroK8s/k3s/Katacoda

今回は、第3回で紹介できなかった以下の3つの学習用サービス「MicroK8s」「k3s」「Katacoda」を紹介します。

開発ソフトウェア

Low-Code Platformの登場

【連載】ソフトウェア開発自動化入門 [5] Low-Code Platformの登場

近年、開発自動化要素を集約したようなLow- Code Platformと呼ばれるものが登場し、従来のソフトウェア開発のスタイルを大きく変える動きが現れています。今回はLCPの機能的な特徴と、LCPがもたらすソフトウェア開発の変化にフォーカスし解説します。

開発ソフトウェア

基盤・デプロイ自動化

【連載】ソフトウェア開発自動化入門 [4] 基盤・デプロイ自動化

今回は、基盤・デプロイ自動化の発展経緯を整理し、最近のトレンドであるマイクロサービスアーキテクチャのアプリケーションのCI/CDおよびアプリケーション基盤構築の実現例を記述します。

開発ソフトウェア

Kubernetesを試す - Minikube / Docker for Mac / Play with Kubernetes classroom

【連載】Kubernetes入門 [3] Kubernetesを試す - Minikube / Docker for Mac / Play with Kubernetes classroom

Kubernetesを実際に触ってみるにあたって、「気になるのは簡単に導入できるか」「無料で試せるのか」といったことではないでしょうか? 今回は、学習用のKubernetesサービス3つの使い方を紹介します。

開発ソフトウェア

コーディングの自動化

【連載】ソフトウェア開発自動化入門 [2] コーディングの自動化

今回はソフトウェア開発の中でも「コーディング」に絞って自働化技術を説明していきます。ある程度の歴史があり、ツールも多数存在しますので、代表的なものを挙げながら解説していきましょう。

開発ソフトウェア

Dockerを触ってみる

【連載】Kubernetes入門 [2] Dockerを触ってみる

今回はコンテナをより深く理解するために、代表例であるDockerを実際に触ってみましょう。Dockerイメージを検索したり、作ってみたりした後に、リソースを割り当ててみます。

開発ソフトウェア

Swaggerだけじゃない!  OAIツールの紹介

【連載】Swagger 3.0 入門 [4] Swaggerだけじゃない! OAIツールの紹介

連載最終回となる今回は、本家Open API Initiative(OAI)が提供するSwagger関連ツールを掘り下げてご紹介します。

開発ソフトウェア

SCSK、イベント受付アプリの構築に「Platio」を採用 [事例]

SCSK、イベント受付アプリの構築に「Platio」を採用 [事例]

アステリアは11月7日、SCSKがERPパッケージ「ProActive」のユーザーカンファレンスを実施するにあたり、受付アプリの構築にアステリアのモバイルアプリ制作プラットフォーム「Platio(プラティオ)」を採用したと発表した。

開発ソフトウェア

Kubernetesとは

【連載】Kubernetes入門 [1] Kubernetesとは

マイクロサービス化が進み、より細かい単位でコンテナを起動したり、高負荷時にはより細かい単位でコンテナをスケールさせたりできます。つまりコンテナが乱立し、運用管理が困難になってきているのです。そんな中注目されているのがコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」です。

開発ソフトウェア

ヤフーの情シスが、レガシーアプリをモダン化する前にやったこと

ヤフーの情シスが、レガシーアプリをモダン化する前にやったこと

もともと内製の文化が強かったというヤフーの情報システム部門。しかしここ数年は、外部の製品も取り入れつつ、内製のシステムとうまく使い分けながら社内ITのモダン化を進めているという。

業務アプリケーション

東ロボくんでわかった日本の課題と、パーソナルAIフレームワーク - eSOL Technology Forum 2018

東ロボくんでわかった日本の課題と、パーソナルAIフレームワーク - eSOL Technology Forum 2018

国公立大学やMARCH・関関同立レベルの一部の学科に合格できるほどの学力を示したAI「東ロボくん」のプロジェクトで明らかになったのは、中高生の読解力が想像以上に低かったことだ。イーソルが発表した自動運転などに向けたAIフレームワーク「eBRAD」の概要とともに、eSOL Technology Forum 2018の基調講演の様子をご紹介する。

ソリューション

316 件中 1~20件目を表示中

316 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る