【連載】

にわか管理者のためのWindowsサーバ入門

【第8回】サーバーマネージャの使い方(2)

[2010/09/21 09:00]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ
  • ● 関連キーワード
  • サーバ

サーバ/ストレージ

今回は前回に引き続き、[サーバーマネージャ]について取り上げる。前回は概要について解説したので、今回は具体的な、役割・役割サービス・機能の追加と削除についてだ。

余談だが、英語版のWindows Server 2008では、役割のことを「roles」、役割サービスのことを「role services」、機能のことを「features」という。覚えておくと、英語版のヘルプやオンラインリソースを参照する際に役立つかもしれない。

役割の追加

まず、「役割」を追加する際の手順について解説する。なお、Windows Server 2003と違い、Windows Server 2008で役割・役割サービス・機能を追加する際には、いちいちDVD-ROMを用意する必要はない。必要なファイルは最初からハードディスクにコピーしてあり、それを取り出してきて組み込む形をとっている。

役割を追加する際の操作手順は、以下の通りだ。

 1. [サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[役割]をクリックして選択する。

 2. 右側の画面に[役割の追加]というリンクが現れるので、それをクリックする。すると、役割を追加するためのウィザードが起動する。

 3. ウィザードの1画面目では、注意事項を表示する。[次回からこのページを表示しない]チェックボックスをオンにして続行すると、次回からはこの画面を表示しなくなる。

 4. 次の画面で、追加したい役割のチェックボックスをオンにして、画面右下の[次へ]をクリックする。役割によって、同時に複数の役割をまとめて追加できる場合と、単独での追加しかできない場合があるので注意したい。

ウィザードで表示する一覧で、追加したい役割のチェックボックスをオンにして[次へ]をクリックすると、役割の追加が可能だ

 5. 次の画面で、追加を指示した役割に関する説明を表示するので、念のために内容を確認する。

 6. 追加を指示した役割によっては、さらに個別の役割サービスについて、追加するかどうかの指示を求められる場合がある。このとき、必須となる役割サービスについては、最初からチェックボックスがオンになっている。また、ある役割サービスのチェックボックスをオンにすると、関連する別の役割サービスについても連動して自動的にチェックボックスがオンになる場合がある。こうして自動的に組み込みを求めてくるのは、それが必須という意味だから、間違ってチェックボックスをオフにしないように注意したい。

IISのように、役割の追加を指示すると、自動的に特定の役割サービスについて組み込みを求めてくるものもある。役割サービス同士でも同様に、自動的に追加対象を加えるケースがある

 7. さらに[次へ]をクリックして続行する。役割や役割サービスによっては、さらに追加の画面を表示して、所要の設定を行わなければならない場合もある。

 8. ウィザード最終画面で内容を確認してから[インストール]をクリックすると、役割の追加を行う。役割を追加した後で再起動を求めてくる場合もあるが、そのときにはメッセージに従って再起動する。

役割サービスの追加

役割によっては、それが複数の役割サービスによって構成される場合がある。そして、役割を追加するときだけでなく、後からさらに役割サービスを追加しなければならない場面も考えられる。そのため、すでにインストール済みの役割に対してさらに、個別の役割サービスを追加できるようになっている。

役割サービスを追加するには、まず、追加対象となる役割を指定しなければならない。その方法は2種類ある。

  • [サーバーマネージャ]左側のツリー画面で、役割サービスの追加対象となる役割を直接選択する
  • [サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[役割]を選択する。次に、画面右側に表示する個々の役割の中から、役割サービスを追加したい役割のタイトルを表示した場所に移動する

[サーバーマネージャ]で、役割サービスを追加したい役割を対象として、役割サービスの追加を指示する

さらに、以下の手順で役割サービスを追加する。

 1. 画面右側の[(役割の名称)]-[役割サービス]以下に、[役割サービスの追加]というリンクが現れる。それをクリックする。すると、役割追加時に使用するものと同じウィザードが起動する。

 2. ただし、役割を追加するときとは挙動が異なり、選択した役割の配下にある役割サービスの一覧をいきなり表示する。そこで、追加したい役割サービスのチェックボックスをオンにして[次へ]をクリックする。

追加したい役割サービスのチェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックする

 3. この後は、役割を追加するときと同様の操作手順によって役割サービスを追加できる。

機能の追加

役割は、複数の役割サービスによって構成することが多い、それに対して機能は単独で稼動するため、追加時の手順はもっとシンプルになる。考え方は基本的に同じだ。

 1. [サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[機能]を選択する。

 2. 画面右側の[機能の概要]以下にある[機能の追加]をクリックする。

[サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[機能]を選択して、右側の画面で[機能の追加]をクリックする

 3. 続いて表示する一覧で、追加したい機能のチェックボックスをオンにする。続いて、画面右下の[次へ]をクリックする。

役割の追加と同様、ウィザードでは、追加したい機能のチェックボックスをオンにしてから[次へ]をクリックする

 4. ウィザード最終画面で内容を確認してから[インストール]をクリックすると、機能を追加する

役割・役割サービス・機能の削除

逆に、役割・役割サービス・機能を削除しなければならない場面も考えられる。サーバの用途変更によって不必要になったら、忘れずに削除しておくようにしたい。

役割・役割サービス・機能の削除は、追加と同様に[サーバーマネージャ]を用いて行う。ただし、以下のような理由により、ものによってはいきなり削除できない場合がある。

  • 関連する別の役割や機能があり、そちらを先に削除しなければならない
  • 削除しようとする役割や機能を、まだ別の役割や機能が使っている

まず、役割の削除を例にとって、削除の手順について解説する。

 1. [サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[役割]を選択してから、画面右側に現れる[役割の削除]をクリックする。

 2. 役割を追加する際に使用するものと同じウィザードが起動する。そこで役割の一覧画面に移動すると、インストール済みの役割についてはチェックボックスがオンになっているので、削除したい役割に対応するチェックボックスをオフにしてから[次へ]をクリックする。

[サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[役割]を選択してから、[役割の削除]をクリックする。続いて起動するウィザード中で、削除したい役割のチェックボックスをオフにして続行する

 4. 確認画面で[削除]をクリックすると、先にチェックボックスをオフにした役割を削除する。

役割サービスや機能についても、同じ要領で削除できるが、選択する場所と手順には、以下のような違いがある。

  • 役割サービスの削除 : [サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[役割]を選択してから、画面右側で[役割サービスの削除]をクリック
  • 機能の削除 : [サーバーマネージャ]左側のツリー画面で[機能]を選択してから、画面右側で[機能の削除]をクリック

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
824
2
【連載】にわか管理者のためのWindowsサーバ入門 [8] サーバーマネージャの使い方(2)
今回は前回に引き続き、[サーバーマネージャ]について取り上げる。前回は概要について解説したので、今回は具体的な、役割・役割サービス・機能の追加と削除についてだ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/13/windows_server/008_index.jpg
今回は前回に引き続き、[サーバーマネージャ]について取り上げる。前回は概要について解説したので、今回は具体的な、役割・役割サービス・機能の追加と削除についてだ。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る