ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

445 件中 81~100件目を表示中

開発言語 Python(その11)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [172] 開発言語 Python(その11)

「The Python Tutorial」では、モジュールおよびパッケージの説明の後、プログラミング言語としてPythonを使う場合に必要となる最低限の関数の使い方などが紹介されていく。最初に取り上げられるのは文字列のフォーマットに関してだ。

算術演算子

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [44] 算術演算子

今回からはもう少し詳しくPowerShell Coreの機能を取り上げていく。今回は算術演算子だ。

制御構文風コマンド for

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門 [28] 制御構文風コマンド for

前回はコマンドプロンプトやバッチファイルで利用できる制御構文風のコマンドとしてifを取り上げた。今回は同じく制御構文風の機能として利用できるforを紹介する。

開発言語 Python(その10)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [171] 開発言語 Python(その10)

前回、Pythonでモジュールを作成してデプロイし、コードから読み込んで利用する方法を紹介した。これでサードパーティ製パッケージを利用するための準備はほとんどできたようなものだ。今回はパッケージについて理解するために、「The Python Tutorial」に掲載されているサンプルを見てみよう。

関数 ヘルプのドキュメント

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [43] 関数 ヘルプのドキュメント

PowerShell Coreでは関数内部または関数の直前にヘルプで表示されるドキュメントをコメントとして書けるようになっている。ある程度関数を使うようになったら習慣づけたい。

開発言語 Python(その9)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [170] 開発言語 Python(その9)

Pythonやそのパッケージをインストールすると、「.pyc」という拡張子のファイルがインストールされる。これは、コンパイル済みのPythonのバイトコードだ。今回は、このコンパイル済みPythonバイトコードファイルや「sys」「builtins」といったモジュールについて取り上げる。

関数 関数ドライブ

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [42] 関数 関数ドライブ

前回より関数について掘り下げているが、PowerShell Coreの関数は、関数ドライブという点からアクセスする方法も用意されている。今回はその関数ドライブを取り上げる。

制御構文風コマンド if

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門 [27] 制御構文風コマンド if

今回はifコマンドを取り上げる。シェルほどではないが、簡単な分岐処理や繰り返し処理を実行できるようになる。

開発言語 Python(その8)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [169] 開発言語 Python(その8)

本連載はプログラミング言語を紹介するものではないのだが、Pythonは学習コストを差し引いても習得することで自動化できる作業量のメリットが多いので、もうちょっと説明を継続したい。Pythonの真髄はモジュールやパッケージといったサードパーティ製コードを利用できる点にある。そこにたどり着くまで、もう少しだけPythonの話をしよう。

関数 スコープ

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [41] 関数 スコープ

PowerShell Coreで関数を扱い始めたからには、そろそろスコープについても理解しておかなければならない。スコープとはアクセスできる範囲のようなものだ。

ログオフする logoff

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門 [26] ログオフする logoff

Windowsには、サインアウト(ログオフ)に関しても、CUIで実行できるよう「logoff」というコマンドが用意されている。

開発言語 Python(その7)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [168] 開発言語 Python(その7)

前回はPythonの関数の基本を取り上げた。今回は関数のより進んだ使い方を取り上げる。すべてを理解する必要はないが、他人の書いたコードやライブラリを理解するために、こういった書き方や使い方ができるということは知っておきたい。

IPアドレスを表示する ipconfig

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門 [25] IPアドレスを表示する ipconfig

Windowsでネットワークアダプタに設定されているIPアドレスの情報などを表示するコマンドにipconfigがある。これはLinuxにおけるifconfigコマンドに似たものだが、WindowsのipconfigコマンドはTCP/IPネットワーク設定の値を表示する機能以外にも、DHCPやDNSの設定を更新したり設定する用途でも使われている。

関数 オブジェクト渡しとフィルタ

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [40] 関数 オブジェクト渡しとフィルタ

UNIXのシェルではパイプラインを流れるデータは一方通行であり、かつ、データはそのままデータとして流れていく。一方、PowerShell Coreではパイプラインを流れていくのはオブジェクトであり、複数のオブジェクトを流すことができる。

開発言語 Python(その6)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [167] 開発言語 Python(その6)

Pythonでは当然、関数も作成できる。関数が作成できるようになると一気にプログラミング言語感が増してくるというものだ。Pythonでは「def 関数名(引数):」といった記述で関数を定義することができる。関数はよく使われる機能なので、書けるようにも読めるようにもなっておきたい。

任意アクセス制御リストを表示/設定する icacls

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門 [24] 任意アクセス制御リストを表示/設定する icacls

LinuxとWindowsとではファイルやディレクトリといったリソースに対する保護モデルが異なるが、Windowsにもファイルやディレクトリアクセスを制御する機能がいくつか備わっている。

関数 ポジションパラメータ、スイッチパラメータ、パラメータ渡し

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [39] 関数 ポジションパラメータ、スイッチパラメータ、パラメータ渡し

前回紹介したのは名前付きパラメータと呼ばれる機能で、たとえば「-Offset 10」のように、パラメータ名とその引数で構成されたものだった。PowerShellではこれ以外に引数を取らないパラメータも指定できるし、そもそもパラメータではなく引数に値だけを列挙するといった使い方もできる。

開発言語 Python(その5)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [166] 開発言語 Python(その5)

前回までで、チュートリアルを見ながら簡単なPythonのコードを書けるようになったはずだ。インデント、文字列、リストといったPythonでも基本中の基本となる部分は理解できるようになっていると思う。今回はチュートリアルの流れに習って制御構文の基本となる「if」と「for」について取り上げる。

ホスト名を表示する hostname

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門 [23] ホスト名を表示する hostname

WindowsコマンドにもLinuxコマンドのようにホスト名を表示するためのhostnameというコマンドが用意されている。Linuxのhostnameコマンドのようにいくつものオプションが用意されているわけではないが、役立つシーンもあるので取り上げておこう。

使い方を表示する help

【連載】LinuxユーザーのためのWindowsコマンド超入門 [22] 使い方を表示する help

Windowsにはmanコマンドは用意されていない。しかし、一応似たようなことができるコマンドは用意されている。helpコマンドだ。

445 件中 81~100件目を表示中

445 件中 81~100件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る