マイナビニュースマイナビ

AWSとセールスフォースがコンタクトセンター分野で協業

[2017/10/04 12:30] ブックマーク ブックマーク

Amazon Web Services(AWS)とセールスフォース・ドットコム(セールスフォース)は9月19日、クラウドコンタクトセンターサービスにおいて、AWSの「Amazon Connect」とセールスフォースの「Service Cloud Einstein」を連携すると発表した。これにより、利用企業はコンタクトセンター機能をWeb上から構築できるようになる。

Amazon Connectは、Amazonの世界中のカスタマーサービス・スタッフが数百万もの顧客への応対で使用しているコンタクトセンター技術をベースにしたサービス。同製品を利用することで、AWS マネジメントコンソールから数クリックでクラウド型コンタクトセンターを設置でき、その後、数分以内で電話への応答を開始するという。

一方のSalesforce Service Cloudは、カスタマーサービス業務を支援するためのクラウド製品。オムニチャネル機能による複数チャネルでの統一的なエンゲージメント対応が可能なほか、エージェントとマネージャをAIでサポートするプラットフォームの構築などが実現できる。

今回の連携により、企業はカスタマーコンタクトセンターの設定や運用管理を数分で構築できるほか、営業やコマース、マーケティングなど、あらゆる部門を横断したサービスケースの履歴やCRMデータと完全に統合できるようになる。

サービス担当者は、サービスに関する問題を迅速かつ効率的に解決するために必要なインサイトに直接できるため、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスをよりスマートに提供できるという。

Amazon Connectの特徴

AWS Lambdaとの連携も可能。

AWS Lambdaは、サーバをプロビジョニングしたり管理しなくてもコードを実行できるコンピューティングサービス。AWS Lambdaは必要に応じてコードを実行し、1日あたり数個のリクエストから1秒あたり数千のリクエストまで自動的にスケーリングする。使用したコンピューティング時間に対してのみの課金となっている。そのため、コードが実行中でなければ料金は掛からない。

AWS Lambda によって、実質どのようなタイプのアプリケーションやバックエンドサービスでも、管理なしでコードを実行できる。AWS Lambdaは可用性の高いコンピューティングインフラストラクチャでコードを実行し、コンピューティングリソースの管理をすべて担当する。

これにはサーバーおよびオペレーティングシステムの管理、キャパシティーのプロビジョニングおよび自動スケーリング、コードのモニタリングおよびログ記録などが含まれている。必要な操作は、AWS Lambda がサポートするいずれかの言語(現在は Node.js、Java、C# および Python) でコードを指定するだけだ

導入ケースとしては、コンタクトセンターの社内ヘルプデスクを想定している。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
人生を豊かにするパラレルキャリア~VUCA時代に新しい生き方を選ぶ理由とは~
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る