「ネットワークセキュリティ」関連記事一覧

253 件中 21~40件目を表示中

中堅企業の競争力を高める、モバイル向けに最適化されたネットワークとは

【特別企画】中堅企業の競争力を高める、モバイル向けに最適化されたネットワークとは

スマートフォン、タブレット、クラウドベースのアプリケーション、IoT (Internet of Things) などが急増したことで、仕事のあり方が変化している。この新しいモバイルファースト環境は、おおむね中堅企業にとって望ましいものだ。Forbesは、モバイルテクノロジーを採用する中堅企業は収益成長率が倍になり、モバイル対応が遅れている同業者の最高8倍の雇用を創出すると報告している。モバイルアプリ、タブレット、およびスマートフォンを利用することで、小規模企業だけで1年あたり670億ドル以上のコスト削減を実現している。実際、中堅企業の67%はビジネス目的にタブレットを使用しており、93%は従業員所有のスマートフォンを使用している。

ネットワーク機器

セキュリティ事故に直面した企業の対応に迫る! ぴあが語った「あの時」の話

セキュリティ事故に直面した企業の対応に迫る! ぴあが語った「あの時」の話

第88回IT Search+スペシャルセミナーでは、今年3月に開催した「第3回 情報セキュリティ事故対応アワード」で優秀賞を受賞したぴあの取締役社長室長 兼 広報室長 小林覚氏とCISO室長 兼 システム局専任局次長 川上誠氏が登壇。事故発生当時の対応を振り返りながら、5名の審査員らと共にディスカッションを行った。

セキュリティ

SD-WAN+αで実現するクラウド時代の次世代ネットワークインフラ

【特別企画】SD-WAN+αで実現するクラウド時代の次世代ネットワークインフラ

クラウドサービスの普及が加速度的に進み、企業は業務効率の改善やコストダウンなどを目的にこうしたサービスを積極的に採用しはじめている。しかしその半面、「期待していたメリットが十分に得られない」、もしくは「期待以下の結果を生んでいる」といったケースもよく耳にする。その原因の一つが、従来型のネットワーク環境によるものだ。

ネットワーク機器

ITインフラの複雑化を解消する「セキュアで自動化されたマルチクラウド」の条件

【特別企画】ITインフラの複雑化を解消する「セキュアで自動化されたマルチクラウド」の条件

多くの企業は、既存のインフラとクラウドを組み合わせたマルチクラウドの構築を進めているが、それがITシステムの複雑化や、運用面・コスト面の課題を招いている。シンプルで強力なマルチクラウドを構築するには、どのような要件を満たすべきだろうか。

ネットワークセキュリティ

クラウドトラフィックの負荷と多様化するサイバー攻撃に備える新時代ファイアウォール

【特別企画】クラウドトラフィックの負荷と多様化するサイバー攻撃に備える新時代ファイアウォール

Office 365などの業務効率化や生産性向上を実現するクラウドサービスはネットワーク負荷が高く、ITシステム全体のレスポンスが低下してしまうケースも珍しくない。ファイアウォールの刷新で企業ネットワークの負荷を改善できる例を紹介しよう。

ネットワークセキュリティ

工場のIoT化と新たな稼働停止リスクとは

【特別企画】工場のIoT化と新たな稼働停止リスクとは

今、IoTやIndustry4.0をはじめとした「つながる工場」が普及しはじめている。例えば、見える化による生産効率改善、設備稼働状況の傾向分析による障害予兆検知・予防保全、工場間リアルタイム情報連携による在庫・生産計画最適化、注文から生産ラインのデータ連携によるマスカスタマイゼーションなどだ。これらを実現するため、工場ではIT機器の導入やインターネット接続といったシステムの変化が起きている。一方で、これらに比例して、サイバー攻撃やコンピュータウイルス(以下、ウイルス)感染が原因となる稼働停止のリスクも拡大しているのだ。

セキュリティ

目指すは"適応型"のセキュリティ! 日本企業が解決すべき「4つの課題」

目指すは"適応型"のセキュリティ! 日本企業が解決すべき「4つの課題」

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を開催した。その3日目の講演には、NRIセキュアテクノロジーズ GRCプラットフォーム室 室長 足立道拡氏が登壇。「セキュリティ経営の最前線 ~グローバル5か国調査の結果をふまえて~」と題し、「セキュリティ経営」の必要性を訴えた。

セキュリティ

どうすればセキュリティ人材不足は解消できる? 企業が変えるべき「視点」

どうすればセキュリティ人材不足は解消できる? 企業が変えるべき「視点」

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、都内にて「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を開催した。3日目の講演には米ガートナー バイスプレジデント ジェフリー・ウィートマン氏が登壇。「セキュリティ人材の展望:2018年」と題し、セキュリティ人材不足の原因や、その解決方法などについて講演を行った。

セキュリティ

リーン・アプローチによるチーム育成で挑むセキュリティ人材不足の解消

リーン・アプローチによるチーム育成で挑むセキュリティ人材不足の解消

ガートナー ジャパンが7月24日~26日に開催した年次イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」。ここでは、3日目にバイスプレジデント兼ガートナーフェローのトム・ショルツ氏が登壇した講演「スキル不足を緩和するリーンなデジタル・セキュリティ組織を採用する」の模様をお届けする。

セキュリティ

何から始める? どう考える? ハイブリッドクラウド時代のセキュリティ対策

何から始める? どう考える? ハイブリッドクラウド時代のセキュリティ対策

ガートナー ジャパンが7月24日~26日に開催した「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」の3日目の講演では、米ガートナーのバイス プレジデント兼最上級アナリスト、ニール・マクドナルド氏が登壇。「ハイブリッド・データセンター・インフラストラクチャ向けのセキュリティ戦略とアーキテクチャ」と題し、ハイブリッドクラウドのセキュリティを概観した。

セキュリティ

サイバーセキュリティについてIT部門は経営陣に何をどう伝えるべきか?

