エネコム、データセンターの運営にHPE ArubaのWLANソリューションを導入 [事例]

[2017/05/30 19:10] ブックマーク ブックマーク

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company(HPE Aruba)は5月30日、エネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)が「EneWings広島データセンター」の運営業務に、HPE Arubaの各種WLANソリューションを導入したと発表した。

中国地域を事業基盤として情報通信事業を展開するエネコムでは、2016年12月、広島駅前にEneWings広島データセンターを開設。働き方改革を旗印に新しいことを取り入れていこうという機運が高まり、これを支えるオフィス環境の整備には、施設内のどこでも高速で安定し、セキュアなネットワークアクセスが可能なWLAN環境が必須だと考えられた。

また執務エリアで利用するLANだけでなく、監視用のインフラやDCに訪れた顧客向けに開放するゲストWi-Fiなど、さまざまな用途の通信環境を安全かつ円滑に運用することも求められていた。

こうしたことから、DC特有の厳しい基準や多様な用途・要件を満たし、従来より運用してきたRadiusとの接続性も踏まえた包括的WLANソリューションの導入を検討。統合的なネットワーク監視を実現するIEEE802.11ac対応AP「HPE Aruba AirWave」と統合認証基盤「HPE Aruba ClearPass」の採用に至った。

選定にあたっては、負荷分散や電波の自動調整、デバイス接続とローミングの制御、アプリケーション識別といった機能が搭載されていることや、シンプルな運用管理が可能なこと、不審な挙動を検知して自動的にブロックするなどの実運用に即した機能を備えることなどが評価されたとしている。

導入により、一部フリーアドレス化も実現し、組織の壁を越えたコミュニケーションが活性化されたほか、オフィススペースも効率良く柔軟に活用できるようになったという。

エネコムでは今後、フリーアドレスの範囲を拡大し、DC全体で働き方改革を推進する計画。また、WLANは現状DC内のみで展開されているが、局舎内にもAPを設置することでリアルタイムで情報共有できる環境の構築などの検討も進めていくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ビッグデータ解析で変化を促進せよ! ヘルスケアIoTがもたらす社会の理想形

ビッグデータ解析で変化を促進せよ! ヘルスケアIoTがもたらす社会の理想形

4月19日から21日にかけて開催された「ヘルスケアIT 2017」では、ヘルスケアIoTコンソーシアム事務局 ニューチャーネットワークス コンサルタントの会田明代氏が登壇し、ヘルスケアIoTによって実現し得る社会の姿と、その普及に向けて直面する課題について講演を行った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る