マイナビニュースマイナビ

IBMが2021年のセキュリティ事業方針を発表 - ゼロトラストに注力

[2021/03/10 17:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

日本IBMは3月9日、2021年のセキュリティ事業方針に関する説明会を開いた。昨今、ハイブリッド/マルチクラウド、AI、ブロックチェーン、エッジコンピューティング、量子コンピュータをはじめ多様なテクノロジーが登場し、データのやり取りが基本であることから、サイバーセキュリティがすべてにおいて必要になっている。そのため、同社では2021年も引き続き、サイバーセキュリティに軸足を置きつつ事業展開していく考えを示している。

2021年はゼロトラストに注力

最初に日本IBM 執行役員 セキュリティー事業本部長の纐纈昌嗣氏は、2021年の事業方針について「当社のセキュリティ事業は製品だけでなく、コンサルティング、システムインテグレーション、運用まで包括的にカバーしている。そのため、今年のセキュリティ事業は顧客目線でセキュリティ戦略やリスク分析・対策を立てることをスタートポイントとして重要視し、顧客の資産、データ、ユーザーを保護するとともに、脅威マネジメントを行い、マルチクラウドのプラットフォームに合わせる形でインフラをモダナイズしていくことに取り組む」と意気込みを語る。

日本IBM 執行役員 セキュリティー事業本部長の纐纈昌嗣氏

日本IBM 執行役員 セキュリティー事業本部長の纐纈昌嗣氏

そのうえで注力する領域としては、クラウド化などのデジタルトランスフォーメーション(DX)、あるいはコロナ対応のためのリモートワークの推進に伴うセキュリティを担保するために、従来の管理手法だけでなく、アクセス管理も含めたより厳格なセキュリティ対策が必要となり、いわゆるゼロトラストが急務だという。

纐纈氏は「ゼロトラストの領域についてID・アクセス管理に再度フォーカスし、顧客のシステム、データ、ユーザーを守っていくことを最重点としている。そのために、テクノロジーが変遷し、ID管理はシステムの大幅な変更が必要となるため、Identuty as a Service(IDaaS)である『IBM Security Verify』を東京のデータセンター(DC)から提供を開始する。認証は、ユーザーIDやパスワードなどコンフィデンシャルな情報を扱うことから、海外のDCでは懸念されるため当社としては東京のDCで提供することを決めた」と説明した。

IBM Security Verifyでは、認証・認可・接続といったアクセス制御を実現し、適応型アクセス制御やアイデンティティ分析に加え、APIも提供するため今後発展が見込まれる分散型IDを可能としており、最新のアクセス制御を提供する。

ゼロトラストに欠かせないソリューションとして「IBM Security Verify」を提供する

ゼロトラストに欠かせないソリューションとして「IBM Security Verify」を提供する

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「IBM Cloud」が機能拡張 - 分散クラウドを実現するサービスを発表

「IBM Cloud」が機能拡張 - 分散クラウドを実現するサービスを発表

日本IBMは3月2日、オンラインで「IBM Cloud」の機能拡張に関する記者説明会を開催した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る