Windows 10でLinuxを使う (その25) - Ubuntu、Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04の使い分け

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第135回】Windows 10でLinuxを使う (その25) - Ubuntu、Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04の使い分け

[2018/07/17 09:35]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

MicrosoftからUbuntuアプリのアップグレードガイドライン公開

MicrosoftストアにはUbuntu、Ubuntu 16.04、Ubuntu 18.04という3つのUbuntuが登録されている。どのUbuntuを利用するべきかについて、これまでは今後の動向を推測して選択するしか方法がなかったが、Microsoftが公式にUbuntuアプリのアップグレードガイドラインを「A Guide to Upgrading your Ubuntu App’s Release|Developer|Microsoft」で発表したことで選択しやすくなった。

それぞれ提供されている目的は次のとおり。

■Ubuntu

Ubuntu / Microsoftストア

Ubuntu
内容 最新のLTSバージョンを追い続けるアプリ。Ubuntuを使いたいという場合にはデフォルトで利用が推奨されるバージョン。現在はUbuntu 16.04 LTSだが、2018年7月末をめどにUbuntu 18.04 LTSへアップグレードされる予定。アップデートはdo-release-upgradeツールのアップグレードポリシーに従い、最初のポイントリリース(今回の場合は18.04.1)がリリースされた後のタイミングになる予定。MicrosoftストアのUbuntuが18.04.1 LTSにアップグレードされた後には、Ubuntu側からアップグレードの実施が推奨されている
アップグレード方法 sudo do-release-upgrade

■Ubuntu 16.04

Ubuntu 16.04 / Microsoftストア

Ubuntu 16.04
内容 Ubuntu 16.04 LTSの提供に特化したアプリ。2021年まで提供される予定
アップデート方法 sudo apt update && sudo apt upgrade

■Ubuntu 18.04

Ubuntu 18.04 / Microsoftストア

Ubuntu 18.04
内容 Ubuntu 18.04 LTSの提供に特化したアプリ。2023年まで提供される予定。
アップデート方法 sudo apt update && sudo apt upgrade

公開予定のアプリと対象ユーザー

2020年および2022年には次のアプリも登録されるものと見られる。

Ubuntu 20.04
内容 2020年登場予定。Ubuntu 20.04 LTSの提供に特化したアプリ
Ubuntu 22.04
内容 2022年登場予定。Ubuntu 22.04 LTSの提供に特化したアプリ

アプリと対象ユーザーをまとめると次のようになる。

アプリ 対象
Ubuntu Ubuntuを使う場合に利用が推奨されるアプリ。2年ごとにアップグレードが実施されるので、新しいバージョンのポイントリリースが公開されたタイミングでUbuntu側からsudo do-release-upgradeを使ってアップグレードを実施する
Ubuntu 16.04 Ubuntu 16.04 LTSを使い続けたいユーザー向け
Ubuntu 18.04 Ubuntu 18.04 LTSを使い続けたいユーザー向け

基本的にUbuntuを使い続けておいて、2年おきに実施されるLTS版が公開されてから2カ月後くらいに実施される最初のポイントリリースのタイミングでUbuntu側からアップグレードを実施していく、というのが推奨される使い方ということになる。

またMicrosoftは同記事のなかで、Microsoftストアから提供されるUbuntuは基本的にアップデートは提供しないので、Ubuntuを運用している場合に実施している通常のアップデートやアップグレードの手順を踏んでソフトウエアを最新の状態にするように推奨している。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

なぜ今、統合システムなのか? 押さえておくべき「3つのインパクト」

なぜ今、統合システムなのか? 押さえておくべき「3つのインパクト」

ガートナー ジャパンは10月31日~11月2日、都内で「Gartner Symposium/ITxpo 2017」を開催。11月1日には同社 主席アナリストの青山浩子氏が登壇し「CIOが理解すべき統合システムの3大インパクト」と題する講演を行った。本稿では、講演の内容をダイジェストでお届けする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る