ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

533 件中 41~60件目を表示中

Vimを使う - 置換(その3)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [226] Vimを使う - 置換(その3)

前回までに取り上げたVimの置換機能は、ほんの一部に過ぎない。複数の機能を組み合わせることで、もっと複雑な置換作業も一発で処理することができる。今回はその方法について簡単に紹介しておこう。

PowerShellGet 3.0が目指すもの

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [95] PowerShellGet 3.0が目指すもの

Microsoftは2020年3月30日(米国時間)、「PowerShellGet 3.0 Preview 1|PowerShell」において、PowerShellGetの次期バージョンへ向けた初のプレビュー版となる「PowerShellGet 3.0 Preview 1」の公開を伝えた。今回はこの新しいプレビュー版が最終的にどのような機能を実現することを目指しているかについて取り上げようと思う。

Vimを使う - 置換(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [225] Vimを使う - 置換(その2)

前回はVimの置換機能の基本を網羅的に紹介した。Vimでは単純に文字列を置換することもできるし、パターンを使ったより複雑な置換を行うこともできる。置換機能はデータの編集整理などにも便利で、専用のツールを使ったりプログラムを組んだりしなくとも、Vimだけでデータを編集することもできる。今回はそうした置換の使用例を紹介する。

PowerShellGet 3.0 Preview 1登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [94] PowerShellGet 3.0 Preview 1登場

PowerShellGet 3.0はPowerShellGetにとって重要度の高いバージョンになる。PackageManagementおよびNuGetプロバイダに依存している現在のコードを削除するとともに、コードベースをPowerShellスクリプトからC#に変更する開発を進めている。これによってメンテナンスが従来よりも簡単になる見通しだ。

Vimを使う - 置換

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [224] Vimを使う - 置換

Vimの提供する機能で特に強力なものの1つに置換がある。Vimの置換は強力である反面、指定方法が呪文じみている。慣れてしまえばどうということもないのだが、慣れないと本当に呪文のように見えるかもしれない。今回はこの置換について紹介する。

PowerShell 7.1 Preview 1登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [93] PowerShell 7.1 Preview 1登場

PowerShell 7が公開されたばかりなのだが、Microsoftは2020年3月26日(米国時間)、PowerShell 7の次のバージョンとなる「PowerShell 7.1」へ向けた最初のプレビュー版「PowreShell 7.1 Preview 1」の公開を伝えた。Microsoftは早めに次のバージョンのプレビュー版を公開し、開発を進めていきたい意向を示している。

Vimを使う - 検索(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [223] Vimを使う - 検索(その2)

前回、Vimの検索では「パターン」と呼ばれる、意味を持った文字列を使った検索が可能であることを紹介した。検索で使えるパターンや、どのような指定ができるのかについては理解していただけたはずだ。今回はパターンを使った検索の例を取り上げ、具体的にどのように検索を行うのかについて紹介しよう。

PowerShell 7 インストール方法(Windows、macOS、Ubuntu)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [92] PowerShell 7 インストール方法(Windows、macOS、Ubuntu)

Microsoftは2020年3月4日(米国時間)、「Announcing PowerShell 7.0」においてWindows PowerShellの後継プロダクトとなる「PowerShell 7.0」の公開を発表した。今後同社は、Windows 10で使用する正式なPowerShell実装系としてPowerShell 7を使うことになる。このタイミングでもう一度インストール方法についてまとめておく。

DX時代に、最適な基盤を提供するハイエンドストレージ「PowerMax」の実力とは

【特別企画】DX時代に、最適な基盤を提供するハイエンドストレージ「PowerMax」の実力とは

2019年10月に登場したDell EMCの新しいハイエンドストレージ「PowerMax」が高い関心を集めている。ハイエンドストレージとして初めてNVMe over Fabricとストレージクラスメモリ(SCM)に対応したことで、圧倒的なパフォーマンスと可用性を実現したことが特徴だ。

Vimを使う - 検索

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [222] Vimを使う - 検索

Vimの検索で指定できる文字列には「パターン」と呼ばれるものがあり、これに該当する文字列はただの文字列としてではなく、意味のある指示として解釈される。この機能を使いこなすとより複雑な検索指定が可能になる。今回は、このパターンについて紹介しよう。

Visual Studio Code、PowerShell 7に対応

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [91] Visual Studio Code、PowerShell 7に対応

Microsoftは2020年3月5日(米国時間)、「Visual Studio Code for PowerShell 7」において、Visual Studio Code向けのPowerShell拡張機能のメジャーアップデート版を公開したと伝えた。同版は、アーキテクチャの刷新やバグ修正などを含んでいるほか、先日公開された「PowerShell 7.0」に対応している。

