マイナビニュースマイナビ

ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

1093 件中 141~160件目を表示中

「やらないのはリスク」- ローカルビジネスを成功させる情報発信の秘訣

「やらないのはリスク」- ローカルビジネスを成功させる情報発信の秘訣

決まった地域商圏内に顧客が存在するローカルビジネスにおいて、何より重要なのは「その商圏内で選ばれる」ことだ。選ばれるには日頃からの顧客とのコミュニケーションが欠かせないものの、時間や予算、人材などのコストは有限だ。2月2日に開催された「ローカルビジネスカンファレンス2021」では、ローカルビジネスにおけるコミュニケーションに焦点を当てた解説が行われた。

自動化でクラウドネイティブ化のためのリソースを確保しよう。Exastro導入の効果とは?

【特別企画】自動化でクラウドネイティブ化のためのリソースを確保しよう。Exastro導入の効果とは?

オンプレミスからクラウドに移行することでOPEX(運用コスト)の低減に取り組む企業が増えている。これを成功に導くうえでキーワードとなるのが、システム運用の自動化である。システムの情報を一元管理し、運用を自動化することで、ITエンジニアのリソースをクラウドネイティブ化に傾けることができよう。本稿ではクラウドネイティブ化において重要となる概念として、「攻めと守りの自動化」について解説する

最前線の現場はどうすればデジタル化できるか? 鍵は "現場でつくる" という発想

【特別企画】最前線の現場はどうすればデジタル化できるか? 鍵は "現場でつくる" という発想

工場、建設、流通・小売・サービスといった最前線の現場は、社用端末が行きわたっていないこともあって未だに人手による作業が多く残っている。定時までは通常業務に追われ、定時以降も記録の集計/報告があって遅い時間まで帰れない、......こうした悩みは、現場作業を抱える企業に共通した課題と言えよう。どうすれば現場作業のデジタル化は推進できるのか。

「おせちのイメージ」から脱却せよ! 鈴廣かまぼこが取り組むDX施策

「おせちのイメージ」から脱却せよ! 鈴廣かまぼこが取り組むDX施策

150年以上の歴史を持つ鈴廣かまぼこだが、老舗ゆえの課題も抱えている。それは、顧客の老齢化だ。さらにコロナ禍が重なったこともあり、同社は将来への危機感を募らせていたという。2月2日に開催された「ローカルビジネスカンファレンス 2021」では、鈴廣蒲鉾本店 デジタルマーケティング推進担当部長 松井孝成が登壇。次の時代を見据えて取り組んだDX施策について解説を行った。

課題解決アプローチ(2):組織のポートフォリオの決定とプロダクト志向

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [9] 課題解決アプローチ(2):組織のポートフォリオの決定とプロダクト志向

今回は、組織のアジリティを向上させるために、組織の戦略やポートフォリオ、取り組みをどのように扱うのかをご紹介します。

特定社労士が解説! 新しい働き方に合わせた労務管理スタイル

特定社労士が解説! 新しい働き方に合わせた労務管理スタイル

この1年の間に新型コロナ感染症対策としてリモートワークが急激に普及し、人々の働き方には大きな変化があった。これからの働き方を考える上では、どのような労務管理が必要なのだろうか。2月3日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「労務管理が支える『働き方改革』適応法~New Normal時代の労務対応~」にて、特定社会保険労務士である社会保険労務士法人スマイング 代表社員 成澤紀美氏が解説した。

大成建設の田辺氏が語る、「今の建設テックに足りない大切なこと」

大成建設の田辺氏が語る、「今の建設テックに足りない大切なこと」

2000年代に急激な進化を果たしたIT技術と、それを可能にした発想と思想を私たちはどれだけ理解できているだろうか。「この15年の変化を消化せずに未来を作ろうとすると、最新技術を使って1990年代のOA化と同じやり方をしてしまう」と語るのは、大成建設 建築本部建築部企画室ICT業務改革推進担当チームリーダ 田辺要平氏だ。

地銀に必要なICTコンサルティングとは - サイボウズ×freeeがオンラインセミナー

地銀に必要なICTコンサルティングとは - サイボウズ×freeeがオンラインセミナー

サイボウズとfreeeは2月18日、オンラインで「金融機関向けICTコンサルティングMeet up」を開催した。

エコシステムの形成に10億ドルを投資するIBMのパートナー戦略

エコシステムの形成に10億ドルを投資するIBMのパートナー戦略

日本IBMは2月17日、オンラインで2021年におけるパートナー事業の方針について、説明会を開催した。

ワークライフバランスの先駆者が語る、ニューノーマル時代とその仕事術

ワークライフバランスの先駆者が語る、ニューノーマル時代とその仕事術

新型コロナウイルスが社会に大きな混乱を与え、各企業がDXを進めるなか、雇用や働き方はどう変わるのか。コロナ禍以前から家族の介護に追われながらも、東レにて破綻会社の再建やさまざまな事業改革に取り組み、取締役、東レ経営研究所社長を歴任するなど高い成果を上げてきた佐々木常夫氏が、マイナビニューススペシャルセミナーにてニューノーマル時代の仕事術について解説した。

