応用電機、エリアビイのリモートアクセスサービス「SWANStor」を採用 [事例]

[2017/05/09 16:20] ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

エリアビイジャパンは5月9日、応用電機がエリアビイジャパンのクラウド型リモートアクセスサービス「SWANStor(スワンストア)」を採用したと発表した。

計測制御機器の多品種少量生産を手がける応用電機は、国内に4つの工場を運営し、従業員は540人に及ぶ。社内の情報伝達や、部品手配の決済といった社内業務の効率化を追求した結果、現在ではほぼ全ての処理がWeb上で行われている。これをさらに効率的に行うためには、スマートフォンやモバイルPCで社外から社内システムにスムーズにアクセスできる、セキュアなリモートアクセス環境が必要だった。

導入にあたり、応用電機は数種類のサービスを比較検討し、数カ月におよぶテスト利用を実施。セキュアな暗号化通信を実現しながらも動作に違和感がない点や、ファイアウォールの設定変更が不要なこと、加えて導入時のサポートが充実していたことなどから、SWANStorの採用に至ったとしている。

SWANStor導入イメージ

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

見えてきた! 海外から国内医療機関を狙うサイバー攻撃者集団の「横顔」

見えてきた! 海外から国内医療機関を狙うサイバー攻撃者集団の「横顔」

4月19日~21日に東京・ビッグサイトにて開催された「ヘルスケアIT 2017」では、マクニカネットワークス セキュリティ研究センター センター長の政本憲蔵氏が登壇し、セキュリティの見地から講演を行った。「日本を狙うサイバースパイ活動の実態 ~医療業界を狙った標的型攻撃の実例~」と銘打った同氏のセッションでは、ここ数年で国内にて確認された標的型諜報攻撃につい…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る