サイバーセキュリティについてIT部門は経営陣に何をどう伝えるべきか?

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を開催した。2日目の講演に登壇した米ガートナーのリサーチ ディレクター、ロブ・マクミラン氏は「取締役会が知りたいこと」と題し、IT部門がサイバーリスクに関して取締役会に情報を提供する上での"ポイント"を紹介した。

セキュリティ

デジタル化が進む世界で必要な"次世代のIAM"を実現するには?

デジタル化が進む世界で必要な"次世代のIAM"を実現するには?

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次イベント「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を開催した。2日目には、米ガートナー バイス プレジデントのアント・アラン氏が登壇。「アイデンティティ/アクセス管理の現状:2018年」と題した講演を行った。

セキュリティ

今後のインシデント管理には高度な自動化が不可欠 - 米RSA SIEM製品担当VP

今後のインシデント管理には高度な自動化が不可欠 - 米RSA SIEM製品担当VP

RSAは2018年4月にUEBA機能を開発するFortscaleを買収し、同社が有する機能をNetWitnessのラインアップに組み込んだ。NetWitnessを統括する米RSAバイスプレジデント製品担当のマイケル・アドラー氏は、「SIEMの運用は、今後どのような企業でも必要になる。限られたセキュリティ人材で膨大なインシデントを管理するためには、自動化が不可欠だ」と語る。

セキュリティ

セキュリティ分野におけるAI活用の現状は? CISOが考えておくべきコト

セキュリティ分野におけるAI活用の現状は? CISOが考えておくべきコト

ガートナー ジャパンは7月24日~26日、年次カンファレンス「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を都内にて開催した。7月25日には、ガートナー リサーチ ディレクター、マーク・ホーヴァス氏が登壇。AIがセキュリティとリスク管理に与える影響や、CISOとしてAIに何を期待すべきかなどについて解説がなされた。

セキュリティ

リコー、ネットワーク基盤の刷新にジュニパーネットワークスの製品群を採用 [事例]

リコー、ネットワーク基盤の刷新にジュニパーネットワークスの製品群を採用 [事例]

ジュニパーネットワークスは8月9日、リコーが、グループの全国約500拠点のネットワーク基盤の再構築にあたり、ジュニパーネットワークスの製品群を採用したと発表した。

ネットワーク機器

複雑性を増すセキュリティ課題に"効く"AIとは?

複雑性を増すセキュリティ課題に"効く"AIとは?

ガートナージャパンは7月24~26日、「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」を都内にて開催した。7月25日には、Darktrace社の技術ディレクター、デイヴ・パーマー氏が登壇。「The Machine Fights Back: AIを駆使してインシデント対応を自動化」と題した講演を行った。

セキュリティ

GDPR施行! ガートナーが示す「プライバシー管理プログラムの進め方」

GDPR施行! ガートナーが示す「プライバシー管理プログラムの進め方」

2018年5月25日、GDPRが施行されたが、未だに混乱は続いている。ガートナー 主席アナリスト アヤル・ティロシュ氏は、7月24日~26日に行われた「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット 2018」における講演「GDPR:その先を見据えて:プライバシーの保護態勢における3つの通説と6つの主要機能」で、プライバシー管理プログラムのあるべき姿について語った。

セキュリティ

先進企業はどう取り組むか? サイバーセキュリティ「6つの最新トレンド」

先進企業はどう取り組むか? サイバーセキュリティ「6つの最新トレンド」

7月24日から26日にかけて行われた「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット 2018」では、ガートナー バイス プレジデント ピーター・ファーストブルック氏が登壇。「2018年のセキュリティ・トップ・トレンド」と題し、セキュリティに関する6つの主要トレンドについて解説した。

セキュリティ

見えなければ戦えない - RSAがアジアで力説した「可視化」の重要性

見えなければ戦えない - RSAがアジアで力説した「可視化」の重要性

情報セキュリティの総合カンファレンス「RSA Conference 2018 Asia Pacific & Japan」が、7月25日から3日間の日程で開幕した。本稿では、7月25日に行われた基調講演の模様をお伝えする。

セキュリティ

入口、出口、内部? 守りたい4つのポイントで選ぶ、マネージド・セキュリティ・サービス

【特別企画】入口、出口、内部? 守りたい4つのポイントで選ぶ、マネージド・セキュリティ・サービス

システムの運用や死活監視であれば、企業自身で行うことも可能だ。しかしセキュリティとなると、日々見つかる新しい脆弱性の影響判断や攻撃手法の把握ができる専門性のあるメンバーや、24時間365日システムから出されるログを監視するリソースを確保することは困難といえる。そこで注目されているのが、マネージド・セキュリティ・サービス(以下MSS)だ。

セキュリティ

253 件中 21~40件目を表示中

253 件中 21~40件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る