ピックアップ記事一覧

ピックアップ記事一覧

252 件中 1~20件目を表示中

2020年の潮流は? 2019年の総括に見るハイブリッドクラウドの進化

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [18] 2020年の潮流は? 2019年の総括に見るハイブリッドクラウドの進化

今回は、2019年11月~12月にかけて開催した勉強会のレポートを凝縮してお届けした上で昨年1年間の研究会活動とクラウド関連トピックを振り返り、2020年の潮流を読むヒントにしていきたいと思います。

Windows 7 ESUで何年使う? Windows 10移行準備を急ぐべき理由と、その負担を大幅削減する方法とは

【特別企画】Windows 7 ESUで何年使う? Windows 10移行準備を急ぐべき理由と、その負担を大幅削減する方法とは

マイクロソフトは2019年12月、Windows 7のセキュリティ更新プログラムを2020年1月14日以降も最大3年間提供する「Extended Security Updates (ESU)」について、全ての法人にまで提供範囲を拡大することを発表した。これを受けてWindows 7の延長利用を決めた企業も多いと思うが、近い将来、Windows 10に移行せねばならないことには違いはない。Windows 7の延長利用を選択した企業は、いつ、どのタイミングでWindows 10へ入れ替えるべきなのか。

クラウド選定の思わぬ落とし穴とは?

【特別企画】クラウド選定の思わぬ落とし穴とは?

ビジネス環境が激しく変化するなか、俊敏性や拡張性を獲得するべくクラウド移行に取り組む企業が増えている。とりわけ、今日のクラウド移行で多いのは、財務経理や人事給与、生産管理などバックオフィス系システムを対象としたケースだ。

ソフトバンクが約100の社内プロジェクトを経て開拓した、 GCP 活用の成果とは?

【特別企画】ソフトバンクが約100の社内プロジェクトを経て開拓した、 GCP 活用の成果とは?

ソフトバンクの法人部門は、これまで金融・自動車・製造・流通・小売・建設・不動産・運輸・運送・官公庁といったあらゆる領域に対して、最新のITソリューションを提供してきた。その中でも、近年とくに高い注目を集めているのが GCP(Google Cloud Platform )だ。いま GCP を使う利点はなんだろうか? いったいどのようなことが可能になるのだろうか? 本稿ではソフトバンクならではの事例と提案を紹介する。

AWSで機械学習を始めよう

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [1] AWSで機械学習を始めよう

本連載では、「機械学習を取り入れたいが、担い手がおらず導入に踏み切れない」「機械学習の知識はある程度あるが、実装手段までは分からない」といった悩みを持つ読者が、パブリッククラウドとしてシェアの高いAWSが提供するサービスを使って、ビジネスに機械学習を取り入れていく方法を考えていきます。

インシデント解決をハンズオンで体感! IT部門が戦略的な業務に集中するには...

【特別企画】インシデント解決をハンズオンで体感! IT部門が戦略的な業務に集中するには...

IT運用を「マネージドサービス」に任せることができれば、IT部門が戦略的な業務に集中することができ、DXの実現に繋げられるという。そこで注目したいのが「GMOne ITSM Platform」である。 本稿では「NTT Communications Forum 2019」でのインシデント管理を例にとった、ハンズオンの模様をレポートしている。

「ハイブリッドクラウド研究会 第7回勉強会」レポート

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [17] 「ハイブリッドクラウド研究会 第7回勉強会」レポート

今回は、米Microsoftのインテリジェントエッジ担当者とコラボレーションして開催した第7回勉強会の様子をお届けします。

HCIのイメージが変わる。ネットアップのHCIが革新的である2つの理由

【特別企画】HCIのイメージが変わる。ネットアップのHCIが革新的である2つの理由

サーバー、ネットワーク、ストレージの3層(Tier)から成る構成を統合して提供するHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)は、次世代の仮想化インフラとして注目を集めてきた。しかし、一体型故に生じるパフォーマンス面の課題を理由に、大規模システムやミッションクリティカルな用途ではまだ活用が進んでいない。そんな中、ITインフラベンダーの雄であるネットアップから、エンタープライズのコアITにも適用し得るHCIが登場した。

DX時代を勝ち抜くための次世代IT基盤の選び方 - セミナーレポート

【特別企画】DX時代を勝ち抜くための次世代IT基盤の選び方 - セミナーレポート

2019年7月5日、ネットアップは、「次世代のIT基盤を考える-クラウドとオンプレミスの融合、その先をめざして-」と題したセミナーを、東京・日本橋で開催した。ここではその一部を紹介したい。

生産性がアップ!「ITサービスマネジメント」で煩雑化した業務システムを一元管理

【特別企画】生産性がアップ!「ITサービスマネジメント」で煩雑化した業務システムを一元管理

DXの実現を支援するソリューションとして注目されているのが、ITサービスマネジメントクラウドサービス「ServiceNow」(サービスナウ)。 企業内における申請業務の統合や、カスタマーサービスの効率化、IT運用現場での利用といったさまざまなニーズに対し、1つのプラットフォーム上で対応可能なサービスだ。

