グーグル、日本の起業家を支援する「Google Startups Campus」を年内開設

[2019/06/18 15:30]伊藤正子 ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • 教育

ソリューション

グーグルは6月18日、日本におけるスタートアップ支援の取り組みとして、年内にコミュニティスペース「Google Startups Campus」を渋谷ストリームに開設すると発表した。同Campusは既にロンドン、マドリード、サンパウロ、ソウル、テルアビブ、ワルシャワに展開されており、東京はそれに続く7番目の開設となる。

Google Startups Campusでは、アーリーステージからグロースステージのスタートアップを対象に、コミュニティやインターンシップといった学びと成長の場が提供される。ワークスペースやコラボレーションエリア、イベントスペース、会議室などを備え、コミュニティでのイベント開催や、アーリーステージにあるスタートアップ創業者への研修プログラム提供など、有望なスタートアップが世界で活躍できるように支援していくとしている。

Google Startups Campusのイメージ/提供:Google

Google for Srartups Partnerships Manager マイケル・キム(Michael Kim)氏は、Google Startups Campusについて「さまざまな人が一堂に会することでアイデアを出し合い、次の起業家を生んでいく場所」だと説明する。

ビデオ会議形式で開催された発表会にてキム氏は「日本にはイノベーションの源泉がある。東京に開設するCampusが、次世代の起業家を生んでいくと確信している」と期待を示した

既に開設されている拠点では、2018年だけで創出した仕事が4550、調達した資金は8億ドルに及び、研修やメンターシップを受けた人は1万4000人を数えるという。

Campusで提供されるプログラムの1つが、「Google for Startups Residency Program」だ。同プログラムに参加するスタートアップは6カ月間、Campus内のワークスペースを無料で使用できるほか、1対1のメンター制度や研修のほか「コラボレーション」「製品開発」「Googleのベストプラクティス」の3つの分野においてさまざまな支援が提供される。

Google for Startups Residency Programでは、3つの分野でスタートアップを支援する

対象はアーリーからグロースステージにあるスタートアップとなっており、募集開始はCampus開設後の来年初頭を予定。グローバルに成長していける可能性があるかどうかが1つの選考基準になるとしている。

キム氏によれば、「Google Startups Campusに関わるチームは、世界の起業家を支援することだけを念頭に置いた専任チームであり、Campusの活動で収益を上げることは考えていない」という。

「スタートアップから始まったGoogleにとって、スタートアップはDNAの一部であり、次世代の起業家を育てるのは非常に重要だと考えている」(キム氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

開発現場が変わる! 他社とは違う、Pivotalのデジタル革新支援策

開発現場が変わる! 他社とは違う、Pivotalのデジタル革新支援策

設立から5周年を迎えたPivotal ジャパンが3月8日、2018年の事業戦略発表会を開催した。2018年を「日本市場でデジタル革新が加速する年」と捉え、アジャイル開発推進とインフラ運用効率化の両面から、ビジネスのリーンスタートアップを支援する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る