マイナビニュースマイナビ

HPEがデータサービスプラットフォームと新ストレージを発表

[2021/05/28 13:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は5月27日、データ駆動型のサービスプラットフォーム「Data Services Cloud Console」(DSCC)と「Cloud Data Services」、新ストレージブランド「HPE Alletra」(アレットラ)をオンラインによる記者説明会で発表し、同日から販売を開始した。

今回発表した製品群の概要

今回発表した製品群の概要

ストレージのゲームチェンジャーを宣言したHPE

同社はクラウド的な運用モデルをデータが存在するあらゆる場所に適用し、データ中心の運用一元化を可能にすることで新たなデータエクスペリエンスを提供する「Unified DataOps」というビジョンを掲げ、ストレージ事業ではクラウドネイティブでソフトウェア定義のデータサービス事業へ転換している。

HPEでは「Unified DataOps」ビジョンを掲げている

HPEでは「Unified DataOps」ビジョンを掲げている

日本ヒューレット・パッカード 執行役員 コアプラットフォーム事業統括の本多昌和氏は「当社は、グローバルにおいてストレージ、あるいはデータプラットフォームでゲームチェンジャーになると宣言している。これが意味するところは、IT業界でストレージベンダーの1社としてデータ管理の常識を再定義することだ」と話す。

日本ヒューレット・パッカード 執行役員 コアプラットフォーム事業統括の本多昌和氏

同社では、エッジからクラウドまでのプラットフォームすべてをas a service化していく方針としており、日本市場では、5G/IoT、デジタルワークプレイス、データマネジメント&AI、ハイブリッドクラウドをフォーカスエリアとして位置付け、顧客のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援している。この支援に必要となるプラットフォームをas a serviceで提供することを目指している。

一方で「多くの企業がDXに取り組んでいるが、なかなか進んでいないことが実情だ。DXに必要な技術要素はデータ、クラウド、AIの3つとなるが、ストレージは20年間大きな変化がない。使用するアプリケーションや用途、保存するデータの種類などにより、使われるテクノロジーが異なることから、複数タイプのストレージを組み合わせる必要がある。そのため、常に複雑かつ専門的な知識が求められ、恒常的な障害対応に迫られおり、IT部門は変化しなければならない。ストレージを管理するというミッションから、データをいかに活用して可能性を解き放つかにかかっている」と同氏は指摘する。

しかし、開発/テスト/本番やデータ保護、分析、クラウド、オンプレミス、エッジなど、さまざまな場所で多様なテクノロジーを用いたテクノロジーが混在し、運用しなければならないということがストレージ、データ管理の実態として存在する。このような状況下では、サイロ化されたソフトウェア/ハードウェア、管理のための多くのマニュアルのオペレーションがあり、DXに挑戦したいが俊敏性やイノベーションに時間をかけられないほか、リソースの浪費につながっているという。

データ管理の実態

データ管理の実態

そこで、サイロと複雑を解消してデータ駆動型のトランスフォーメーションを加速し、データ管理の常識を再定義するものが、冒頭に説明したUnified DataOpsビジョンというわけだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「HPE GreenLake」が見据える、as a service化の世界

「HPE GreenLake」が見据える、as a service化の世界

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は3月17日、オンラインで「HPE GreenLake」の事業方針と最新動向に関する説明会を開催した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る