マイナビニュースマイナビ

「講演レポート」関連記事一覧

820 件中 41~60件目を表示中

効果の高いインフラ構築/運用の自動化を実現するには? クラウドネイティブ・トランスフォーメーションのススメ

効果の高いインフラ構築/運用の自動化を実現するには? クラウドネイティブ・トランスフォーメーションのススメ

本当に効果が得られるインフラ構築/運用の自動化を実現するには、クラウドやコンテナ技術を導入するだけでは不十分だ。全体を見通した設計力がなければ、結局は人手の作業が必要になってしまう。ZOZOテクノロジーズ ソフトウェアアーキテクト 岡大勝氏は、オンラインセミナー「先進企業から学ぶクラウド活用事例 - DXを加速! 今始める攻めと守りの自動化2.0」にて、「クラウドネイティブ」の考え方を基に大きな効果を発揮する自動化の手順について解説した。

クラウド

ヤマハ発動機とダイハツ工業の実践者が語る! 社内におけるAI人材の育成/教育の進め方

ヤマハ発動機とダイハツ工業の実践者が語る! 社内におけるAI人材の育成/教育の進め方

DataRobotは7月27日、「AI Executive Forum 2021」をオンラインにて開催した。「真の日本流DXを実現するAI人財育成 ~実践・推進者が語るDX推進の成功と失敗」と題して行われた対談では、ダイハツ工業 東京LABO 太古無限氏、ヤマハ発動機 IT本部デジタル戦略部 大西圭一氏が登壇。AI人材育成/教育の進め方や、現場を動かし、経営層を巻き込むための"勘所"などについて、実体験に基づく内容が語られた。

ソリューション

「21世紀型企業へ変革するなら今」- 大前研一氏が語る、DXを成功に導く心得

「21世紀型企業へ変革するなら今」- 大前研一氏が語る、DXを成功に導く心得

既存の業界/企業を凌駕するディスラプターに立ち向かうため、企業はDXに取り組む必要があるが、日本においてはまだまだ不十分と言える。7月14日~16日にオンライン開催された「TECH+ EXPO 2021 Summer for データ活用」に登壇したビジネス・ブレークスルー大学 学長 大前研一氏は、DXの成功事例を紹介しつつ、DXを推進し21世紀型企業へ変革していくための心構えについて解説した。

ソリューション

データ主導でイノベーションを生み出すには? - ロードマップと組織体制

データ主導でイノベーションを生み出すには? - ロードマップと組織体制

ガートナー ジャパンは7月12~13日、年次カンファレンス「ガートナー データ&アナリティクス サミット」をオンラインにて開催した。「リーダーシップとスキル」をテーマにしたトラックでは、「データ・ドリブン・イノベーションを通じてデジタル・ビジネスを加速させるには」と題し、ガートナー ジャパン バイス プレジデント/アナリスト/ガートナー フェローの藤原恒夫氏が登壇。データドリブンイノベーションがどのようにイノベーションのプロセスを加速するのかについて解説を繰り広げた。

ソリューション

より信頼性の高い判断を実現するには? - 今こそ見直すべき意思決定プロセスの在り方

より信頼性の高い判断を実現するには? - 今こそ見直すべき意思決定プロセスの在り方

ガートナー ジャパンは7月12、13日、年次カンファレンス「ガートナー データ&アナリティクス サミット」をオンラインにて開催した。本稿では、「ビジネス戦略と成果」のトラックから、ガートナー ディスティングイッシュト バイス プレジデント/アナリスト フランク・バウテンダイク氏が登壇した講演「未来のデータとアナリティクス:2025年に向けた意思決定のリエンジニアリング」の模様をレポートする。

ソリューション

成果の上がるデータ活用にするために押さえるべき注意点と組織体制

成果の上がるデータ活用にするために押さえるべき注意点と組織体制

7月12、13日にオンライン開催された「ガートナー データ&アナリティクス サミット」では、ガートナー ジャパン ディレクター/アナリストの一志達也氏が登壇。データ活用を進めていく上で留意すべき点や有益な情報を提供するための考え方、IT部門に求められる役割について解説した。

ソリューション

データ活用を推進する上で必要な「12の役割」と強化に向けた「3つのステップ」

データ活用を推進する上で必要な「12の役割」と強化に向けた「3つのステップ」

7月12、13日に開催された年次カンファレンス「ガートナー データ&アナリティクス サミット」では、「データ活用を推進する上でどのような役割を強化すべきか」と題し、ガートナー ジャパン マネージング/バイス プレジデント 堀内秀明氏が登壇。データ活用を推進する上で必須となる「12の役割」と、企業における「強化ポイントの見極め方」について語った。

ソリューション

データ活用するなら知っておくべき「セキュリティ」と「プライバシー」とは?

