ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

429 件中 41~60件目を表示中

運用環境 シェル(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [182] 運用環境 シェル(その2)

shは「シェル」と呼ばれる種類のソフトウェアの1つである。シェルは、ユーザーがログインしたときに最初に実行されるソフトウェアだ。ユーザーから入力される行データ、もしくは読み込んだファイルのデータを基に、命令を実行する。前者の使い方は「インタラクティブシェル」、後者の使い方は「シェルスクリプト」と呼ばれることもある。

PowerShell 7.0.0 Preview1登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [52] PowerShell 7.0.0 Preview1登場

PowerShellチームは2019年5月30日(米国時間)、「PowerShell 7 Road Map|PowerShell」において、PowerShell 7の初のプレビュー版となる「PowerShell 7.0.0 Preview1」の公開を伝えた。

運用環境 シェル(その1)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [181] 運用環境 シェル(その1)

これまで開発環境について説明するなかで、C言語とPythonについて取り上げてきた。今回からは、これらとは別の切り口で「シェル」について取り上げる。Linuxにおいて中核を成すソフトウェアの1つだ。

型演算子

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [51] 型演算子

今回は型演算子を取り上げる。特徴的な機能であり本格的にコーディングに取り組む際には知っておきたい機能だ。

開発言語 Python(その19)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [180] 開発言語 Python(その19)

これまで2回に渡ってPythonを使って実用的なツールを作成する方法を紹介してきた。1つはCSVデータをパースして処理する方法、もう1つはJSONデータのパースやダンプの方法だ。どちらも簡単なサンプルだったが、これらを組み合わせることでさらに別のツールが作れることにお気づきだろうか。Pythonはかなり短いコードで機能的に動作するツールを作成することができる。

データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

【特別企画】データ保護環境が大きく変化するなか、企業が押さえるべき3つのポイントとは?

バックアップや災害対策(DR)を中心としたデータ保護環境が大きく変化している。背景にあるのは、ビジネスとITプラットフォームで起こっている変化だ。伝統的なITプラットフォームはサーバー、ネットワーク、ストレージの3階層モデルで構成し、オンプレミスで運用することが基本だった。しかし、近年はビジネスのニーズに対応できるように仮想化技術やクラウドサービスが発達した。それにともない、従来とは異なるバックアップやDRのアプローチが求められるようになってきたのだ。

開発言語 Python(その18)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [179] 開発言語 Python(その18)

前回に引き続き、これまでにチュートリアルで学んできたことを使ってPythonで実用的なツールを作成する方法を紹介していく。今回は、IPアドレスから、IPアドレスを使っているサーバの位置情報を取得する方法を取り上げる。

GPUを活用したAIプラットフォームの最適解とは? - HPE AIインフラセミナー2019春 レポート-

【特別企画】GPUを活用したAIプラットフォームの最適解とは? - HPE AIインフラセミナー2019春 レポート-

データセンターのサーバーからストレージ、そしてハイパフォーマンスコンピューティングまでカバーするソリューションを展開する日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下、HPE)は都内で半日のセミナーを実施。昨今、注目が集まるGPUを活用したエンタープライズ向け人工知能/機械学習ソリューションについて様々な角度から講演した。

高度化したサイバー攻撃への対策、重要となるのは適切なインシデント対応と迅速な復旧体制の構築

【特別企画】高度化したサイバー攻撃への対策、重要となるのは適切なインシデント対応と迅速な復旧体制の構築

ITのビジネス活用が当然のものとなった現代では、企業を狙ったサイバー攻撃が激化している。多様化・高度化を続ける攻撃に対し、これまでのセキュリティ対策だけでは不十分だ。

開発言語 Python(その17)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [178] 開発言語 Python(その17)

これまで「The Python Tutorial」の内容を紹介する形でPythonの機能や使い方を紹介してきた。チュートリアルにはまだ先があるのだが、残りの章で取り上げている内容は高度なプログラミングの話になってくるので、この連載の守備範囲を越えてくる。前回までの内容を把握してけば十分だろう。そこで今回は、Pythonを使って実際に自動的な作業ツールを作る例を取り上げる。

