パナソニックが始めた一大ベンチャーPJ! シリコンバレーから日本の住宅を変える「HomeX」とは

[2017/08/01 08:00]冨岡久美子 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

「当社が持っているシロモノ家電、クロモノ家電、住宅を、映像や音や熱など、ゼロから考える」

――7月26日、パナソニックが都内で開催した技術セミナーの席で、同社 ビジネスイノベーション本部 副本部長 兼 パナソニックノースアメリカ 副社長の馬場 渉氏が、このように説明したのが「HomeX」プロジェクトだ。

新生パナソニックの象徴となりうる存在として注目に値する同プロジェクトだが、果たしてその実態はどういったものなのか。馬場氏の説明を元にご紹介しよう。

パナソニック ビジネスイノベーション本部副本部長兼パナソニックノースアメリカ副社長の馬場渉氏

HomeXプロジェクトとは?

プロジェクト名のHomeXは、ホームエクスペリエンスに由来する。

パナソニックでは、住宅から家電まで、人々の住空間に関わる商品を扱っているが、実は同社ほど多角的に住空間に関わる商品を扱っている企業は世界にも類をみないという。この強みを生かそうというのがHomeXだ。

同社は4つのカンパニー制を敷き、さらにその中でも製品ごとに事業部が分かれている。そのタテ割りの考え方ではなく、社員一人ひとりが、ヨコの連携によって新しい発想を生むことで、ゼロから未来の住空間を考え、創造するという。

プロジェクトは、馬場氏が陣頭指揮を執り、シリコンバレーのメンバー10~20人が、家電などを担当するアプライアンス社(滋賀県・草津市)、住宅設備など担当するエコソリューションズ社(大阪府・門真市)の従業員と一緒に進めているという。「ある種ベンチャーキャピタルとしてパナソニックが存在している」と馬場氏は説明してみせた。

では、製造業のパナソニックが、具体的になにをつくるのだろうか。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ビッグデータ解析で変化を促進せよ! ヘルスケアIoTがもたらす社会の理想形

ビッグデータ解析で変化を促進せよ! ヘルスケアIoTがもたらす社会の理想形

4月19日から21日にかけて開催された「ヘルスケアIT 2017」では、ヘルスケアIoTコンソーシアム事務局 ニューチャーネットワークス コンサルタントの会田明代氏が登壇し、ヘルスケアIoTによって実現し得る社会の姿と、その普及に向けて直面する課題について講演を行った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る