ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

444 件中 1~20件目を表示中

進むWindowsのLinux化 - Visual Studio Online

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [205] 進むWindowsのLinux化 - Visual Studio Online

Microsoftは11月4日(米国時間)、「Announcing Visual Studio Online Public Preview」において、新しいサービスとなる「Visual Studio Online」のパブリックプレビュー版を公開したと伝えた。今回はこの新しいサービスについて触れておきたいと思う。

PowerShell 7.0.0 Preview5新機能 - 強化されたタブ補完機能

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [74] PowerShell 7.0.0 Preview5新機能 - 強化されたタブ補完機能

「PowerShell 7 Preview 5」にはプログラミング言語としての新機能も追加されているが、インタラクティブシェルとしての利用においての利便性も向上している。特に注目したいのがタブ補完機能の強化だ。

進むWindowsのLinux化 - Windows Terminal(その2)

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [204] 進むWindowsのLinux化 - Windows Terminal(その2)

Microsoftは現在プレビュー版の段階にあるWindows Terminalを2019年末にはフィーチャーフィックスし、2020年第1四半期または少なくとも第2四半期には正式版として公開することを考えている。Windows Terminalについては第197回でも取り上げたが、あれからさらに洗練されてきたのでここでもう一度取り上げておきたい。

新たな発見につながる、システム監視の手引き

【特別企画】新たな発見につながる、システム監視の手引き

システム停止、性能ダウンの発生を、可能な限り排除する。ここにあたり、システム監視は欠かすことのできない業務だ。本稿では、システム監視に関わる考え方と基本的な技術、構成要素を解説し、その上で"過不足の無いシステム監視"を行うための方法と、ツール選定にあたって持つべき視点を提示する。

PowerShell 7.0.0 Preview5新機能 - ヌル合体演算子/ヌル合体代入演算子

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [73] PowerShell 7.0.0 Preview5新機能 - ヌル合体演算子/ヌル合体代入演算子

「PowerShell 7 Preview 5」に導入された新機能を紹介する。今回紹介するのはヌル合体演算子とヌル合体代入演算子だ。

進むWindowsのLinux化 - OpenSSH for Windows

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [203] 進むWindowsのLinux化 - OpenSSH for Windows

WSLが導入され、Windowsで直接Linuxが利用できるようになったことでWindowsネイティブなOpenSSHの必要性は低くなってしまったが、実はWindows 10にはすでにWindows版のOpenSSHが統合されている。今回はこのOpenSSH for Windowsについて見ていこう。

PowerShell 7.0.0 Preview5新機能 - パイプラインチェイン演算子

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [72] PowerShell 7.0.0 Preview5新機能 - パイプラインチェイン演算子

PowerShell 7はそろそろ正式リリースへ向けたバグ修正や互換性向上、安定性改善、パフォーマンス向上などに取り組むべきタイミングに来ているが、先日公開された「PowerShell 7 Preview 5」にはいくつもの新機能が追加されている。どの機能も興味深いが、UNIX系のシェルに慣れたユーザーにとっては新しく追加された「パイプラインチェイン演算子」が特に興味深いはずだ。

事前検証にみるユーザーメリットを解説――Dell EMC「PowerMax」のアップデート

【特別企画】事前検証にみるユーザーメリットを解説――Dell EMC「PowerMax」のアップデート

デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展、AIやIoTといった新しいテクノロジーの活用は、企業におけるデータの在り方を一変させました。

SAP S/4 HANA移行を成功に導く、ネットアップのストレージソリューション

【特別企画】SAP S/4 HANA移行を成功に導く、ネットアップのストレージソリューション

2025年に控えるSAP ERPのEOSLを受けて、基幹系システムをSAP S/4 HANAへ移行する企業が増えつつある。中にはこの移行をきっかけにして、ビジネスプロセスの簡素化、ユーザータスクの自動化を試みる企業も少なくない。単にERPをSAP S/4 HANAに移すのではなく、業務標準化や自動化といった"発展を伴う取り組み"として、移行が取り組まれているのだ。本稿では、ここにあたって有用となるネットアップのストレージソリューションについて、SAPアプリケーションのライフサイクル管理、耐障害性強化、バックアップとリカバリの三軸から紹介する。

進むWindowsのLinux化 - PowerShell 7

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [202] 進むWindowsのLinux化 - PowerShell 7

MicrosoftがLinuxに本気で取り組んでいることを示す別方向の証拠としては、PowerShellを挙げることができる。特に、PowerShellをPowerShell Coreとしてオープンソース化しLinuxでも利用できるようにしたことと、PowerShell Coreを正式版としてWindowsへの逆輸入を進めていることに注目したい。

