マイナビニュースマイナビ

エフセキュアがサブスク型のセキュリティプラットフォーム発表

[2021/05/24 16:30]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

エフセキュアは5月21日、2021年事業説明会を開催し、企業のサイバーセキュリティサービスの新しいクラウドベースのプラットフォーム「F-Secure Elements」を発表した。

技術と人を組み合わせてサイバーセキュリティのリスクや脅威から保護

はじめに、エフセキュア アジアパシフィック地域バイスプレジデントのキース・マーティン氏は2020年の業績について触れた。同氏は「昨年、グローバルにおける売上高は2億2000万ユーロ(約286億円)となった。この5年間でBtoBビジネスは倍増し、コンシューマビジネスを上回っている」と振り返る。

エフセキュア アジアパシフィック地域バイスプレジデントのキース・マーティン氏

エフセキュア アジアパシフィック地域バイスプレジデントのキース・マーティン氏

2020年はシングルボードコンピュータ「USB Armory Mk II」やクラウド環境向けメール保護製品「Cloud Protection for Office 365」、フィッシング攻撃模擬演習サービス「Phishd」などをリリースしたほか、Androidスマートフォンの脆弱性やシスコ製スイッチの偽造品発見、Lazarus Groupによる暗号通貨取引所への攻撃、「サイバー攻撃のランドスケープ」をはじめとしたリサーチ/レポートを発表。また、Amazon Alexa搭載デバイス向け認定セキュリティラボにも認定された。

同社は、交通/車載/航空/鉄道/海運や製造業、テクノロジー/メディア/通信、金融、電力、決済と業種・業界を問わずセキュリティコンサルティングも提供している。

国内では、ヤフーや大手決済サービス事業者、大手ネット銀行向けのセールスフォース環境セキュリティ対策、エウレカ、北海道テレビにはAWS(Amazon Web Services)環境セキュリティ診断コンサルティング、大手車載機器メーカに車載機器IoTハードウェアセキュリティ診断コンサルティングを、それぞれ提供している。また、クロスポイントソリューション、バリオセキュア、Sky、加賀FEIとパートナーシップを締結。

国内における実績

国内における実績

マーティン氏は、市場の成長とドライバーになったものとしてリモートワークへの移行、オンプレミスからクラウドへの移行、新型コロナウイルスに乗じたサイバー攻撃の増加、IoTデバイスおよびオンラインサービスの増加、サプライチェーンを狙った攻撃、ランサムウェアの悪質化などを挙げている。

同氏は「当社の特徴は技術や人だけに頼らずに、両方の強みを組み合わせることでサイバーセキュリティのリスクや脅威から高いレベルで保護する。われわれのソフトウェアソリューションは、標的となる膨大な数の脅威からユーザーを保護するように設計されている」と胸を張っていた。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「ランサムウェア2.0」が急増 - エフセキュアが2020年下期の脅威レポート

「ランサムウェア2.0」が急増 - エフセキュアが2020年下期の脅威レポート

エフセキュアは4月9日、オンラインで記者説明会を開き、2020年下半期(7月~12月)における攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る