セディナ、業務端末ログインにNECの顔認証技術を採用 - 約8,000台を対象 [事例]

[2018/04/16 13:40] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

セディナと日本電気(以下、NEC)は4月16日、セディナがNECの顔認証技術を採用し、セディナの業務端末約8,000台を対象とした新たな生体認証システムを構築したと発表した。新システムは、今年5月から全国約70の拠点において順次稼働を開始する予定。

新たに構築された生体認証システムは、NECのAI技術群「NEC the WISE(エヌイーシーザワイズ)」の1つである顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用したもの。同システムにより、セディナでは、業務端末ログイン時に顔認証による本人認証が可能となる。併せてシングルサインオンの仕組みを導入することで、より安全かつ利便性の高い業務アプリケーション利用を実現するという。

セディナでは今後、同システムを活用した顔認証による入退室管理などの導入を検討していくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

名作文学の読後感をコーヒーで表現してみた - NECが可視化するAIの可能性

名作文学の読後感をコーヒーで表現してみた - NECが可視化するAIの可能性

日本電気(NEC)は11月9日、10日の2日間にわたり、同社の年次イベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2017」を開催。なかでもNECが力を入れるAI技術群「NEC the WISE」の技術を活用した展示のなかで、ひときわ注目を集めていたのが、AIとコーヒーのプロフェッショナルがコラボしたブレンドコーヒー「飲める文庫」だ。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る