ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

840 件中 781~800件目を表示中

【レポート】IPA、IoT製品の開発指針を公開 - IoT時代の到来を前に、企業が想定すべきリスクとは?

【レポート】IPA、IoT製品の開発指針を公開 - IoT時代の到来を前に、企業が想定すべきリスクとは?

IPA(情報処理推進機構)は3月24日、IoT製品に関する国内初の開発指針である「つながる世界の開発指針」を発表し、IPAのWebサイトで公開した。開発指針では、IoT製品の開発時に考慮すべきリスクや対策が17の指針としてまとめられている。

「ビッグデータ」はどこから"ビッグ"?(前編)

【連載】情シスドタバタトリオが行く! ITワード調査隊 [1] 「ビッグデータ」はどこから"ビッグ"?(前編)

IT業界では日々、新しい用語が生まれています。それらの言葉の意味について、何となく"わかっているつもり"で過ごしてしまっていませんか? 本連載では、架空の情報システム部を舞台に、2人と1匹のドタバタトリオが曖昧になりがちなIT用語の正しい意味を探っていきます。

「個別受注品」の"最大の課題" - コンサルティングのプロが語る解決の糸口「タクト管理」とは

【特別企画】「個別受注品」の"最大の課題" - コンサルティングのプロが語る解決の糸口「タクト管理」とは

昨今の製造業は、大量生産品の製造を中国や東南アジアなどにシフトし、日本国内では専門性の高い「個別受注品」の生産がトレンドとなっている。その代表的な存在は「造船」や「大型重機」などが挙げられ、近年では半導体やバイオなどの分野においても個別受注品が増加しているという。そして、このような個別性の高い機械製造業では、主に3つの問題が発生する。

【レポート】傑出した若きIT人材たちが今の日本に物申す! - 未踏会議2016

【レポート】傑出した若きIT人材たちが今の日本に物申す! - 未踏会議2016

IPA(情報処理推進機構)は3月10日、恵比寿アクトスクエアにて「未踏会議2016」を開催した。本稿では、未踏統括PM/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘教授 夏野 剛氏をモデレータに迎えた未踏OBらによるパネルディスカッションの模様をお届けする。

山田井ユウキ氏が登壇! 3/9(水)『ファンが増えるオウンドメディアの作り方』を開催

【特別企画】山田井ユウキ氏が登壇! 3/9(水)『ファンが増えるオウンドメディアの作り方』を開催

3月9日(水)、東京都千代田区のパレスサイドビルにて、オウンドメディアをテーマにしたイベント「山田井ユウキが教える! ファンが増えるオウンドメディアの作り方」を開催する。マーケティング担当者、オウンドメディア・プロデューサー候補生は必見のセミナーだ。

我が社にぴったりなIT製品はどれ!? 悩める情シスの皆様に贈る"IT Search+ の歩き方"

【特別企画】我が社にぴったりなIT製品はどれ!? 悩める情シスの皆様に贈る"IT Search+ の歩き方"

社内で何らかのIT製品の導入を検討する際、主要な製品の情報を手軽にまとめて比較できれば、情報収集にかける時間をぐっと短縮可能になる。そこで本稿では、マイナビニュースが提供するIT製品比較・検討サイト「IT Search+」の使い方を紹介する。

MIJS参画企業の魅力を一挙公開! 日本発ソフトウェアの課題と未来を考える

【特別企画】MIJS参画企業の魅力を一挙公開! 日本発ソフトウェアの課題と未来を考える

「日本発のソフトウェアを世界へ」をテーマに、志を同じくする企業が集う「MIJS(メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア)」コンソーシアム(以下、MIJS)。設立は2006年、はやくも結成10周年が見えてきた歴史ある団体だ。日本の鉄鋼や家電、自動車など、海外で成功している産業に続いて、ソフトウェア業界も海外進出できるよう、企業の枠を超えて集い、相互連携してナショナルブランドを確立していくことを趣旨としている。