HCIのイメージが変わる。ネットアップのHCIが革新的である2つの理由

【特別企画】HCIのイメージが変わる。ネットアップのHCIが革新的である2つの理由

サーバー、ネットワーク、ストレージの3層(Tier)から成る構成を統合して提供するHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)は、次世代の仮想化インフラとして注目を集めてきた。しかし、一体型故に生じるパフォーマンス面の課題を理由に、大規模システムやミッションクリティカルな用途ではまだ活用が進んでいない。そんな中、ITインフラベンダーの雄であるネットアップから、エンタープライズのコアITにも適用し得るHCIが登場した。

PowerShell 7.0.0 Preview5登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [71] PowerShell 7.0.0 Preview5登場

Microsoftは2019年10月23日(米国時間)、「PowerShell 7.0.0 Preview5」において、PowerShell 7.0.0へ向けた5つ目のプレビュー版となる「PowerShell 7.0.0 Preview5」の公開を伝えた。Microsoftは2019年11月に「PowerShell 7.0.0 Preview6」の公開を予定しており、2019年12月にはリリース候補版の提供が予定されている。

進むWindowsのLinux化 - 等幅フォントCascadia Code

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [201] 進むWindowsのLinux化 - 等幅フォントCascadia Code

MicrosoftがWindowsのLinux化を進める本気度の高さが伺える動きが最近あった。Microsoftが新しい等幅フォント「Cascadia Code」をOSSとして公開したのだ。このフォントはWindows Terminalでの採用が計画されている。Cascadia Codeの公開は、Microsoftがこうした環境の改善に本気で取り組んでいることを示すものだと言える。

「サイバーレジリエンシー」の仕組みを構築するDell Technologiesのアプローチ

【特別企画】「サイバーレジリエンシー」の仕組みを構築するDell Technologiesのアプローチ

「サイバーレジリエンシー」という言葉をご存じだろうか。「レジリエンシー」とは、企業が何らかの被害を被った際、その被害を最小限に食い止め、製品・サービスの提供を維持し続ける能力のことを指す。

PowerShell 7.0.0 Preview4新機能 ForEach-Object並列処理(3)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [70] PowerShell 7.0.0 Preview4新機能 ForEach-Object並列処理(3)

ForEach-Objectコマンドレットの並列処理性能は、PowerShell 7.0.0 Preview4でわずかに改善した。PowerShell 7.0.0 Preview3の段階のForEach-Objectコマンドレットは、同時に実行される実行スペース(runspace)の数が多くなるとパフォーマンスが悪化するという問題があったのだが、これが修正されたのだ。

進むWindowsのLinux化 - Visual Studio Code+WSL

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [200] 進むWindowsのLinux化 - Visual Studio Code+WSL

WSLの登場でWindowsにおけるLinuxソフトウエア開発のスタイルが変わりつつある。WSLの最大の特徴はWindowsとLinuxとのシームレスな統合にある。この機能を利用すると、Windowsであり、かつWindowsのアプリケーションを使いながら、Linuxサーバ向けのソフトウエアを開発することができる。

Windows PowerShell 5.1のヘルプを更新する方法

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [69] Windows PowerShell 5.1のヘルプを更新する方法

PowerShellはPowerShell 3.0のときにヘルプドキュメントを更新可能な仕組みへ変更した。ヘルプドキュメントは自分でも更新することが可能だ。今回はその方法を紹介する。

進むWindowsのLinux化 - WSL2

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [199] 進むWindowsのLinux化 - WSL2

Microsoftは、WSL1とは全く異なる仕組みを使うWSL2の開発に取り掛かった。Microsoftは「Hyper-V」というハイパーバイザ技術を保有しており、この技術を使うことでx86-64システムで仮想マシンを実行することができる。WSL2では、これを利用し、Linuxカーネルを仮想環境で実行することでWSL1の問題を解決しようとしている。

PowerShell 7.0.0 Preview4登場

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [68] PowerShell 7.0.0 Preview4登場

今回は、2019年9月19日(米国時間)に公開された「PowerShell 7.0.0 Preview3」の変更点や新規を取り上げる。プレビュー版はバグ修正が主な目的とされているが、それでもいくつかの新機能が導入されている。

PowerShell 7.0.0 Preview3新機能 ForEach-Object並列処理 (2)

【連載】PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方 [67] PowerShell 7.0.0 Preview3新機能 ForEach-Object並列処理 (2)

前回はPowerShell 7.0.0 Preview 3に新しく追加されたForEach-Objectコマンドレットの並列処理機能(-Parallel)について紹介した。今回はこの機能の利点や欠点についてもうちょっと突っ込んで説明しておこう。

444 件中 1~20件目を表示中

444 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る