医療情報基盤、医療従事者専用デジタルサイネージにクラウドサービスを採用 [事例]

[2017/03/23 16:10] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

ソリューション

情報技術開発は3月22日、同社のクラウド型サイネージ管理サービス「DAiS Signage」が、医療情報基盤が提供する医療従事者専用デジタルサイネージ「MEDIP VISION」の新システム基盤として採用されたと発表した。

DAiS Signageは、店舗に設置したサイネージディスプレイに表示する販促コンテンツを一括管理するクラウドサービス。遠隔操作でリアルタイムに、拠点別のコンテンツ配信することができる。

採用にあたっては、クラウド上でコンテンツの一括管理が可能なことや、端末・拠点別への個別配信機能、死活監視機能などを備えること、導入後のサポート体制が充実していることなどが評価されたとしている。

今回、標準機能の提供に加えてMEDIP VISION向けのカスタマイズが行われ、緊急性の高い情報をスタッフへ迅速に知らせる「エマージェンシー機能」や他のシステムからコンテンツ情報を取り込み、配信する「システム間ファイル連携機能」、広告放映に重要な情報を管理する「広告放映管理機能」が追加された。

エマージェンシー機能イメージ

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

IDO、医療・介護向けシステムに情報資産管理基盤「スパイラル」を採用 [事例]

IDO、医療・介護向けシステムに情報資産管理基盤「スパイラル」を採用 [事例]

パイプドビッツは3月21日、IDOが開発した医療・介護業界向け人財活性化プログラム「CAP」のシステム基盤に、情報資産管理プラットフォーム「スパイラル」を提供・支援したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る