UCCグループ、国内事業会社の経費管理基盤に「Concur Expense」を採用 [事例]

[2018/05/09 17:45] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

コンカーは5月9日、UCCグループの国内事業会社の経費管理基盤として「Concur Expense」が採用されたと発表した。

UCCグループは国内外での事業拡大と企業価値の向上を目指し、クラウドサービスを活用した業務効率化に取り組んでいる。その一環として、従業員の生産性に関わる経費精算・管理システムの刷新を検討し、Concur Expenseの採用に至った。稼働開始は、2019年1月の予定。

Concur Expenseの導入により、経費データ収集や経費規程チェックを自動化することで、経理部門の管理工数と経費の削減を見込む。また、モバイル活用により、従業員が外出先から経費精算申請・承認を行えるほか、交通系ICカードの乗車履歴の読み取りや法人カードの経費データとの自動連携が可能なため、経費精算業務が効率化されるという。

将来的には、電子帳簿保存法活用による領収書の電子化を推進し、ペーパレス化によるさらなる業務効率化とコスト削減を目指すとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

それぞれの課題はビデオ会議システムでどう解決されたのか? 2社が事例を解説!

それぞれの課題はビデオ会議システムでどう解決されたのか? 2社が事例を解説!

シスコシステムズでは4月11日、働き方改革をテーマに掲げたカンファレンス「Cisco Collaboration Summit 2018」を都内にて開催した。本稿では、最新のコラボレーションソリューションを導入した代々木アニメーション学院、およびリクルートテクノロジーズによる事例講演の模様をレポートする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る