マイナビニュースマイナビ

ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

1058 件中 141~160件目を表示中

[注目情報]テレワークで必要な業務環境をワン・パッケージで提供する、デル・テクノロジーズ「"テレワーク・デイ" パッケージ」

【特別企画】[注目情報]テレワークで必要な業務環境をワン・パッケージで提供する、デル・テクノロジーズ「"テレワーク・デイ" パッケージ」

テレワークの実践には、多種あるデバイス、ソフトウェアを組み合わせて、多様な社員にあわせた業務環境を整備する必要がある。本稿では、"多様な社員にあわせた業務環境の構築" をワン・パッケージで提供する、デル・テクノロジーズの「"テレワーク・デイ" パッケージ」を紹介したい。

テレワークでもパフォーマンスを発揮できる「テレワーク環境ガイド」

【特別企画】テレワークでもパフォーマンスを発揮できる「テレワーク環境ガイド」

社員の住環境によってテレワークに使用できるスペースや導入できる設備などは異なる。社員のテレワーク環境を一律で同じにすることは困難だ。「社員にテレワーク環境の整備を促したい、でもどんなガイドラインを出すべきか...」こんな悩みを抱える企業は多いのではないだろう。そういった企業に向けて、本稿ではレノボ・ジャパンが提供する「テレワーク環境ガイド」を指標にして環境整備に臨むことを推奨したい。

データ活用を推進する上で必要な「役割」と「強化の指針」

データ活用を推進する上で必要な「役割」と「強化の指針」

ビジネスにおけるデータ活用の重要性が脚光を浴びる昨今、多くの企業が積極的な取り組みを進めている。だが、期待する効果を十分に得られていない企業も少なくないのが実情だ。ガートナー ジャパンが11月17日~19日にオンラインにて開催した年次カンファレンス「Gartner IT Symposium/Xpo 2020 in Japan」では、同社 マネージング バイス プレジデント 堀内秀明氏が登壇。データ活用を推進する「人」に着目し、データ活用に必須の役割とその強化における考え方について解説した。

モニター戦略に幅広い選択肢を。デル・テクノロジーズの提供するモニターソリューション

【特別企画】モニター戦略に幅広い選択肢を。デル・テクノロジーズの提供するモニターソリューション

戦略的なモニターへの投資が従業員の生産性に好影響を及ぼすことが調査から明らかになっている。PCやモバイルデバイスと同様にモニターも、戦略的に選定を進めるべきだ。多様な人材に合わせた業務環境を構築するには、幅広い選択肢から、各社員の業務に合うモニターを選定する必要がある。本稿では、7年連続でモニター出荷台数世界No.1を達成するデル・テクノロジーズに焦点を当て、同社がビジネス向けにラインナップするモニターをみていきたい。

レシピサイトからの大転換! 「AJINOMOTO PARK」が示すオウンドメディアの価値

【連載】ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略 [2] レシピサイトからの大転換! 「AJINOMOTO PARK」が示すオウンドメディアの価値

味の素が運営する「AJINOMOTO PARK」は、料理レシピサイトを核に「生活者とのつながりを重視したコミュニティサイト」として誕生。2020年7月のリニューアルによって「食の体験価値を伝えるメディア」へと進化を遂げた。AJINOMOTO PARKは、いかにしてオウンドメディアとしての価値を生み出し続けてきたのか。

サブスクビジネスの成功には「継続的なサービス改善」が不可欠。改善で見るべきポイントとは?

【特別企画】サブスクビジネスの成功には「継続的なサービス改善」が不可欠。改善で見るべきポイントとは?