「獲得した顧客情報(リード)が使えない」を解消! 自動で情報の価値を高めるそのソリューションの実態は

【特別企画】「獲得した顧客情報(リード)が使えない」を解消! 自動で情報の価値を高めるそのソリューションの実態は

多くの企業が、Web問い合わせフォームや展示会、セミナー、広告などで見込み顧客情報(リード)を獲得している。これは、獲得したリードを使って、営業活動を効率化するのが狙いだ。しかし、獲得したリードにはごく簡単な情報しか含まれておらず、これだけでは営業活動に使うことができないのが実情だ。そのため、営業部員が企業Webサイト等を調査し、必要な情報を取得しているケースがほとんどだが、その負荷は非常に大きく、営業活動の妨げになっている。

虎の穴出身の営業マンはいかが?本気の営業マンを育てるジェイック「営業カレッジ」

【特別企画】虎の穴出身の営業マンはいかが?本気の営業マンを育てるジェイック「営業カレッジ」

ジェイックが運営する「営業カレッジ」は、企業の将来を担う「20代の若手営業マン」の育成と紹介に特化したサービスである。採用後の定着率94.3%を誇り、国内のみならず海外のメディアからも取り上げられるなど大きな注目を集める「営業カレッジ」。その実力について、簡単に紹介しよう。

一対多のコミュニケーションにおける落とし穴を解決、多店舗運営企業に情報共有の"術"を伝授

【特別企画】一対多のコミュニケーションにおける落とし穴を解決、多店舗運営企業に情報共有の"術"を伝授

多店舗を運営する企業は、そもそも構造的な課題を抱えている。本部と店舗が一対多の関係性になるからだ。例えば、本部から指示をメールで伝えたとしても、店舗側に内容が伝わっているか、きちんと実践しているかを確認するのは難しい。こうした一対多のコミュニケーションで起こりやすい落とし穴は数多くあり、結果として業績に影響を与えてしまうことも多いのが実情なのだ。

驚異の定着率90%以上!「和の心」を取り入れたCRM/SFAとは

【特別企画】驚異の定着率90%以上!「和の心」を取り入れたCRM/SFAとは

CRM/SFAの企業定着率は20%程度といわれている中で、90%以上という驚異の定着率を誇るのが株式会社インフォファームが提供する「戦略箱ADVANCED」。同ツールは、"和の心"と表現される、コミュニケーションを活性化させたいという思想を元に、あくまでも入力する営業スタッフが恩恵を受けることができたうえで、会社の知恵を集め、そこから顧客に最適案を出すという考え方を形にしている。

アジャイル第一人者が"情シス"に指南!! 2/26(金)新宿で無料セミナー

【特別企画】アジャイル第一人者が"情シス"に指南!! 2/26(金)新宿で無料セミナー

2月26日(金)、東京都新宿区の新宿エルタワーにて企業システムの「モバイル対応」をテーマにしたセミナーが開催される。基調講演を務めるのは、2015年12月開催の「DevLOVE現場甲子園2015 東日本大会」でMVPを獲得した岡 大勝氏。システムを企画する情報システム部門の目線から"モバイル時代"に適した開発/保守戦略を紹介する。

2020年東京五輪の時点でIPトラフィック全体の75%がビデオ!? - "データ容量増大化"の解決策とは

【特別企画】2020年東京五輪の時点でIPトラフィック全体の75%がビデオ!? - "データ容量増大化"の解決策とは

現在の代表的なITトレンドには"クラウド""ビッグデータ""モバイル"の3つが挙げられ、これら全てに共通する要素が「ネットワーク」である。これがいま、急速な"データ容量の増大化"という課題に直面している。その一番の要因と考えられるのが、ビデオだ。

IT監視ソリューションで直面する7つの課題 - なぜ担当者は大企業向けシステムを選ばなかったのか?

【特別企画】IT監視ソリューションで直面する7つの課題 - なぜ担当者は大企業向けシステムを選ばなかったのか?

