ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

812 件中 621~640件目を表示中

IoTを支える「モノ」

【連載】IoTの「Things」入門 - 組み込み未経験者向け基礎解説 [1] IoTを支える「モノ」

「IoT」と言う言葉が飛び交っていますね。日本でも数年前から耳にするようになり、当初は、バズワードとして一過性な流行と思われている節もありました。しかしながら、ここに来て、イノベーションが期待できる、つまりビジネスチャンスが見いだせる潮流だと認識さるようになり、盛り上がっています。2016年はIoT元年と称する人もいます。

テスト+コミュニケーションという考え方 - 過疎化に悩む能登の高校がClassiを採用した理由

テスト+コミュニケーションという考え方 - 過疎化に悩む能登の高校がClassiを採用した理由

「地方創生」や「ICT教育」などのキーワードは耳触りが良く、誰もが"フック"として使いたがる。しかし、実際の当事者、過疎化の進む地方都市、教育現場からすれば、悩みの種として藁にもすがる思いで状況改善への足がかりを日々探している。石川県立能登高等学校もまた、過疎化の進行と定員割れに悩む高校の1つ。同校は、県立校ながらに鳳珠郡能登町との結び付きが強い。理由には「地域密着」があった。

ビジネス版LINE、シャドーITを打ち破る秘策は「従業員の気持ちを考える」

ビジネス版LINE、シャドーITを打ち破る秘策は「従業員の気持ちを考える」

ワークスモバイルは11月22日、従業員のプライベート端末利用によるリスク実態の記者説明会を開催した。

freeeの振り返り、将来、Fintech、B2Bスタートアップの現状(後編)

【連載】freee 佐々木氏が教える「B2Bクラウドサービス、ココが凄い!」 [2] freeeの振り返り、将来、Fintech、B2Bスタートアップの現状(後編)

第1回に続き、freeeの成長の振り返りと展望、B2Bクラウドサービスの未来について佐々木氏に尋ねた。

[講演レポート提供]人事制度を改革せよ! グローバル時代の人事担当者に求められる資質とは?

[講演レポート提供]人事制度を改革せよ! グローバル時代の人事担当者に求められる資質とは?

10月20日に行われた第26回マイナビニュース スペシャルセミナーでは、「立ち上がれ、人事! 人材育成から始める経営改革」と題し、カゴメ 執行役員 経営企画本部 人事部長 有沢正人氏が登壇。大手企業の人事部門を統括してきた自身の経験を交えながら、これからの時代に求められる人事制度や、人材・組織の育成方法について解説が行われた。

ビジネスチャット「WowTalk」は"シンプル"で攻める

ビジネスチャット「WowTalk」は"シンプル"で攻める

キングソフト「WowTalk」のDepartment Assistant Directorを務める伍 陸(う りく)氏に、WowTalkの強みや、製品の将来像について話を聞いた。

大手ベンダー4社のCEOらが議論! IoTでイノベーションを起こすために必要な「コト」

大手ベンダー4社のCEOらが議論! IoTでイノベーションを起こすために必要な「コト」

IoTで何ができるのか、どのように社会イノベーションを実現していくべきなのか――。日立製作所が10月27日、28日に開催した「日立ソーシャルイノベーションフォーラム2016」のビジネスセッション「IoTとエコシステムで実現する社会イノベーション」では、IoT分野のトップランナーたちが登壇し、IoTの現状とあるべき姿、今後の展望などについて議論を交わした。

開発責任者が語った「ポケモンGO 誕生秘話」 - 始まりはエイプリルフール

開発責任者が語った「ポケモンGO 誕生秘話」 - 始まりはエイプリルフール

スタートアップメディアのTechCrunchが11月17日、18日に開催するスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2016」。6回目を迎えた今回は参加希望者が2000人にも及んだ。基調講演では、今年No.1ヒットとなったゲーム「ポケモンGO」のディレクター、Nianticの野村 達雄氏が誕生秘話と今後の展開について語った。

【ランサムウェア最新レポート】いま改めて見直す本当に効果的な対処方法とは

【特別企画】【ランサムウェア最新レポート】いま改めて見直す本当に効果的な対処方法とは

「M-Trends 2016」年次脅威レポートによると、Mandiantの調査担当者が、「デジタル恐喝」事件に直面しているクライアントに対応する件数が増えたことがわかる。TorrentLockerやCryptoWallなどの一般的なランサムウェアから感染するケースが典型的で、標的にされた組織は、機密データが暴露されるという脅威にさらされた。各組織はランサムウェアに対して早急に専門的な対応を行う必要がある。

CWO設置のあの企業に学ぶ! ワークスタイル変革セミナーを12/1(木)夜開催

CWO設置のあの企業に学ぶ! ワークスタイル変革セミナーを12/1(木)夜開催

近年、注目を浴びる「ワークスタイル変革」。多くの企業が、これまで当たり前だと思われてきた社内ルールを見直し、より柔軟な働き方を検討・実現しようとしている。なぜなら、それが結果的に業務効率を改善し、提供する製品・サービスの品質向上、事業の成長につながると考えられているからだ。12月1日(木)に開催するIT Search+会員向けスペシャルセミナー 第30回では、このワークスタイル変革をテーマに取り上げる。

freeeの振り返り、将来、Fintech、B2Bスタートアップの現状(前編)

【連載】freee 佐々木氏が教える「B2Bクラウドサービス、ココが凄い!」 [1] freeeの振り返り、将来、Fintech、B2Bスタートアップの現状(前編)

クラウド会計ソフトの「freee」をご存知だろうか? 個人事業主や従業員500名以下のSOHO/SMB、中小企業向けのクラウド会計ソフトで、2013年の提供開始からわずか3年で70万事業者(2016年11月時点)が利用している。

