ビルディング・ブックセンター、NECの画像・重量検品ソリューションを採用 [事例]

[2016/08/26 17:45] ブックマーク ブックマーク

NECは8月26日、KADOKAWAグループの物流会社であるビルディング・ブックセンター(BBC)に、画像認識技術を活用して複数商品の自動一括検品を可能とする「画像・重量検品ソリューション」が採用されたと発表した。

同ソリューションは、バーコードなどの識別情報や人手による目視確認をすることなく、検品対象の品目や数量を確認できるというもの。作業台のカメラが捉えた画像や重量計で計測した総重量などと、あらかじめデータベース内に登録した商品情報とを照合することで、商品の品目や数量、過不足を確認する。

画像・重量検品ソリューションの全体イメージ

検品の正否表示画面

再確認指示の表示画面

BBCでは、オンラインストア「キャラアニ.com」の物流ライン2つに画像・重量検品ソリューションを導入。キャラクターグッズなどのバーコードを付けられない商品の検品業務に活用する。以前は、二重・三重で人手でのチェックが必要だったが、導入により約30%程度の業務効率化を見込んでいるという。

BBCは、同ソリューションの稼働開始を年内に予定しており、稼働後は他ラインや業務などでの利用も検討するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

人事、経理、総務などのバックオフィス部門の方々に役立つITソリューション情報や導入事例、解説記事をまとめてご案内いたします。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る