ある英国の大学で、大規模な分散型ネットワークを監視する必要があったが、大規模ネットワークの監視には大手企業向けの高価格システムを導入しなければならないのかと頭を抱えていた。限られた予算の中、以下の7つの課題を解決したいIT管理者が導入を決断できた低価格ソリューションがあった。

エンタープライズシステムのAWS移行 - 野村総合研究所はじめAWSエキスパート4人の講演を独占レポート

【特別企画】エンタープライズシステムのAWS移行 - 野村総合研究所はじめAWSエキスパート4人の講演を独占レポート

アマゾン ウェブ サービス ジャパンと野村総合研究所は2015年8月、Amazon Web Services(AWS)上でのエンタープライズシステム構築・運用を検討する企業に向けて、具体的な活用事例とソリューションを紹介するセミナーを開催した。セミナーでは、AWSにおけるエンタープライズシステムの運用管理/セキュリティ上の課題を解決するNRIグループのソリューションが披露され、注目を集めた。

売上180%増の実現も! アパレル在庫管理「3つの原則」と、オムニチャネル時代のCRM活用術

【特別企画】売上180%増の実現も! アパレル在庫管理「3つの原則」と、オムニチャネル時代のCRM活用術

2015年11月に開催された「アパレル専門店向けソリューションセミナー」。その中で、ディマンドワークス ファッション流通コンサルタント 齊藤 孝浩氏は、在庫コントロールの「4つの基本」や、在庫を持ち越さないための「3つの原則」、オムニチャネル時代の在庫コントロール術などを紹介した。

導入事例企業から解き明かす - 真のワークスタイル変革に取り組む3つのポイント

【特別企画】導入事例企業から解き明かす - 真のワークスタイル変革に取り組む3つのポイント

フリーアドレスや在宅勤務の導入、グローバルなチーム・オペレーションなど、他社に先駆けて、ワークスタイル変革に向けた施策を次々と打ち出してきたIBM。その取り組みを支える重要なカギとなっているのが、「モバイル」と「ソーシャル」だ。時間や場所、ツールの制約にとらわれない柔軟な業務環境を提供することで、社員間のコラボレーションやナレッジの活用を促進。同社が目指す「オンデマンド・ワークスタイル」の実現に役立てている。

ECサイト運営のキモは、「流入」を増やすより「離脱」を減らすこと

【特別企画】ECサイト運営のキモは、「流入」を増やすより「離脱」を減らすこと

EC事業者の最大の課題は「いかに 新規顧客を増やし、売り上げを拡大するか」ということ。その対策として、リスティング広告やSEO対策などに膨大な投資を行い、ECサイトへの流入量を増やすことに注力しているEC事業者も多い。しかし、競合が増えた現在では、その効果が限定的になっているのも事実だ。そこで今回、ナビプラス セールス&マーケティング部部長である高橋敏郎氏にECサイトへの流入から購入までのプロセスを最適化する「ユーザスループット最適化 (UTO)」をコンセプトに開発された「NaviPlus」シリーズ についてお話を伺った。

日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

【特別企画】日本ならではのビジネス社会にマッチした、スーパーストリームのシステム連携

日本企業で使われる業務システムは、必要に応じて都度、導入・刷新されてきたものが多い。中堅以上の企業ともなれば、システム規模が大きくなることから、異なるシステム間のデータ・マスタを連携し、整合性を保つことが大きな課題となる。システムをシームレスに連携させ、真の意味で全体最適化を実現するには何が必要か?スーパーストリームの取締役 CTO(最高技術責任者) 山田誠氏に話を伺った。

CSやビジネスの向上は、システム基盤からアプローチできる - サーバとアプリケーションの統合監視ツール 「HPE SiteScope」

【特別企画】CSやビジネスの向上は、システム基盤からアプローチできる - サーバとアプリケーションの統合監視ツール 「HPE SiteScope」

本稿で紹介する日本ヒューレット・パッカードのソフトウェア「HPE SiteScope」は、システム基盤とアプリケーションの双方を不整合なく監視するツールで、企業ITの運用管理に携わる担当者にとって、決して少なくないメリットを提供する。

840 件中 781~800件目を表示中

840 件中 781~800件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る