「GitHub」って何がそんなに便利なの? (後編)

【連載】情シスドタバタトリオが行く! ITワード調査隊 [10] 「GitHub」って何がそんなに便利なの? (後編)

ここまでのハナちゃんの説明で、Gitについて理解した2人。いよいよ、話は本題のGitHubに入ります。

IT Search+ IT製品/ソリューションアワード - 2016年7月-9月期

IT Search+ IT製品/ソリューションアワード - 2016年7月-9月期

IT Search+では、たくさんのIT関連の製品、ソリューションをご紹介させていただいております。今回は、その中でも特に、「製品情報をご覧いただいた方が多い」、「資料をダウンロードされた方が多い」製品/ソリューションを『IT Search+ IT製品/ソリューションアワード』として、勝手に表彰させていただきます! はたして、この2016年7月-9月期はどの製品、ソリューションが最も検討者が多かったのでしょうか。ぜひ、ご覧ください。

機械翻訳では実現できない「感情も読み取れる通訳」 - ビーマップが「J-TALK」を提供する理由

機械翻訳では実現できない「感情も読み取れる通訳」 - ビーマップが「J-TALK」を提供する理由

鉄道系のSIなどを行うビーマップが提供する通訳サービス「J-TALK」。昨今、機械翻訳の精度向上により、さまざまなサービスが提供されているが、J-TALKはオペレーターによる翻訳サービスを提供する。なぜ、人件費がかかる通訳者による翻訳を行うのか、ビーマップ 代表取締役社長の杉野 文則氏に話を伺った。

デジタルビジネスに乗り遅れるな! IT部門のコア人材には何が必要か?

デジタルビジネスに乗り遅れるな! IT部門のコア人材には何が必要か?

SAS Institute Japanは11月1日、次世代IT技術の活用に取り組む人々を対象としたカンファレンス「SAS Analytics Next 2016」を都内にて開催した。「アナリティクス新世代」をテーマに掲げた同カンファレンスでは、「AIで解き放つIoTの未来」、「AI時代の金融ビジネス」、「新たなるIT部門の役割」の3トラックを用意。これからの企業ビジネスを考えたとき、AIやIoT、ビッグデータのもたらすインパクトや、IT部門のあるべき姿などについて、さまざまなセッションが繰り広げられた。ここでは、「デジタルビジネス時代に期待されるIT部門の新たな価値」と題して行われたアイ・ティ・アール代表取締役 内山 悟志氏による講演のもようをレポートする。

異彩を放つ、富士通の法人スマホ

【連載】山口健太のモバイルNEXT [17] 異彩を放つ、富士通の法人スマホ

富士通コネクテッドテクノロジーズは、10月25日に開催した発表会で法人向けスマートフォンの新モデル「ARROWS M357」を発表。12月に4万9800円(税別)で発売することを明らかにした。新モデルは、NTTドコモの2016年夏モデル「arrows SV」の基本デザインを踏襲しつつ、国内法人ユーザーのさまざまな要望に応える端末であると富士通は位置付けている。その特徴を詳しく見ていこう。

ソフトバンク、Watson組み込みソリューションを提供開始 - 第1弾はチャットボットとCS支援

ソフトバンク、Watson組み込みソリューションを提供開始 - 第1弾はチャットボットとCS支援

ソフトバンクは10月31日、IBM Watsonをバックエンドに組み込んだソリューションパッケージの提供を11月1日より開始すると発表した。第1弾は、NTTデータ先端技術の「テクノマーク クラウド+」とジェナの「hitTO(ヒット)」で、今後もエコシステムパートナーとともに、ソリューションを拡充していくという。

IoT導入プロジェクトが進まない「3つの理由」と満たすべき「5つの条件」

IoT導入プロジェクトが進まない「3つの理由」と満たすべき「5つの条件」

IoTをビジネスに導入したい――そう考える企業が増えている。しかし、いざ具体的に導入をという段階になると、「どのようにIoTを取り入れればよいのかわからない」「思ったようにプロジェクトが進まない」といった課題に直面し、足踏みしているケースが多いようだ。なぜIoT導入はうまくいかないのか、IoTで成功するためにはどうすればよいのか。ここでは、10月4日~7日に開催された「CEATEC JAPAN 2016」において、エスキュービズム 取締役 武下真典氏が登壇したセッション「事例で学ぶ、わかりやすいIoTプロジェクトの進め方」をレポートしよう。

なぜ誰もが必要だと思っているのに、イノベーションを起こせないのか?

なぜ誰もが必要だと思っているのに、イノベーションを起こせないのか?

今、ビジネスの現場では、以前にも増してイノベーションの必要性が叫ばれている。しかし、「誰もが必要だと思っているにもかかわらず、なかなか変革が進まない」――これが、多くの企業の現状でもある。イノベーションとは何なのか、どうすれば現場を改革することができるのか。ここでは、10月4日~7日に開催されたCEATEC JAPAN 2016におけるVSN 代表取締役社長 兼 アデコ 代表取締役社長 川崎健一郎氏の講演「なぜイノベーションにつまずくのか~経営と現場視点の融合で生み出す最強の企業改革」をレポートする。

AI・機械学習に企業はどう向き合うべきか? - カギは「データの民主化」

AI・機械学習に企業はどう向き合うべきか? - カギは「データの民主化」

10月4日~7日にかけて行われた「CEATEC JAPAN 2016」の3日目には、この第4次産業革命にフォーカスしたセッション「データの民主化による第4次産業革命」が行われ、リクルートホールディングス Recruit Institute of Technology 推進室室長 石山洸氏、および米データロボットのCEO ジェレミー・アシン氏が登壇。変化をチャンスに変えるために、企業が今なすべきことについて解説した。

812 件中 621~640件目を表示中

812 件中 621~640件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る