「モノ売り」から「コト売り」へのビジネスシフトが進む中、商品そのものではなく「商品を利用する権利」を対価として提供するサブスクリプション(以下、サブスク)が注目を集めてきている。サブスクビジネスにあたっては、顧客提供価値を中心とした設計と継続的なサービス改善が鍵となるが、どんな視点を持ってサービス改善は行っていくべきなのか。改善で見るべきポイントを探っていきたい。

重要なのは「メディアとしての意思」- KAKEAIはオウンドメディアで何を目指すのか

【連載】ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略 [1] 重要なのは「メディアとしての意思」- KAKEAIはオウンドメディアで何を目指すのか

上司と部下とのコミュニケーションにおける"掛け違い"をなくしたい――そうした想いから生まれたクラウドAIプラットフォーム「KAKEAI」。その開発/運営を行うKAKEAIが2020年4月から運営するオウンドメディアが「BELLWETHER(ベルウェザー)」だ。

[エレクトロニクス] オシロスコープをリモートで利用する方法

【特別企画】[エレクトロニクス] オシロスコープをリモートで利用する方法

オシロスコープは高額なため、一般的には共用装置として研究所やラボに設置されるものだ。リモート・ワークが推奨される今日だが、共用装置であること、測定に際して観測対象とのケーブル・プローブ接続が必要なことを理由に、"出社を強いられる装置" と捉えられることが多い。だが、果たしてそうなのだろうか。本稿では、オシロスコープをリモートで利用する方法について解説したい。

データと市場を徹底重視! SHOWROOMが実践するプロダクト開発

データと市場を徹底重視! SHOWROOMが実践するプロダクト開発

App Annie Japanは11月10日~11月12日の3日間、オンラインカンファレンス「Mobile Leaders Summit」を開催した。本稿では、SHOWROOM 代表取締役社長 前田裕二氏が登壇した基調講演「ニューノーマル時代を見据えた、SHOWROOMが実践するファクトベースのプロダクト開発と事業戦略」の模様をレポートする。

オムロンが公式サイトの課題を解決するために実践したデジタル施策とは?

オムロンが公式サイトの課題を解決するために実践したデジタル施策とは?

アドビは11月13日、デジタルを活用したCX施策に関する勉強会を開催した。ゲストスピーカーには、グローバルで幅広い事業を展開するオムロンからブランドコミュニケーション部 ブランドマネジメント&ガバナンスグループ長 佐藤雅之氏を招聘。グローバルでのブランドマネジメントを成功させるデジタル施策について、事例を交えたセッションが繰り広げられた。

ニューノーマル時代の今着目すべき「ピープルアナリティクス」とは?

ニューノーマル時代の今着目すべき「ピープルアナリティクス」とは?

10月22日にオンライン開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「New Normal時代のHRの在り方~より高いエンゲージメントを~」。HRTechを実践する専門家やベンダーが集結した同セミナーでは、スターツリー 代表取締役 山田隆史氏が登壇し、「ニューノーマルにおけるピープルアナリティクスを活用したHR改革」と題した事例講演を行った。

デジタル世代の人材を獲得するために着目すべき「Employee Experience」

デジタル世代の人材を獲得するために着目すべき「Employee Experience」

10月22日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「New Normal時代のHRの在り方~より高いエンゲージメントを~」では、PwCコンサルティング 組織人事・チェンジマネジメント シニアマネージャー 土橋隼人氏が登壇。「従業員の体験価値(Employee Experience)が実現するエンゲージメント向上」と題した事例講演を行った。

[製造小売]製品デザインの開発スピードとその活用幅を劇的に変える方法

【特別企画】[製造小売]製品デザインの開発スピードとその活用幅を劇的に変える方法

デザインチームが開発し、生産部が量産し、MDが販売戦略を立て、セールスが市場に卸す、......こうした一連の工程では、各所が同じ製品デザインを扱うこととなる。各所が異なるツールを利用していたり、部門間の意思統一を図る仕組みがない場合、膨大な時間が「ロス」として生じてしまう。本稿では、デザインや製品データの取り扱い方を変えて生産性を劇的に変える方法を紹介する。

