レオパレス21、物件検索にAI対話ソリューション「AmiAgent」を採用 [事例]

[2018/02/28 11:20] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

アドバンスト・メディアは2月27日、同社が提供するAI対話ソリューション「AmiAgent(アミエージェント)」が、レオパレス21の物件検索サービス「バーチャルデスク」に採用されたと発表した。

バーチャルデスクは、画面上に表示されたAI店員がユーザーと対話しながら物件探しをサポートするサービス。顧客の発話(入力したテキスト)からAmiAgentが意図を解釈し、レオパレス21の物件データベースを検索して希望にマッチした物件情報をAI店員が紹介する。アプリ版ではテキスト対話のみでなく、音声認識ソフトウェア「AmiVoice」を用いた音声対話にも対応しているため、店頭で相談する感覚で物件を探すことができるという。

スマートフォンでの表示イメージ

Web版のバーチャルデスクは2月26日よりサービスを開始しており、スマートフォン向けアプリ版は3月29日よりサービスを開始する予定。運用開始後はデータを蓄積し、AIに学習させることで精度を向上させていくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3500
2
レオパレス21、物件検索にAI対話ソリューション「AmiAgent」を採用 [事例]
アドバンスト・メディアは2月27日、同社が提供するAI対話ソリューション「AmiAgent(アミエージェント)」が、レオパレス21の物件検索サービス「バーチャルデスク」に採用されたと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
アドバンスト・メディアは2月27日、同社が提供するAI対話ソリューション「AmiAgent(アミエージェント)」が、レオパレス21の物件検索サービス「バーチャルデスク」に採用されたと発表した。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る