MAGLAB、IoT実証実験サービスにモバイルアプリ開発基盤「Platio」を採用 [事例]

[2017/12/11 12:50] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

インフォテリアとMAGLABは12月8日、MAGLABが提供するIoT実証実験サービスプログラム「リユース PoC」に、インフォテリアのIoT対応モバイルアプリ開発基盤「Platio」を採用したと発表した。導入は、2017年12月15日以降の新規プロジェクトより開始する予定。

Platioは、ブラウザ上のマウス操作で簡単に業務用iPhone、iPad用アプリを開発できるツール。対応するIoT機器とは、Bluetoothで接続してデータを受信する。

Platioの画面イメージ(IoT機器から発せられる電波の強度を確認するアプリの画面)

利用イメージ

MAGLABでは従来、IoT機器の設置・保守現場で機器の接続状況や電波強度などを確認するにはPCが必要だった。Platioの導入により、モバイル端末のみでリアルタイムの状況確認が可能になり、作業時間の大幅な短縮や業務効率化を図ることができるとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「養豚×IoT」の挑戦! テクノロジーの活用で進化する第1次産業の現場

「養豚×IoT」の挑戦! テクノロジーの活用で進化する第1次産業の現場

IoTのムーブメントは第1次産業にも大きな影響を与えつつある。宮崎県で養豚事業を営む協同ファームはウイングアーク1stの情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を活用して豚舎をIoT化。豚舎の状況をリアルタイムに把握できる仕組みを構築し、コストの削減と品質向上に取り組んでいる。同社はなぜ、豚舎をIoT化することにしたのか。協同ファーム 代表取締役 日…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る