建設ITジャーナリストが語る、建設業界におけるDXの現在地と未来

建設ITジャーナリストが語る、建設業界におけるDXの現在地と未来

1月28日に開催されたマイナビニューススペシャルセミナー「建設業界のDX促進の方法論」では、建設ITジャーナリストでイエイリ・ラボ 代表取締役の家入龍太氏が、次世代建設業の姿とそこへ転換していくためのポイントを解説した。

3つの取り組み例に学ぶ、法人スマホをもっと有効活用する方法

【特別企画】3つの取り組み例に学ぶ、法人スマホをもっと有効活用する方法

在宅環境下でも外線・内線電話を維持すべく、クラウドPBXとあわせて法人スマホを導入する動きが盛んとなってきている。この法人スマホ、外線・内線電話用途としても優れているが、活用がそこに閉じていては勿体ない。コミュニケーションの円滑化だけでなく、デジタルトランスフォーメーション(DX)や日々の業務を効率化する鍵としても、活躍の可能性を秘めているからだ。法人スマホをもっと有効活用する方法を紹介したい。

顧客中心時代の営業プロセスを強化する! 鍵を握る「2つの役割」

顧客中心時代の営業プロセスを強化する! 鍵を握る「2つの役割」

新型コロナウイルスの感染拡大は、BtoBビジネスにも大きな影響を与えた。営業スタイルやマーケティングの在り方は転換期を迎え、「インサイドセールス」と「カスタマーサクセス」の重要度が増してきている。この2つの役割がなぜ今、注目されるのか。そしてこれらを有効に機能させるポイントは何だろうか。

課題解決アプローチ(1):変革ロードマップと改革推進チーム

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [8] 課題解決アプローチ(1):変革ロードマップと改革推進チーム

今回から、第1回で整理した「DXを進める企業/組織が直面する課題」をSAFeでどのように解決するのかご紹介していきます。解説の都合上、第1回で挙げた課題の順番通りではないことはご了承ください。

「SAFe」とは(その6):SAFeのイベント

【連載】SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~ [7] 「SAFe」とは(その6):SAFeのイベント

今回は、SAFeの概要解説の締めくくりとして、SAFeで定義されている「イベント」について、最も特徴的で重要なイベントである「PIプランニング」を交えて説明します。SAFeがどのようにして複数のチームでアジリティを保ったまま開発を行うのか、組織全体の「Alignment(ベクトル合わせ)」を行うのかを見ていきましょう。

ものづくりの俊敏性と持続可能性を、「pSeven × Dell EMC PowerStore X」が支える

【特別企画】ものづくりの俊敏性と持続可能性を、「pSeven × Dell EMC PowerStore X」が支える

少量多品種ニーズの高まりから、製造業各社には従来以上のスピードで製品を開発するための俊敏性が製造現場に求められるようになっている。どのようにして俊敏性を備えた開発環境を整備すればよいか。この春にSCSKとデル・テクノロジーズが共同パッケージとして提供を開始する「pSeven × Dell EMC PowerStore X (仮称)」は、今述べた課題に応え得るソリューションだ。

コールセンターをコンタクトセンターへ進化!最新ICTを活用し、"顧客の声"から新たなビジネスを創出する

【特別企画】コールセンターをコンタクトセンターへ進化!最新ICTを活用し、"顧客の声"から新たなビジネスを創出する

ビジネスにおいて極めて重要な顧客との接点(チャネル)は、ICTの普及に伴い大きな変化を遂げた。電話対応業務を担うコールセンターは、メールやチャット、Webサイト、SNSなど複数チャネルに対応したコンタクトセンターへと進化し、多くの企業・組織で、より高いパフォーマンスのコンタクトセンターを構築・運用したいというニーズが高まっている。

[実店舗向け]従業員の業務効率化と顧客満足度の向上を実現するデジタル手法とは?

【特別企画】[実店舗向け]従業員の業務効率化と顧客満足度の向上を実現するデジタル手法とは?

店舗従業員の業務を効率化して、顧客満足度も高めたい――もしこんな課題を抱えているならば、スキャンディットが公開している資料「デジタル、フィジカル、そしてヒト」をご覧になることをおすすめしたい。同資料の紹介するデジタル手法を導入することで、課題を解決できる可能性があるからだ。本稿では同資料が解説している事項の一部を紹介したい。

リアル店舗をデジタルの力で革新! ワコールが考えるオムニチャネル戦略

リアル店舗をデジタルの力で革新! ワコールが考えるオムニチャネル戦略

12月3日、4日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020Winter forデータ活用」では、ワコール 総合企画室イノベーション事業推進部 課長 3Dsmart&Try事業担当 篠塚厚子氏が登壇。ワコールにおけるDXの取り組みについて講演を行った。

"自由すぎる記事"でバズ連発!「となりのカインズさん」がオープン半年で急成長したワケ

【連載】ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略 [3] "自由すぎる記事"でバズ連発!「となりのカインズさん」がオープン半年で急成長したワケ

2020年6月にオープンして以来、破竹の勢いで成長を続けるオウンドメディアがある。ホームセンターのカインズが運営する「となりのカインズさん」だ。この半年間でPVを10倍以上に急伸させたキーマン、カインズ デジタル戦略本部 デジタルマーケティング部 コンテンツグループ マネージャーの清水俊隆氏にお話を伺った。

1093 件中 141~160件目を表示中

1093 件中 141~160件目を表示中

ページの先頭に戻る