データ活用するなら知っておくべき「セキュリティ」と「プライバシー」とは?

7月12、13日にオンライン開催された「ガートナー データ&アナリティクス サミット」に登壇した礒田氏は、データ活用を推進する上で押さえておくべきセキュリティとプライバシーの本質について、トレンドを交えて解説した。

セキュリティ

蔦屋家電+が考えるリアル店舗の価値とは? キーワードは「セレンディピティ」

蔦屋家電+が考えるリアル店舗の価値とは? キーワードは「セレンディピティ」

小売店の数は25年間で45%減少している。特に、ここ10年で小売店を苦しめているのが「ショールーミング」という消費行動だ。EC化やスマートフォンの普及により、消費者はリアル店舗をショールームとして利用し、実際にはECサイトで購入するという傾向が強まっている。一方、アリババやAmazonなどIT企業によるリアル店舗への進出が相次いでいる。これからのリアル店舗の価値は、一体どこにあるのだろうか?

ソリューション

コープさっぽろが圧倒的な生産性向上を実現した「コミュニケーションのDX」とは?

コープさっぽろが圧倒的な生産性向上を実現した「コミュニケーションのDX」とは?

「DXはIT企業だから、新しい会社だから実現できること」「従業員数が多いなど規模の大きな組織でDXを進めるのは難しい」――こうした意見に対し、生活協同組合コープさっぽろ(以下、コープさっぽろ) CIO 長谷川秀樹氏は、「設立50年以上、従業員数1万5000人以上(パート/アルバイト職含む)、売上3000億円の流通企業であるコープさっぽろでもDXは実現できた。自分の会社でもできると思ってほしい」と力を込める。

ソリューション

建設業界がコロナ禍の影響を克服するには? 調査結果に見るDXの現状と進むべき方向性

建設業界がコロナ禍の影響を克服するには? 調査結果に見るDXの現状と進むべき方向性

オートデスクは7月6日、建設業向け特別Webセミナー「『業績回復への道:デジタル技術でCOVID-19の影響を克服するための建設業の取り組み』に関するIDCレポートから読み解くアジア太平洋地域の現状」を開催した。本稿では、オートデスクとIDCの共同調査の結果を基に、IDC Japan ITスペンディングリサーチマネージャー 敷田康氏がアジア太平洋地域の建設業界におけるCOVID-19の影響や対処、DXおよびテクノロジーの採用状況などについて解説した講演の模様をレポートする。

ソリューション

7000万人超のT会員のデータを基にしたCCCマーケティングの大規模分析システム

7000万人超のT会員のデータを基にしたCCCマーケティングの大規模分析システム

CCCマーケティングでは、7000万人を超えるTカード会員のデータを活用し、膨大で多種多様な購買/行動データを基に、専門的な知識がなくても目的に応じたマーケティング施策のターゲットとなる会員を推論する仕組みの構築を進めている。そうした大規模な分析システムが抱える課題を、同社はこれまでどのように解決してきたのだろうか。

クラウド

コロナ禍で打撃を受けたホテル業界、星野リゾートが苦境を乗り越えた策とは

コロナ禍で打撃を受けたホテル業界、星野リゾートが苦境を乗り越えた策とは

昨年、コロナ禍で多くの業界が大打撃を受けた。ホテル業界もその1つだ。苦境のなか、デジタルを活用し、新たなビジネス価値提供に活路を見出したのが星野リゾートだ。同社はいかにして変化にいち早く対応していったのか。6月22日、「ガートナー アプリケーション・イノベーション & ビジネス・ソリューション サミット」に星野リゾート 情報システムグループ グループディレクターの久本英司氏が登壇。同社が挑んだデジタル変革について語った。

ソリューション

デジタル化の遅れを取り戻せ! 目指すべき組織文化とリーダー必須のテクニック

デジタル化の遅れを取り戻せ! 目指すべき組織文化とリーダー必須のテクニック

いち早く市場の変化に対応し、ビジネスを推進する上で、デジタル化が必須であることは言うまでもない。だが、日本企業のデジタル化は、他国の企業に比べて大きく遅れを取っているのが現状だ。なぜ日本ではデジタル化が遅れてしまったのか。「ガートナー アプリケーション・イノベーション&ビジネス・ソリューション サミット 2021」に登壇したガートナー ジャパン バイスプレジデント アナリスト 藤原恒夫氏は、デジタル化が進まない背景と、デジタル化に必要な組織文化変革の方法論について語った。

