【連載】

にわか管理者のためのActive Directory入門

【第32回】Active Directoryからの離脱

[2009/02/16 08:30]井上孝司 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

今回は、すでにActive Directoryに参加しているコンピュータをActive Directoryから離脱させて、ワークグループ環境に戻す際の操作手順について解説する。

Active Directoryに参加するときと異なり、離脱についてはウィザードによる操作は用意されていない。ともあれ、参加の手順について解説したときと同様に、まずWindows XPとWindows Vistaについてそれぞれ固有の操作手順について解説した後、共通する操作について解説することにしよう。

Windows XPの手順

  1. コントロールパネルで[パフォーマンスとメンテナンス]をクリックする。

  2. 続いて[システム]をクリックすると、[システムのプロパティ]ダイアログを表示する。

  3. [コンピュータ名]タブに移動して[変更]をクリックする。

コントロールパネルで[パフォーマンスとメンテナンス]以下の[システム]を実行すると表示する、[システムのプロパティ]ダイアログ。[コンピュータ名]タブで[変更]をクリック

Windows Vistaの手順

  1. コントロールパネルの[システムとメンテナンス]をクリックする。

  2. 3番目の[システム]をクリックする。

コントロールパネルの[システムとメンテナンス]をクリックすると表示する画面。ここで[システム]をクリック

  1. [コンピュータ名、ドメイン名およびワークグループの設定]以下の右端にある[設定と変更]をクリックする。

[コンピュータ名、ドメイン名およびワークグループの設定]以下の[設定と変更]をクリック

  1. UACが発動して[ユーザーアカウント制御]ダイアログを表示するので、[続行]をクリックする。

  2. [システムのプロパティ]ダイアログを表示する。そこで[コンピュータ名]タブに移動して[変更]をクリックする。

[システムのプロパティ]ダイアログの[コンピュータ名]タブで[変更]をクリック

離脱時の操作手順

ここから先の手順は、Windows XPとWindows Vistaのいずれも共通になる。

  1. [システムのプロパティ]ダイアログの[コンピュータ名]タブで[変更]をクリックすると、[コンピュータ名の変更]ダイアログを表示する。

  2. [次のメンバ]の選択を[ドメイン]から[ワークグループ]に変更して、ワークグループ名を指定する。指定するワークグループ名は何でもよいが、Active DirectoryのドメインNetBIOS名を指定すると、コンピュータ一覧表示から消えないので具合がよい。

[次のメンバ]を[ドメイン]から[ワークグループ]に変更して、ワークグループ名を指定する

  1. Active Directoryへの参加権限を持たないユーザーが離脱作業を行うと、[OK]をクリックしたときに、ユーザー名とパスワードの指定を求めてくる場合がある。Active Directoryに参加する際と同様に、参加の権限を持つユーザーの資格情報を指定すれば解決できる。これは、当該クライアントPCのコンピュータアカウントを作成した際に決まっている。

  2. [○○ワークグループにようこそ]というメッセージを表示するので、[OK]をクリックする。その後、順番にダイアログを閉じて、メッセージに従ってコンピュータを再起動すると、離脱が完了する。

ドメイン参加権限を持たないユーザーが離脱を指示すると、資格情報の入力を求めてくる。参加時と同様に、ドメイン参加権限を持つユーザーの資格情報を指定する。

782
2
【連載】にわか管理者のためのActive Directory入門 [32] Active Directoryからの離脱
今回は、すでにActive Directoryに参加しているコンピュータをActive Directoryから離脱させて、ワークグループ環境に戻す際の操作手順について解説する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/10/09/ad032/index.top.jpg
今回は、すでにActive Directoryに参加しているコンピュータをActive Directoryから離脱させて、ワークグループ環境に戻す際の操作手順について解説する。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る