ワークプレイスにおけるテクノロジー活用と、これからの「人材」の考え方

ワークプレイスにおけるテクノロジー活用と、これからの「人材」の考え方

人事/総務/経理をはじめとする間接部門として従業員の活性化を実現すべく、ワークプレイスの改革が注目されている。特に、このコロナ禍においては、テクノロジーを活用したワークプレイスの整備は喫緊の課題となる。10月22日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「New Normal時代のHRの在り方」では、慶應義塾大学 大学院経営管理研究科 特任教授 岩本隆氏が、ワークプレイスにおけるテクノロジー活用の状況や、ポスト・コロナ社会に向けた人材の考え方などについて解説した。

IT人材が足りなくてもサービス提供を継続するための、アウトソースという選択肢

【特別企画】IT人材が足りなくてもサービス提供を継続するための、アウトソースという選択肢

IT人材不足の深刻化を受けて、情報システムのアウトソースを検討する動きが加速してきている。ITアウトソーシングサービスを検討する場合、まず注視すべきは、サービスが持つサポート領域とその専門性だ。本稿では、市場に数多く存在するサービスの中からネットブレインズの提供するNBCSSを紹介したい。

PCレンタルでテレワーク推進? 実例で学ぶ、ニューノーマル時代のPCレンタル活用術

【特別企画】PCレンタルでテレワーク推進? 実例で学ぶ、ニューノーマル時代のPCレンタル活用術

新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけに、IT担当者は、Web会議をはじめとするコミュニケーションツールの導入やペーパーレスのための仕組み整備に迫られた。これに伴い、担当者にのしかかる運用負担が膨大に増えている。IT人材不足が叫ばれる中にあっては、人を増やすのではなく、「運用負担のかからない仕組み」を構築することが必要だ。

DMM.comが実践する、データに基づく「Scientific」な組織づくり

DMM.comが実践する、データに基づく「Scientific」な組織づくり

テックカンパニーとなるべく「DMM Tech Vision」を掲げて変革を進めるDMM.com。そのなかで日々試行錯誤しながら知見を積み重ね、さまざまな方法論を組み合わせた事業・開発推進手法を確立しているのが、同社 総合トップ開発部 部長 石垣雅人氏である。今回は、石垣氏のチームが採用するノウハウをまとめた書籍『DMM.comを支える データ駆動戦略』について、具体的な取り組みなども交えながら紹介していただいた。

AI翻訳がビジネスシーンで当たり前に利用される時代へ――外国語業務の新たな在り方を探る

【特別企画】AI翻訳がビジネスシーンで当たり前に利用される時代へ――外国語業務の新たな在り方を探る

日本の人口は、2008年を境にして減少傾向に転じた。少子高齢化も相まって、国内市場は、縮小に拍車がかかっている。こうした状況下にあっても持続的に成長するために、企業は、国内だけでなく国外の市場にも目を向けていかなくてはならない。ただ、国外市場に注力したくともバイリンガル人材がいないという企業は多いのではないだろうか。本稿では、英語に精通した人材がいなくとも外国語業務を行う方法を紹介したい。

ITRアナリストが語る、「テックネイティブ」なビジネスのつくり方

ITRアナリストが語る、「テックネイティブ」なビジネスのつくり方

イノベーティブなビジネスを創出するには、新しいテクノロジーを起点として将来的にどのようなことが可能になるかを想像し、今現在は存在しない商品/サービスをつくり出していかなければならない。10月6日にアイ・ティ・アールが開催した「IT Trend 2020」では、このようなニーズ志向/シーズ志向を超えた「テックネイティブ」なビジネスの創成方法について、同社プリンシパル・アナリストの甲元宏明氏が解説した。

着実な改革を進めてきたJALが考えるニューノーマル時代の働き方

着実な改革を進めてきたJALが考えるニューノーマル時代の働き方

9月3日に開催されたマイナビニュース スペシャルセミナー「全体生産性から導く『働き方改革』主導法~バックオフィス部門から"新たな生産性を"~」に日本航空 執行役員 人財本部長の小田卓也氏が登壇。同社の改革の歩みと今後の展望について語った。

1058 件中 141~160件目を表示中

1058 件中 141~160件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る