ソリューション

レジなし店舗「ローソンGO」に見る、イノベーションのマネジメント方法

レジなし店舗「ローソンGO」に見る、イノベーションのマネジメント方法

2020年2月、ローソンはレジなし実証実験店舗「ローソンGO」をオープンした。同実験店は、顧客に支持されたのか。また、今後はどのような展開を考えているのか。ビジネスフォーラム事務局×TECH+フォーラム「DX Day 2021 May デジタルで経営を変革する」では、ローソン オープン・イノベーションセンター センター長 長澤拓弥氏が登壇。実証実験の結果を踏まえ、ローソンGOの狙いと戦略、同社におけるイノベーション創出に向けた考え方について説明した。

ソリューション

データサイエンティスト不在の2年半 - サノフィはいかにAIプロジェクトを成功させたのか

データサイエンティスト不在の2年半 - サノフィはいかにAIプロジェクトを成功させたのか

世界的に不足するデータサイエンティスト。パリを拠点とし、日本では医薬品の製造販売、輸入、開発を手がける製薬企業サノフィもまた、データサイエンティスト不在の企業ながら、AI関連プロジェクトを立ち上げ、順調に推進しているという。DataRobot Japanが開催した「AI Experience Virtual Conference 2021」では、サノフィ Customer Marketing&Analytics プロジェクト責任者 奈幡智朗氏と同データアナリストのLi Xin氏が登壇し、同社のAI活用事例について解説した。

ソリューション

Peppolと電子インボイスが"鍵"! 経理の働き方改革に向けた官民の取り組み

Peppolと電子インボイスが"鍵"! 経理の働き方改革に向けた官民の取り組み

経理の新しい働き方を共創する「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトは6月22日、「日本の経理をもっと自由にサミット DXで変わる日本の紙と働き方」を開催した。本稿では、プロジェクトの変遷と新たに見えてきた経理の課題について語ったROBOT PAYMENT 執行役員 フィナンシャルクラウド 事業部長 藤田豪人氏と、日本のデジタル改革について語ったデジタル改革担当大臣 平井卓也氏による基調講演の模様をレポートする。

ソリューション

ブリヂストンが挑む、タイヤ・ゴム事業の強みを活かしたソリューションビジネス

ブリヂストンが挑む、タイヤ・ゴム事業の強みを活かしたソリューションビジネス

各種モビリティのタイヤの生産/販売を手掛けるブリヂストングループ。近年では、独自のプラットフォーム「Bridgestone T&DPaaS」を活用してソリューションビジネスを展開する。同事業においては、さらなる価値を創造し事業基盤を強固なものにするためのDXに取り組んでいるという。オンライン開催された「DX Day 2021 May デジタルで経営を変革する」で登壇したブリヂストン Bridgestone T&DPaaS戦略統括部門長 高城知行氏は、同社が挑戦するソリューションビジネスについて紹介した。

ソリューション

早稲田大学 入山教授が語る「日本企業に足りていないDXの考え方」とは

早稲田大学 入山教授が語る「日本企業に足りていないDXの考え方」とは

「デジタルは目的ではなく、あくまで手段である」――早稲田大学大学院 経営管理研究科 早稲田大学ビジネススクール 教授 入山章栄氏は、経営学者として毎日のように経営者やIT企業の関係者と議論するなかで、そう感じているという。実際に、目的が明確でないままDXを推進しようとして失敗している企業は多くある。DXを成功させ、新たな価値を創造していくために日本企業が持つべき考え方とはどういったものなのか。

ソリューション

岸博幸氏が語った「イノベーションを創出する"正しい"働き方改革」とは

岸博幸氏が語った「イノベーションを創出する"正しい"働き方改革」とは

「イノベーションを生み出すためには、デジタル技術のフル活用はもちろん、業務プロセス自体を見直す必要がある」――慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授 岸博幸氏は、そう語る。4月22日に開催されたTECH+フォーラム「バックオフィス業務改革Day 2021 Apr.」で岸氏は、企業がイノベーション創出に向けて"正しい"働き方改革に取り組んでいくためのポイントについて説明した。

ソリューション

820 件中 41~60件目を表示中

820 件中 41~60件目を表示中

ページの先頭に戻る