Vimを使う - 基本モードと派生モード

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [221] Vimを使う - 基本モードと派生モード

前回はVimの最も基本的なモードとして「ノーマルモード」「挿入モード」「コマンドラインモード」を紹介した。Vimにはこれら以外にも3つのモードと、さらにその派生モードが存在している。今回は、この辺りについて説明しよう。

PowerShell 7.0登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [90] PowerShell 7.0登場

Microsoftは2020年3月4日(米国時間)、Windows PowerShellの正式な後継バージョンとなるPowerShell 7系の初の一般公開リリース「PowerShell 7.0」の公開を発表した。本連載ではPowerShell 7.0の新機能について長らく取り上げてきたが、今回はMicrosoftがアナウンスの中で挙げた新機能を改めて取り上げておこう。

一人情シスで管理可能な高性能・高効率・低コストのVDI 環境を検証する

【特別企画】一人情シスで管理可能な高性能・高効率・低コストのVDI 環境を検証する

VDI環境は従来、端末数が数千台の規模にならないとシンクライアント化のコストメリットが生まれず、中小企業には不向きとされてきた。その状況を大きく変えようとしているのが、Dell Technologiesのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)「Dell EMC VxRail」(以下、VxRail )だ。VxRail の活用によって、一人情シスでも管理が可能な高性能・高効率・低コストのVDI環境が実現されるという。ネットワンシステムズでは、そうしたVxRail の可能性を検証すべく、小規模VDI環境をVxRail で構成、「Windows File Server」やDell Technologiesの「Dell EMC Unity VSA」、さらには「移動プロファイル」「FSLogix」を使った性能検証を実施した。その検証結果を報告する。

誰もがAI/ディープラーニングを活用できる時代に。NVIDIAが提案する日本企業の成長戦略

【特別企画】誰もがAI/ディープラーニングを活用できる時代に。NVIDIAが提案する日本企業の成長戦略

いよいよ実用フェーズに入ったとされるAI/ディープラーニング。だが、日本での活用はいまだスタート段階にあり、残念ながら普及が進んでいるとは言い難い。GPUによってAI/ディープラーニングの進化を加速し、数多くの企業を支援しているNVIDIA(エヌビディア)は、「日本企業の成長のカギはAI活用」だと強く語る。本稿ではAIの隆盛とともに歩むGPUの進化を紐解きつつ、AI/ディープラーニング活用における課題とあるべき成長戦略を探っていこう。

Vimを使う - 基本モード

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [220] Vimを使う - 基本モード

本連載ではこれまで、Vimの起動/終了方法に始まり、文字列の入力方法や削除方法、カーソルの移動方法、文字列の選択方法、選択した文字列に対する削除/置換/コマンド実行の方法などを取り上げてきた。それを踏まえて今回、「モード」という概念を説明したい。

PowerShell 7.0.0 Preview1-RC3 ベンチマーク(Windows 10)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [89] PowerShell 7.0.0 Preview1-RC3 ベンチマーク(Windows 10)

PowerShell 7.0.0 RC3までは公開されたものの、正式版の公開までは後1、2カ月かかりそうだ。せっかくプレビューが6個、候補リリースが3個公開されているので、その過程でPowerShell 7のパフォーマンスに変化があったのかどうか、調べてみようと思う。

PowerShell 7.0.0 - 長引く候補リリース

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [88] PowerShell 7.0.0 - 長引く候補リリース

Microsoftは、2019年12月17日(米国時間)に「PowerShell 7.0.0 Release Candidate 1」を公開した。同社は当初、この候補リリースが正式公開前の最後のリリースになるだろうと説明しており、2020年1月には正式版となる「PowerShell 7.0.0 GA」を公開する予定にしていた。しかし、実際には2月末になった現在も正式版は公開されていない。

Vimを使う - テキスト選択の活用

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [219] Vimを使う - テキスト選択の活用

前回までにVimにおけるテキスト選択の基本を紹介した。効率的にテキスト選択をする方法もいくつか取り上げたので、練習すればかなり素早く任意のテキスト領域を選択できるようになるはずだ。それを踏まえて今回は、選択した対象に処理を行う方法を紹介する。

運用監視の自動化をすぐに、簡単に実現する方法

【特別企画】運用監視の自動化をすぐに、簡単に実現する方法

実運用に添った仕組み、ルールを用意しなければ、運用監視の簡素化は成功しない。本稿では、きちんと機能する仕組みをすぐに、簡単に構築するためのサービスとして、「IIJ統合運用管理サービス(UOM)『シンプルパック』」を紹介する。

533 件中 41~60件目を表示中

533 件中 41~60件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る