川崎重工業 航空宇宙カンパニー、RFIDシステム「Mojix STAR System」を採用 [事例]

[2017/11/20 19:15] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

日本IBMは11月20日、川崎重工業 航空宇宙カンパニーの岐阜工場における航空機用部品製造ラインに、RFIDシステム「Mojix STAR System」が採用され、11月1日より稼働を開始したことを発表した。

Mojix STAR Systemは、最大2万5,000平方メートルの空間をカバーするRFIDシステム。タグを付けた商品や人などを200メートル以上離れた遠距離でも感知するほか、空間でデータを検知し、データ収集を行える点を特長とする。また、タグに電力を供給する機能(送信機)とタグからのデータを読み取る機能(受信機)が分離しているため、送信機を追加することで簡単に拡張でき、電源や配線の拡張コストも低減できるという。

川崎重工業 航空宇宙カンパニーでは、IoTを活用した生産革新活動の一環として、生産情報活用基盤を試行開発している。部品などのデータ収集にあたっては、「確実に位置情報を測定できること」「システム拡張や変更にも柔軟かつ安価に対応できること」「電波干渉が発生しないこと」が求められていた。

今回稼働を開始したMojix STAR Systemは、航空機の胴体パネルの製造ラインにおいてデータ収集を行う。具体的には、工場内に多数のアンテナを設置し、部品に取り付けたタグからデータを収集することで、生産進捗管理・所在管理をサポートする。送信機の座標や受電電波強度、入射角からタグの位置を測定し、位置情報を収集することも可能だという。

川崎重工業 航空宇宙カンパニーでは、今後も生産情報活用基盤の試行開発を推進し、「スマートファクトリー化」の実現を目指すとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3272
2
川崎重工業 航空宇宙カンパニー、RFIDシステム「Mojix STAR System」を採用 [事例]
日本IBMは11月20日、川崎重工業 航空宇宙カンパニーの岐阜工場における航空機用部品製造ラインに、RFIDシステム「Mojix STAR System」が採用され、11月1日より稼働を開始したことを発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本IBMは11月20日、川崎重工業 航空宇宙カンパニーの岐阜工場における航空機用部品製造ラインに、RFIDシステム「Mojix STAR System」が採用され、11月1日より稼働を開始したことを発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る