リダイレクト演算子

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [50] リダイレクト演算子

UNIX系のシェルを扱う方なら、リダイレクトを使ったことがあるだろう。PowerShellでも同様の操作でリダイレクトが可能だが、ストリームの種類が豊富という特徴がある。

開発言語 Python(その16)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [177] 開発言語 Python(その16)

「The Python Tutorial」ではコアライブラリについてもう少しサンプルを取り上げて紹介している。こちらもPythonのコアライブラリ(コアモジュール、コアパッケージ)がどういった機能を提供しているのかの一端を知る上で重要なので、もうちょっと触れておきたいと思う。

比較演算子

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [49] 比較演算子

PowerShell Coreの比較演算子は、現在主流のプログラミング言語と比べるとかなり特徴的だ。ハイフンからはじまる文字列が比較演算子になっている。今回はこの比較演算子について取り上げる。

開発言語 Python(その15)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [176] 開発言語 Python(その15)

The Python Tutorialではクラスの説明をした後に標準ライブラリを取り上げ、デフォルトで提供されている「よく使われるモジュール」を紹介している。ある程度プログラミングの経験がある方なら、チュートリアルとしてはここから読んでもよいくらいだ。今回は、モジュールでどういったことができるのかざっと追っていこう。

PowerShell Core 6.2の次は「PowerShell 7」

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [48] PowerShell Core 6.2の次は「PowerShell 7」

先日最新版となる「PowerShell Core 6.2」が公開されたばかりだが、すぐに次のニュースが飛び込んできた。MicrosoftがPowerShell Core 6.2の次のバージョンを「PowerShell 7」として公開すると発表したのだ。

開発言語 Python(その14)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [175] 開発言語 Python(その14)

Pythonはオブジェクト指向プログラミングに必要となる機能を一通り提供していると言われており、いわゆるオブジェクト指向プログラミング言語ということになる。しかし、これまで取り上げてきたようにオブジェクト指向を意識しなくても利用できる仕組みにもなっている。そこで、今回はコードを大雑把に読める程度にクラスの機能を紹介しておこうと思う。

「ニュータニックス×ジュニパー」の新たな連携ソリューションとは

【特別企画】「ニュータニックス×ジュニパー」の新たな連携ソリューションとは

サーバーからネットワーク、ストレージ、ハイパーバイザーまでを統合した「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」は、いまや当たり前のものとなりつつある。日商エレクトロニクスでは、その概念が浸透する以前の2012年からこうした製品をソリューションとして提供しており、同社がHCIの概念を最初に確立したニュータニックスと国内初の代理店契約を結んだのも自然な流れといえるだろう。ニュータニックスの代理店として、日商エレクトロニクスの実績は国内トップ。これまで同社が販売したニュータニックス社のソフトウェアのインストールベースは累計1,700ノードにのぼる。

PowerShell Core 6.2 実験的新機能 - typo判定ほか

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [47] PowerShell Core 6.2 実験的新機能 - typo判定ほか

先日公開された「PowerShell Core 6.2」は、ユーザから寄せられた使い勝手に関する機能の導入や、バグ修正などが中心だ。しかし、実験的機能という位置づけで、いくつか興味深いものが追加されている。

開発言語 Python(その13)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [174] 開発言語 Python(その13)

比較的新しいプログラミング言語が例外処理を備えているように、Pythonにも例外処理の機能が備わっている。かならず使わなければならないという機能ではないのだが、他人の書いたコードが読める程度にはこの機能のことは知っておこう。

PowerShell Core 6.2登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [46] PowerShell Core 6.2登場

Microsoftは2019年3月28日(米国時間)、「General Availability of PowerShell Core 6.2 | PowerShell」において、PowerShell Coreの最新版となる「PowerShell Core 6.2」の公開を伝えた。今回のバージョンは利便性の向上に焦点が当てられている。

429 件中 41~60件目を表示中

429 件中 41~60件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る