Amazon S3にアクセスするSpringアプリケーション(1)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [26] Amazon S3にアクセスするSpringアプリケーション(1)

前回はAmazon S3の概要を説明した上でバケットを作成し、ファイルをアップロードしました。今回はアプリケーションにおけるS3アクセス方式について説明し、前回アップロードしたファイルに「Spring Cloud AWS」を使ってアクセスするアプリケーションを実装していきます。

「ハイブリッドクラウド研究会 第6回勉強会」レポート

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [16] 「ハイブリッドクラウド研究会 第6回勉強会」レポート

6回目を迎える勉強会は、「ハイブリッドクラウド時代のビッグデータ活用」と「AWS互換オンプレミスクラウド」を紹介するセッションの2本立てでの開催となりました。

進むWindowsのLinux化 - Windows Terminal

【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [197] 進むWindowsのLinux化 - Windows Terminal

WindowsでLinuxを利用するための環境は、この3年間で急速に進化した。最近では、WSLを使ってLinuxアプリケーションを開発するというのがトレンドになりつつある。この辺りの流れは動きが早く、少し目を離すと状況がわからなくなってしまう。そこで、今回からは数回に渡り、WindowsでLinuxを利用するための環境について現状をまとめておきたい。

クラウド時代の契約/SaaS調達はここが違う! ベンダーとの交渉の要点

クラウド時代の契約/SaaS調達はここが違う! ベンダーとの交渉の要点

IT調達において、クラウドはもはや避けられない選択肢だ。だが、オンプレミスの場合とは異なる契約上の確認ポイントが把握できていないケースが少なくない。8月30日に行われた「ガートナー ITソーシング、プロキュアメント、ベンダー & アセット・マネジメント サミット 2019」では、ガートナー 海老名剛氏が登壇。クラウドベンダーとの契約に臨む際の交渉ポイントについて解説した。

2つの成功事例から見える、デジタルコンテンツ活用の課題を解決するための最適解

【特別企画】2つの成功事例から見える、デジタルコンテンツ活用の課題を解決するための最適解

デジタルコンテンツを利用してビジネスを展開する際、課題となるのはスピード、コスト、セキュリティだ。NTTデータ先端技術株式会社と京成電鉄株式会社が、コストを抑えたスモールスタートでクラウドを活用し、顧客とのコラボを実現した事例を紹介する。

コンテンツを戦略的アセットに - Boxのトップが語るデジタル変革ビジョン

コンテンツを戦略的アセットに - Boxのトップが語るデジタル変革ビジョン

7月23日、Box Japanは、年次カンファレンス「Box World Tour Tokyo 2019」を開催した。来日した米Box CEO 共同創業者兼会長 アーロン・レヴィ氏は、基調講演で「コラボレーションと情報管理がデジタル変革の中核を成す」という考えを明かし、同社のビジョンについて語った。

「ハイブリッドクラウド研究会 第5回勉強会」レポート

【連載】徹底研究! ハイブリッドクラウド [15] 「ハイブリッドクラウド研究会 第5回勉強会」レポート

ハイブリッド研究会5回目の勉強会となる今回は、「クラウドネイティブ」をテーマに設定。「ゼロから分かるMicrosoftの最新のプラットフォーム戦略! 超初心者歓迎! 」と題し、クラウドネイティブ分野をリードする方々を招聘して、クラウドネイティブの世界観や導入の必要性について解説していただきました。

現実的かつ効果的なクラウド活用方法「ハイブリッドクラウド」について知ろう ――オンプレとの違いからデータ保護まで

【特別企画】現実的かつ効果的なクラウド活用方法「ハイブリッドクラウド」について知ろう ――オンプレとの違いからデータ保護まで

総務省が発表した「平成30年通信利用動向調査」によれば、今や6割近い企業が、業務のなかでクラウドサービスを活用しているという。

Spring Data DynamoDBを用いたアプリケーション(1)

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [17] Spring Data DynamoDBを用いたアプリケーション(1)

前回は、AP型データベースである「Amazon DynamoDB」の概要を説明した上で、テーブルを構築しました。また、アプリケーションからアクセスするためのユーザーを作成するところまでご説明したかと思います。続く今回は、「Spring Data DynamoDB」を使ってデータベースアクセスするアプリケーションを実装してみます。

AP型データベースAmazon DynamoDBとApache Cassandraの特徴

【連載】AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本 [15] AP型データベースAmazon DynamoDBとApache Cassandraの特徴

前回は、CAP定理に基づいてRDBやNoSQLデータベースを分類し、その特性に応じて適したユースケースやデータ特性を整理しました。今回は、それらの分類のうち、可用性とネットワーク分断耐性を重視したAP型データベースの代表例である「Amazon DynamoDB」と「Apache Cassandra」を比較しながら、その特徴を深掘りします。

252 件中 1~20件目を表示中

252 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る