マイナビニュースマイナビ

データ活用を推進する上で必要な「役割」と「強化の指針」

[2020/12/10 08:00]伊藤正子 ブックマーク ブックマーク

ビジネスにおけるデータ活用の重要性が脚光を浴びる昨今、多くの企業が積極的な取り組みを進めている。だが、期待する効果を十分に得られていない企業も少なくないのが実情だ。

ガートナー ジャパンが11月17日~19日にオンラインにて開催した年次カンファレンス「Gartner IT Symposium/Xpo 2020 in Japan」では、同社 マネージング バイス プレジデント 堀内秀明氏が登壇。データ活用を推進する「人」に着目し、データ活用に必須の役割とその強化における考え方について解説した。

データ活用において必要な「役割」

ガートナーでは、データ活用のプロセスをデータの「収集」「提供」「分析」の3つのフェーズと、「全体の統括/マネジメント」に分類し、それぞれで必要な役割を「データ活用の推進において必要な12の役割」として定義している。

セッションでは、これらの中から堀内氏が「特に理解してほしい」とする6つの役割がピックアップして解説された。

データ活用の推進で必要な12の役割/出典:ガートナー(2020年11月)

データ活用の推進で必要な12の役割/出典:ガートナー(2020年11月)

収集フェーズ - 情報スチュワード

「情報スチュワード」は、重要な情報資産の評価や改善、継続的な合目的性の確認をする。収集されたデータには欠損値やデータのブレなど、分析に適さない要素が含まれているため、それらを解消して使える状態にするのが役割だ。

「情報スチュワードはデータの入力に近いところにいることが望ましいので、ビジネスの現場や、そのマネジメントから協力を得る必要があります」(堀内氏)

データ提供フェーズ - データエンジニア、AI/ML開発者

続くデータ提供は、IT部門が大いに活躍するフェーズでもある。堀内氏曰く、ここで特に強化すべき役割は2つあるという。

1つは「データエンジニア」だ。使いたいデータがどこにあるか、そこにアクセスする最善の方法は何かといったことに精通している人材がこれにあたる。また、利用者が適切なデータにアクセスできるように、組織横断でのデータパイプラインの効率化や、データサイエンティストが分析用データを準備する際のサポート、ビジネス部門のユーザーがデータ探索を始める際のサポートなども行う。

「こうした役割をすでに担っているというITリーダーもいるかもしれません。しかし、実はシステムごとに担当が分かれていたり、片手間でやっていたりしないでしょうか。データエンジニアは、システム保守の一環ではなく、データの視点から専門的かつ横断的に立ち回れる”データの達人”のような役割なのです」

強化すべきもう1つの役割が、「人工知能(AI)や機械学習(ML)の開発者」である。各種アプリケーションへのAIモデルの組み込みや統合、デプロイのほか、モデルのトレーニング/実行のためのデータ収集、前処理などを行う。

「どういう局面でどんなAIが役に立つのかを判断しないといけないので、AI/MLの長所/短所を理解していることが必要です。ただし、AIモデル自体を開発できる必要はありません。その部分に関しては、データサイエンティストやサービスプロバイダーの力を借りれば良いのです」

分析フェーズ - データサイエンティスト、アナリスト

分析フェーズは、IT部門の支援を受けつつビジネス部門も活躍するフェーズとなる。ここで特に強化すべき役割も2つある。

1つが「データサイエンティスト」だ。データサイエンティストには、定量分析の手法で複雑なビジネス課題をモデリングし、データによる解決策を見い出すことが求められる。コンピュータサイエンスや統計学、経済学などに関する高度な知識を有し、与えられたデータの分析によって、次に取るべき最適なアクションを示すモデルを作成することが多い。

データサイエンティストの需要は高まっているが、こうしたスキルを身に付けた人材は希少であり、スキルの習得も容易ではない。そこで今、日本でも注目されているのが「市民データサイエンティスト」だ。ある程度自動でモデリングしてくれる拡張アナリティクスツールを利用することで、ビジネス部門のユーザーがデータサイエンスのタスクを自ら担う。

「ただし……」と堀内氏は言い添える。

「市民データサイエンティストがいれば十分というわけではなく、プロのデータサイエンティストと共存/協力することで、対応できるビジネス課題が格段に広がるということです」

ガートナー マネージング バイス プレジデント 堀内秀明氏

ガートナー マネージング バイス プレジデント 堀内秀明氏

分析フェーズにおいて強化すべき2つ目の役割が「アナリスト」だ。ここで言うアナリストとは、企業内の分析担当者全般を指す。ビジネスの現状をデータに基づいて分析することがその責務だ。

中でも強化すると良いアナリストは、ビジネスの可視化をする「ビジネスアナリスト」、ボトルネックを発見する「ビジネスプロセスアナリスト」、専門家とビジネス部門の橋渡しをする「アナリティクストランスレーター」だという。

堀内氏は「こうした役割は、ビジネスのあらゆる領域で力を発揮できる可能性があるが、どの領域に配置すればよいかは企業によって異なる」と説明した。

統括/マネジメント - COEリード

統括/マネジメントにおいて特に強化すべき役割は、「センターオブエクセレンス(COE:Center of Excellence)リード」である。データの収集、提供、分析の全てのフェーズに関係する統括マネジメントを担い、横断的な経験やノウハウ、スキルなどの集約を推進することが期待される。

COEには、パフォーマンスの測定や新規プロジェクト/セルフサービスへの教育、標準ツールの確率、信頼できるデータの所在の把握、組織文化の醸成と多岐にわたるミッションがあり、ここまでに紹介してきた全ての役割の人材が所属する可能性がある。

「どういうメンバーでどういう組織体制にすればよいかは、企業や組織の状況によって変わります。組織のデータリテラシーの底上げを行うために、優先したいポイントを見極めて各社の状況に応じたCOEを立ち上げるというアプローチが必要です」

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

2年間の猶予をどう活かす? ガートナーが示すSAPの「2027年問題」の処方箋

2年間の猶予をどう活かす? ガートナーが示すSAPの「2027年問題」の処方箋

2020年2月、SAPは「SAP ERP 6.0」の標準保守期間を2年延長し、2027年までとすることを発表した。だが、2年間の猶予ができたからと言って、決断を先延ばしにすることはできない。11月17日~19日に行われた「Gartner IT Symposium/Xpo 2020 in Japan」では、ガートナー バイス プレジデント アナリスト 本好宏次…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る