マイナビニュースマイナビ

エコシステムの形成に10億ドルを投資するIBMのパートナー戦略

[2021/02/18 13:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

日本IBMは2月17日、オンラインで2021年におけるパートナー事業の方針について、説明会を開催した。説明会では、日本IBM 常務執行役員 パートナー・アライアンス事業本部長の三浦美穂氏がプレゼンテーションを行った。

DXへの投資継続を追い風にパートナーとの協業を強化

まず、三浦氏は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う日本市場の変化により、今後どのようなパートナーシップが望まれているかについて触れ「デジタル化が一層加速し、調査によると国内企業の69%がDX(デジタルトランスフォーメーション)への投資を継続していく方針を示している。これまでの対面による取引からデジタルを通じて、競合や顧客を含めて協業するパートナーを探求しており、そのような中でクラウドが優先的に使われている技術であり、投資は旺盛だ」との認識を示す。

日本IBM 常務執行役員 パートナー・アライアンス事業本部長の三浦美穂氏

日本IBM 常務執行役員 パートナー・アライアンス事業本部長の三浦美穂氏

続けて「当社が選ばれるベンダーであるためには、特化した技術を顧客・パートナーに伝えるエコシステムの形成が急務であり、従来の御用聞きではなく、パートナーの強みと当社が支援できるポイントをうまく融合していくことが望ましい。IBMでもパートナーエコシステムに10億ドルを投資することを打ち出している」と述べた。

こうした市場の環境を踏まえ、パートナーとのビジネスも変化しており、従来はサーバやソフトウェアなどを再販(Sell)してもらうことがパートナーとの取引の大半だったという。しかし、最近ではビジネスエコシステムの推進に向けて「Build」「Service」「Sell」に「支援プログラム」を加えた形に刷新している。

Buidは、ISVやソリューションベンダーなどのソリューションやアセットに対して、ServiceはシステムインテグレーターやマネージドサービスプロバイダなどのSIサービス、マネージドサービス向けに同社のオープンかつハイブリッドテクノロジーを活用し、顧客への提供価値を高めるものとなり、Sellは同社製品を用いて同社のテクノロジーを顧客に提供してもらうというものだ。

ビジネスエコシステムの推進に向けた施策

ビジネスエコシステムの推進に向けた施策

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ビジネスエコシステム戦略を理解せよ! CIOとIT部門がなすべきコトは何か?

ビジネスエコシステム戦略を理解せよ! CIOとIT部門がなすべきコトは何か?

ガートナー ジャパンは3月15~16日、「エンタプライズ・アプリケーション戦略 & アプリケーション・アーキテクチャ サミット」を開催。初日のオープニング基調講演にはガートナー リサーチ バイス プレジデント デニス・ゴーハン氏が登壇し、「デジタル・プラットフォームを構築してビジネス・エコシステムに投資せよ」と題して講演した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る