NASをつくる(その2)

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第39回】NASをつくる(その2)

[2016/09/13 08:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

前回は、NAS(Network Attached Storage)を構築するためのソフトウェアアプライアンス「FreeNAS」のインストール方法を紹介した。FreeNASはFreeBSDベースのNASソリューションであり、オープンソースでNASソリューションをセットアップしたいと考えた場合、最初に挙がる候補だ。今回は、このFreeNASを実際に使い始めるための設定方法について説明したい。

ディスク構成の確認

前回は、ディスクを3台接続した環境にFreeNASをインストールする方法を紹介した。その構成でインストールすると、(インストール方法にもよるが)1台がブート環境用のディスクとして作成され、残りは2台で1つのミラーストレージとしてセットアップされることになる。試しに、直接コマンドラインから確認すると次のようになる。

「freenas-boot」という機能用のプールと、「TANK」というストレージ用のプールが作成されている

ディスクは「da0」「da1」「da2」の3つ。freenas-bootとTANKには、すでに複数のデータセットが作成されている

ミラーを構成している領域の1つは「da1p2」

ミラーを構成している領域のもう1つは「da2p2」

FreeNASは、インストールした段階ではサービスが有効になっておらず、アクセスできない状態になっている。そこで、まずはユーザーアカウントの追加とサービスの設定を行い、ストレージとして動かしてみよう。

アカウントを追加する

はじめに、ストレージ、または管理者としてアクセスするためのアカウントを作成する。メニューから「アカウント」を選択して、「Add ユーザ」を実行する。

アカウントの作成

最初はSSHでもログインできるユーザーを作成し、中がどうなっているのかを確認しておくとよい。SSHのサービスは最初は無効になっているので、メニューから「サービス」を選択し、「ON/OFF」の選択でSSHを「ON(有効)」にしておく。これで、作成したアカウントでSSH経由でのログインができるようになるはずだ。また、公開鍵を使ってログインするなら、この段階で公開鍵も貼り付けておこう。

メニューから「サービス」を選択し、「ON/OFF」の選択でSSHを「ON(有効)」にする

共有サービスを有効化

デフォルトでインストールした状態では、/mnt/TANKのようにマウントされている。この領域をそのまま共有の対象としてみよう。Windows共有を使う場合、メニューから「共有」→「Windows (CIFS) Shares」→「Windows (CIFS) の追加」を選択して対象を追加するだけだ。

Windows (CIFS)を追加する

サービスを有効にする

アクセスしてみよう

ここまでの作業を終えると、Macならば共有対象に「freenas」という項目が出現するので、これに接続する。ゲストアカウントでも良いが、せっかくなので作成したアカウントで接続してみよう。

アクセスすると、作成した名前の共有領域があることを確認できる

一方、Windows 7からアクセスすると次のようになる。こちらも「FREENAS」という候補が表示され、そこにアクセスすると共有領域の中身を確認することができる。

Macの場合と同様、アクセスすると、作成した名前の共有領域があることを確認できる

データセットを自由に作成できるので、必要に応じてデータセットを作成し、任意のユーザーに対して提供することができる。この辺りを柔軟に設定できるのが、FreeNASの便利なところだ。

* * *

SSHでログインできるように設定しておくことをお薦めしたが、FreeNASのWebUI/UXだけでは管理ができないのかと言えば、そんなことはない。SSHでログインして中身をチェックする気がないのであれば、ブラウザからの管理だけでも良いだろう。いったん運用が始まってしまうと、ちょっと変更したり、試したりといったことがなかなかできなくなってしまう。最初にある程度の運用パターンを想定して、いろいろと操作してみていただきたい。

関連リンク

1841
2
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [39] NASをつくる(その2)
前回は、NASを構築するためのソフトウェアアプライアンス「FreeNAS」のインストール方法を紹介した。FreeNASは、オープンソースでNASソリューションをセットアップしたいと考えた場合、最初に挙がる候補だ。今回は、このFreeNASを実際に使い始めるための設定方法について説明したい。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2016/09/LInux39_006-thumb-600xauto-4309.jpg
前回は、NASを構築するためのソフトウェアアプライアンス「FreeNAS」のインストール方法を紹介した。FreeNASは、オープンソースでNASソリューションをセットアップしたいと考えた場合、最初に挙がる候補だ。今回は、このFreeNASを実際に使い始めるための設定方法について説明したい。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る