"多機能"ではなく"楽しい"が新潮流に? シャープの「funband」はなぜカープファンから熱い支持を受けているのか

[2017/08/18 11:00]周藤瞳美 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

シャープは今年6月、野球の応援に特化したクラウド連携のウェアラブル端末を発表した。その名も「funband」。1000台限定で先行発売された広島東洋カープ(以下、カープ)モデルは、大好評のうちに完売となり、8月より本格販売が開始された。7月には福岡ソフトバンクホークスモデルも発売されている。

野球の応援に特化したスマートウォッチ「funband」。専用アプリをインストールしたスマートフォンにBluetoothで接続して利用する

あえて機能をしぼったスマートウォッチ「funband」

スマートウォッチというと、多機能であることがあたりまえになっているなかで、野球の応援という嗜好性の高い目的のみに機能を絞った製品は非常に挑戦的なものに見える。

しかし、funbandの開発を担当したシャープIoT通信事業本部IoTクラウド事業部マーケティング部課長 和田山稔氏は、「スマートウォッチは現状、まだそこまで普及をしていないという印象です。その理由のひとつは、スマートフォンの一部の機能を手首に付けているだけというイメージがあることだと思います。たしかに、スマートフォンの機能が手首にあるのは便利ですが、現状のスマートウォッチは、それ以上でも以下でもないのではないでしょうか」と指摘した。

あれば便利。だが、その域から出ないもの。だから、それほど普及していないというわけだ。

シャープIoT通信事業本部IoTクラウド事業部マーケティング部課長 和田山稔氏

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3000
2
"多機能"ではなく"楽しい"が新潮流に? シャープの「funband」はなぜカープファンから熱い支持を受けているのか
シャープは今年6月、野球の応援に特化したクラウド連携のウェアラブル端末「funband」を発表した。スマートウォッチというと、多機能であることがあたりまえになっている今、なぜか野球の応援という嗜好性の高い目的のみに機能を絞った同社。販売は当初1000台限定だったのが、反響が大きく、本格販売にまで踏み切った。なにが、ファンの心をつかんだのだろうか。スマートウォッチの新しい可能性を探る。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/08/17/funband.index.top.jpg
シャープは今年6月、野球の応援に特化したクラウド連携のウェアラブル端末「funband」を発表した。スマートウォッチというと、多機能であることがあたりまえになっている今、なぜか野球の応援という嗜好性の高い目的のみに機能を絞った同社。販売は当初1000台限定だったのが、反響が大きく、本格販売にまで踏み切った。なにが、ファンの心をつかんだのだろうか。スマートウォッチの新しい可能性を探る。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る