前田建設工業、物流支援ロボ「CarriRo」を導入 - 自動化への意識向上にも [事例]

[2018/02/08 15:15] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

ソリューション

ZMPは2月8日、同社が販売する物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を前田建設工業が導入したと発表した。

CarriRoは、ジョイスティックによる操作ができる「ドライブモード」、ビーコン(発信機)を自動追従する「カルガモモード」を搭載した台車型物流支援ロボット。充電式で最大150kgの荷物を8時間連続で運ぶことができる。

昨今の人材不足問題は建設現場でも起きており、自動機器による省人化、省力化が課題となっている。だが、建設現場では必ずしも整備された路面ではないこと、作業が完了したら現場を移動していくため、据え置き型の機器の導入が困難なことから、自動機器の導入は難しいと考えられていた。

今回、CarriRoの選定にあたっては、「カルガモモード、ドライブモードはどちらも現場での事前準備が不要ですぐに利用可能」「操作方法がシンプルでさまざまな建設作業者が利用できる」「ある程度の段差やでこぼこ道、坂道での走行が可能」といった点が評価されたという。

導入して約1年が経過したが、当初の想定通り問題なく稼働。現場の建設作業者がCarriRoを使うことで、今後の自動化に向けた意識向上にもつながっているとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「5年以内にロボットを持ち歩く社会へ」- ロボットクリエーターが語る未来

「5年以内にロボットを持ち歩く社会へ」- ロボットクリエーターが語る未来

1月25日に開催された「NTT DATA Innovation Conference 2018」の基調講演には、人の生活に寄り添う「コミュニケーションロボット」開発の第一人者、高橋智隆氏が登壇。コミュニケーションロボットの進化について解説を繰り広げた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る