三菱自動車、グローバル共通の設計部品表システムに「Oracle Exadata」を導入 [事例]

[2018/01/10 18:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

日本オラクルは1月10日、三菱自動車が、設計部品表システムのIT基盤として高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine (Oracle Exadata)」を導入したと発表した。

三菱自動車の試作車開発や量産車の生産を支えるグローバル共通の設計部品表システムは、24時間365日の安定運用が求められる。従来は、信頼性と可用性を重視し、メインフレームで構築したシステムを利用してきたが、その運用コストの高さや性能面の限界が課題視されていた。

そこで、従来システムと同等以上の信頼性を有し、今後さらなる処理量の増大にも対応できるシステム基盤を構築するため、新システムの導入を検討。Oracle Exadataの採用に至った。

選定にあたっては、事前検証において従来システムと同等以上の処理速度が確保でき、ピーク時におけるデータ量の急激な増大にも耐えうることが高く評価された。同社の調査によれば、Oracle Exadataへの移行の結果、部品管理システムにおける主要17種類の処理において高速化が実現し、部品番号リストの表示では処理時間が最大70%削減できたという。

データベースには「Oracle Database 12c」を採用し、併せてデータベース専用機「Oracle Database Appliance」を導入することで、災害対策環境を構築している。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る