Visual Studio Code 使用方法 (4)

【連載】

PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方

【第65回】Visual Studio Code 使用方法 (4)

[2019/09/20 07:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

Visual Studio Codeティップス

今回もPowerShell Coreのソースコードを書いて実行するための環境としてVisual Studio Codeの使い方を紹介する。

Visual Studio Codeを使う場合、PowerShell CoreのインタラクティブシェルやPowerShell Coreシェルスクリプトと同じことを実行するには、そのための設定が必要になる。今回はそういった細かいティップスを紹介しよう。

Visual Studio Code: PowerShellエクステンション

Visual Studio CodeでPowerShell Coreを編集またはデバッグするにはPowerShellエクステンションが必要だ。前提条件としてPowerShellエクステンションはインストールしておこう。

使用するPowerShell Coreのバージョンを切り替える

PowerShell Coreは複数のバージョンを同時にインストールして使うことができる。現在のリリースバージョンはPowerShell Core 6.2系だが、同時にプレビュー版であるPowerShell 7 Preview版をインストールしておいて利用することもできる。

たとえば次のスクリーンショットはVisual Studio CodeがPowerShell Core 6.2.2を使っていることを示している。

Visual Studio CodeでPowerShell Core 6.2.2を使用中

この状態から別のバージョンに切り替えるには、まずF1キーを押してコマンドパレットを表示し、そこに「session」と入力して「PowerShell: Show Session Menu」を表示させてから、「PowerShell: Show Session Menu」を選択する。

コマンドパレットから「PowerShell: Show Session Menu」を選択する

すると次はコマンドパレットに「Switch to: PowerShell Core Preview」のようなメニューが表示されるので、これを選択する。このメニューが接続するPowerShell Coreを切り替える操作になっている。

コマンドパレットから「Switch to: PowerShell Core Preview」を選択する

すると次のスクリーンショットのように、Visual Studio Codeが接続する対象がPowerShell Core 6.2からPowerShell 7 Preview版に切り替わることを確認できる。

Visual Studio CodeがPowerShell 7 Preview版を使用している

Visual Studio Codeの右下を確認すると、「□ 6.2」といった表示が「□ 7.0」という表記に変わっていることがわかる。PowerShellエクステンションを使っている場合、ここに接続しているPowerShellのバージョンが表示されるようになる。ここで説明した切り替えはこの右下のバージョン番号をクリックすることからも行うことができる。クリックしたあとの手順は上記と同じだ。

PowerShell Core 6.2.2とPowerShell 7 Preview版をそれぞれ使用するVisual Studio Code

このため、異なるバージョンのPowerShell Coreを同時に使うことも可能だ。上記スクリーンショットはVisual Studio Codeのウィンドウを2つ表示させ、それぞれ異なるバージョンのPowerShell Coreへ接続したものだ。異なるバージョンを同時に使用できることがわかる。

実行前に引数を指定する

シェルからPowerShell Coreのインタラクティブシェルを起動したり、シェルスクリプトにして実行するようなケースであれば、PowerShell Core実行環境にオプションを指定することができる。Visual Studio Codeから同じことをするには、少々別の手順を経る必要がある。

まず、デバッグ実行用の設定ファイル(launch.json)が必要になる。フォルダをオープンしてあればこのファイルは自動的に作成されている。フォルダをオープンしていない場合にはフォルダをオープンするとともに、場合によっては次のスクリーンショットのようにギアのアイコンをクリックして明示的に設定ファイルを作成する必要がある。

まだ作成されていなければフォルダをオープンしてからギアアイコンをクリックして設定ファイル(launch.json)を明示的に作成しておく

この状態でデバッグビューを表示させ、設定を「PowerShell Launch Current File」から「PowerShell Launch Current File w/Args Prompt」に変更する。これで実行前に引数の指定を求められるようになる。

デバッグの設定を「PowerShell Launch Current File w/Args Prompt」に変更する

ここまで設定すると、デバッグ実行を開始すると、次のように実行前にランタイムに渡すオプションの指定を求められるようになる。これで任意の引数を指定してデバッグを実施できるようになる。

デバッグ実行の前に引数を指定する

参考資料

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る